織田裕二、観客からの「お帰りなさい!」に感激 子役の「一緒に演技がやりやすかった」には照れ笑い

2016年11月5日 / 17:47

4年ぶりにスクリーンにカムバックした織田裕二

 映画『ボクの妻と結婚してください。』の初日舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の織田裕二、吉田羊、原田泰造、子役の込江海翔、三宅喜重監督が登壇した。

 本作は、余命半年と告げられ、愛する妻(吉田)の新たな伴侶探しに奔走する放送作家・三村修治(織田)の姿を描く。

 映画『踊る大捜査線』シリーズから約4年ぶりにスクリーンにカムバックした織田にとって、この日は記念すべき公開初日。大勢の観客からの「織田さん、お帰りなさい!」という温かい声援に「ありがとうございます」と応えた。

 この4年間については「本当に長かったような、あっという間だったような」と振り返り、「すごく思い入れの強い作品が続いていて、そこからまた初心に戻ってエンジンをボンって掛け直せるのは何だろうって思って。そんな時にこの作品の脚本に出会えたんです」と明かした。

 また“織田の意外な一面”について尋ねられた吉田は「拝見してきたイメージだと、織田さんは熱いけど硬派な方。でも現場でご一緒すると、すごく子ども好きで遊ぶのも上手。そういう一面が垣間見れたのはラッキーでした」と笑顔で回答した。

 一方、三村の息子を演じた込江は「演技をするのに真面目な人で、演技に集中するというイメージがあった。でも、シーンの終わった後とか始まる前はすごく穏やかで、話しかけたりもしてくれたので、すごく一緒に演技が“やりやすかった”です」とコメント。これには会場も爆笑で、織田も「ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべた。

 続く原田も「イメージだと、演技をするのにすごく真面目な人で…」と込江のまねをして笑いを誘いつつ、「本当に“織田裕二という存在”を忘れるぐらい三村さんになり切っていた。ある日、ロケの最中に自転車に乗った年配の人がやって来て、『織田さん、日本をよろしくお願いします!』と言った。それを聞いて“ああ、そうだ織田裕二だったんだ”と思い出して。それぐらい役に没頭する人です」と尊敬の念を口にした。

(左から)三宅喜重監督、原田泰造、織田裕二、込江海翔、吉田羊

(左から)三宅喜重監督、原田泰造、織田裕二、込江海翔、吉田羊


芸能ニュースNEWS

松下奈緒、金の管理の極意を語る 「身の丈に合った使い方を」

トレンド2020年2月26日

 スマートフォン用アプリ「JAバンクアプリ」PRイベントが26日、東京都内で行われ、イメージキャラクターを務める女優の松下奈緒、物まね芸人のりんごちゃんがゲストで登場した。 続きを読む

高橋一生「さらにうまくなった」 ももクロ百田&麒麟川島と朝から乾杯!

トレンド2020年2月25日

 新しい「本麒麟」完成披露会が25日、東京都内で行われ、高橋一生、川島明(麒麟)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)がゲストとして登場した。 続きを読む

水嶋ヒロ「もう無理って思ったけど」 4歳長女が、3人目をおねだり

映画2020年2月25日

 「映画しまじろう『しまじろうと そらとぶふね』」の完成披露イベントが25日、東京都内で行われ、本作の映画応援アンバサダーを務める水嶋ヒロが登場した。  本作は、ベネッセコーポレーションの子ども向け通信教育教材「こどもちゃれんじ」の人気キャ … 続きを読む

安田顕「壁ドンで誰にほれるか決めたい」 鈴木浩介「来世では結婚しようと思っている」

舞台・ミュージカル2020年2月25日

 舞台「ボーイズ・イン・ザ・バンド ~真夜中のパーティー~」の制作発表会見が22日、東京都内で行われ、出演者の安田顕、大谷亮平、鈴木浩介ほかが登壇した。  本作は、1968年にオフブロードウェーで初演され、1000回を超える公演を重ねた傑作 … 続きを読む

日向坂46、記者に扮して突撃取材! 加藤史帆「総理大臣にインタビューしたい」

トレンド2020年2月21日

 新番組「日向坂46です。ちょっといいですか?」記者発表会が21日、東京都内で行われ、日向坂46の加藤史帆、斉藤京子、佐々木久美、東村芽依、金村美玖、小坂菜緒、上村ひなのが出席した。 続きを読む

page top