東出昌大、憧れの三島作品に舞台で挑む 「原作を全く汚すことなく」と手応え

2018年11月7日 / 22:36

美青年・松枝清顕を演じる東出昌大

 舞台「豊饒の海」の初日前会見が7日、東京都内で行われ、出演者の東出昌大、宮沢氷魚、上杉柊平、大鶴佐助、首藤康之、笈田ヨシほかが登場した。

 三島由紀夫が死の直前に完成させた、「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4部から成る大作小説『豊饒の海』を舞台化。これまでに第1部「春の雪」が映画や舞台になったことはあったが、今回は4部すべてを再構築し、1つの作品として上演するという初の試みに挑む。

 20歳で命を落とした美青年・松枝清顕を演じるのは、3年ぶり2度目の舞台出演となる東出。3日間のプレビュー公演を経て「いい感触を感じている。僕自身、三島文学ファンですが、今回、三島作品というものを全く汚すことなく舞台上に表出させることができるという思いは、確信となりました」と手応えをにじませた。さらに「最後まで胸を張って舞台に立ち続けたい」と意気込みを語った。

 一方で東出は、4部作を1作品にまとめ上げると知った当初、「正直、恐れを感じました。この小説はあまりにも長い人の一生、それに関わる人たちの物語なので…」と戸惑いを感じたことを吐露。しかし、長田育恵氏が書き上げた脚本を読み、「原作の魅力を損なうことなく、かつ文学に触れて来なかった人にも魅力が伝わる内容で、『なんて、うまくできているんだ』と思った。俳優部としてはあとは『やるだけだ』と思い、突き進んできた次第です」と笑顔で振り返った。

 清顕の影を追い続ける男・本多繁邦の老齢時代を演じるのは、生前の三島由紀夫と交流があった笈田ヨシ。「11月という先生の命日の月にこの舞台をやらせていただくのは、感無量です」としみじみ語っていた。

 舞台は7日~12月2日、都内の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演。

(前列左から)宮沢氷魚、東出昌大、上杉柊平、(後列左から)演出のマックス・ウェブスター、大鶴佐助、笈田ヨシ、首藤康之

 


芸能ニュースNEWS

小瀧望、主演ドラマでキモかわいいに挑戦 「見事にハマってました」

ドラマ2019年10月21日

 よるドラ「決してマネしないでください。」試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の小瀧望(ジャニーズWEST)、馬場ふみか、ラウール(Snow Man、ジャニーズJr.)が出席した。  本作は、科学好きで恋愛経験ゼロの掛田くん(小瀧)が、 … 続きを読む

武田玲奈「理想の男性像は包容力があって優しい人」 「今後はお芝居メーンで頑張りたい」

トレンド2019年10月21日

 ロゼット洗顔パスタ“90周年”記念プレスイベントが21日、東京都内で行われ、女優の武田玲奈が登場した。 続きを読む

和久井映見「こんなにせりふを話したことは今までなかった」 谷原章介「僕の実人生にリンクしている内容」

舞台・ミュージカル2019年10月21日

 舞台「不機嫌な女神たち プラス1」の公開舞台稽古と舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の和久井映見、羽田美智子、西田尚美、谷原章介が登壇した。  本作は、女性3人と男性1人だけで繰り広げる、かわいい大人たちのほろ苦い日常を、豪華 … 続きを読む

井上小百合、卒業発表直後の舞台に「ご縁を感じた」 フラダンスの稽古は「びっくりするぐらいしんどい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 舞台「フラガール-dance for smile-」の公開舞台稽古が18日、東京都内で行われ、稽古前に出演者の井上小百合(乃木坂46)、矢島舞美、富田望生、太田奈緒(AKB48)、福島雪菜(劇団4ドル50セント)ほかが囲み取材に応じた。 続きを読む

ウィル・スミス、日本のファンの歓迎に感謝 若き自分のクローン映像は「美しいショック」

映画2019年10月18日

 映画『ジェミニマン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが17日、東京都内で行われ、主演のウィル・スミス、アン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登場した。  本作は、史上最強の暗殺者ヘンリー(ウィル)と、23歳 … 続きを読む

page top