窪塚洋介「どこの馬の骨とも分からないこの俺に…」 スコセッシ監督に感謝の思いを伝える

2017年1月17日 / 20:44

作品に対する熱い思いを語った窪塚洋介

 映画『沈黙―サイレンス―』のジャパンプレミアが17日、東京都内で行われ、出演者の窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、マーティン・スコセッシ監督が登壇した。

 本作は、遠藤周作の歴史小説『沈黙』と出会ったスコセッシ監督が、28年の時を経て映画化したもの。

 17世紀の江戸時代初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する出来事を通して、人間にとって本当に大切なものとは何かを描く。

 万雷の拍手で迎えられたスコセッシ監督は「アリガトウ」と日本語であいさつ。「皆さん、本当に素晴らしいパフォーマンス、頑張り、そして 深みを見せてくれました」と日本人キャストに賛辞を送ると「僕ができることは、それを形にして映像として見せることだけ。編集にも1年半かかったのですが、それだけ精魂込めて作りました」と語った。

 悩める信徒キチジローを演じた窪塚は「極東のどこの馬の骨とも分からないようなこの俺に、マーティン・スコセッシ監督が毎日どれだけ敬意を払ってくれていたことか」と撮影を述懐。

 「そのあふれるような敬意を僕らは感じて、毎日、夢の中で仕事をしているみたいでした。どれだけ山の寒さが厳しかろうが、どれだけ長い間正座をさせられて古傷が痛もうが、どれだけ長いこと待ち時間があろうが、そんなもの“幸せの一部だろう”と思うぐらい幸せな時間を過ごさせてもらいました」と感謝を述べ、「今日、この場所が僕の役者人生の最良の日です」と喜びを語った。

 続けて「俺たちは和の国の民です。ピース(平和)とか、コンパッション(思いやり)とか、リレーションシップ(結びつき)とか、和の心を持っています」と語り、「この映画、そしてスコセッシ監督の思い、遠藤周作さんの思いが、皆さんのところに届いて、より良い明日が来ることを俺は信じて疑いません」と言葉に力を込めた。

 これには通辞役の浅野も「窪塚さんの後に何を言っていいのか…」と困惑しつつも、「僕も本当に幸せでした。監督は、常に僕らの繊細な表現を見守ってくれました。その優しさと、一緒に物を作ってくれる姿勢には学ぶところがありました」とコメントした。

 隠れキリシタンのモキチを演じた塚本も「窪塚さんのあいさつを聞いたら、全部吹き飛んじゃった」と苦笑いしつつ、「モキチは敬虔(けいけん)なクリスチャン。僕自身は特別な宗教を持ち合わせていないのですが、自分の中で“スコセッシ教”を作りました。監督のためなら何でもできる。監督の言うことを全部聞いて、全てを捧げようと思いました」と明かした。

 映画は1月21日から全国ロードショー。

(左から)加瀬亮、塚本晋也、窪塚洋介、マーティン・スコセッシ監督、浅野忠信、小松菜奈

(左から)加瀬亮、塚本晋也、窪塚洋介、マーティン・スコセッシ監督、浅野忠信、小松菜奈


芸能ニュースNEWS

伊藤健太郎が4年ぶりの日テレドラマに出演 森本慎太郎主演の「街並み照らすヤツら」

ドラマ2024年4月23日

 4月27日(土)、日本テレビで初回放送される森本慎太郎(SixTONES)主演のドラマ「街並み照らすヤツら」に伊藤健太郎の出演が発表された。  伊藤は、森本演じる正義たちの運命に大きな影響を与える重要人物として登場する。日本テレビのドラマ … 続きを読む

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

Willfriends

page top