窪塚洋介、スコセッシ監督に「スルーされました」 浅野忠信、アカデミー賞受賞への手応えを語る

2017年1月13日 / 16:51

(左から)浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形

 映画『沈黙-サイレンス-』の外国特派員協会 記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者の窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形が出席した。

 マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の『沈黙』を映画化した本作は、17世紀・江戸時代初期を舞台に、長崎での幕府による激しいキリシタン弾圧の様子を描く。

 何度も踏み絵をする日本人のキチジローを演じた窪塚は「アイ・アム・ア・踏み絵マスター」と自己紹介して笑いを誘い、「マーティン・スコセッシ監督の作品ということで、世界中の人に見てもらえるチャンスがあると思いますが、映画の持っている力で、少しでも良い明日が待っていることを願っているし、信じています」と語った。

 見どころについての質問には、2人の先輩から任される形で「一番若造なんですけど、先輩2人に譲ってもらったのでせんえつながら」と前置きし、「僕が思う『沈黙』という映画の見どころは、神が沈黙していることだと思う。自分自身の心の深層に入っていって、その答えを見つけなきゃいけないというのが、この作品の一番大切なところです」と堂々と答え、質問者をはじめ、会場の人々をうならせた。

 さらに、本作がアカデミー賞最有力候補との呼び声高いことから、手応えを問われた尾形は「アカデミー賞のことについては浅野さんが詳しいです」と答えた。

 まさかのパスを受けた浅野は「アカデミー賞には選ばれると思っています。もしこれで選ばれていないということがあれば、神が審査員に余計なことをしゃべっているんじゃないかと」と苦笑しながらユーモラスに語った。

 また「いてくれるだけで演出になっているというか、現場では王様みたいだけど、王様がいてくれるだけでこんなに演技がしやすくなるんだなと思いました」とスコセッシ監督の演出ぶりを振り返った窪塚は「そんな人に『アメリカに来たらうちにおいでよ』と2回も言ってもらって、この前行った時に、マネジャーにメールをしたら、スルーされました」とエピソードを明かして、大きな笑いを誘った。

 映画は1月21日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9 話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

伊藤健太郎が4年ぶりの日テレドラマに出演 森本慎太郎主演の「街並み照らすヤツら」

ドラマ2024年4月23日

 4月27日(土)、日本テレビで初回放送される森本慎太郎(SixTONES)主演のドラマ「街並み照らすヤツら」に伊藤健太郎の出演が発表された。  伊藤は、森本演じる正義たちの運命に大きな影響を与える重要人物として登場する。日本テレビのドラマ … 続きを読む

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

Willfriends

page top