葵わかな「大好きな思い、まだ言えてなくて」 『陽だまりの彼女』で上野樹里と共演

2013年11月19日 / 12:58

葵わかな

――部活はバレーボール部でしたよね?

 はい。もう引退したのですが、今も後輩の子たちが応援してくれて、すごく励みになります。引退したけど後輩がいるんだなって思うと、うれしくなりますね。

――では、そんなご自分の性格を分析すると?

 う~ん…真面目? 頭が固いのかな(笑)。ファンの方に語り掛けるとき、すごくつまらないことを言ったりして、真剣な話しかできなくて…。皆さん楽しくないんだろうなって…。

――そして早口ですね。こうして話していても早口です。

 そうなんです! 話したいことが次から次へと出てくるんです。しかも、自分のことを聞いてくれる機会って取材しかないので、取材がうれしくって。話したいことがたくさんあり過ぎて、ダダダダッてしゃべっちゃうんです。いつも取材が終わって引かれてないか、心配になっちゃいます(笑)。

――大丈夫、とっても楽しいです。最後に将来の夢・目標を教えてください!

 歌とお芝居をやりたい。今ガールズユニット「乙女新党」として活動しているのですが、お芝居と同時に歌もずっとやっていきたいと思ってます。乙女新党のメンバーとしてやっていて、人見知りなので最初のころは大丈夫かな…って思ったんですけど、やってみたらすごく楽しくて! このお仕事をやらせていただいたおかげで、ステージでしゃべることも緊張しなくなったし、楽しむことが大事なんだなって思うようになりました。他にもやりたいことがあるんです! 私、アニメが大好きで、声優さんのラジオ番組も聞いているんですけど、すごく面白くて私もやってみたいなって思ったり…。ラジオのパーソナリティーもいいなって。う~ん…何でもやってみたいです!

 写真◎かしわだにたかし ヘアメイク◎松田美穂(Allure) スタイリスト◎カミモトリサ(CORAZON)

 【プロフィール】

あおい・わかな 1998年6月30日生まれ、神奈川県出身。スカウトされて2009年にCMでデビュー。以来ドラマやCMなどに出演。来年、映画『瀬戸内海賊物語』が公開予定。また、12年12月にガールズユニット「乙女新党」を結成。11月27日にサードシングル「お受験ロッケンロール」が発売。

 【作品情報】

(c)2013『陽だまりの彼女』製作委員会

陽だまりの彼女 現在公開中

東宝=アスミック・エース配給

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『ひらいて』山田杏奈「愛という主人公について、修行のようにずっと考えていました」芋生悠「愛自身の迷いと杏奈ちゃんの迷いがリンクしていた」綿矢りさ原作の映画で女子高生役を好演

映画2021年10月21日

 成績優秀で性格は活発、クラスでも人気者の高校生・木村愛は、寡黙な同級生・西村たとえ(作間龍斗)に片思い。だがある日、愛はたとえに秘密の恋人がいることを知る。その相手とは、糖尿病を抱えた目立たない女子生徒・新藤美雪だった。2人の関係に衝撃を … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十一回「栄一、最後の変身」栄一の豊かな人間味を表現した吉沢亮の巧みな演技

ドラマ2021年10月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。10月17日放送の第三十一回「栄一、最後の変身」では、日本初の銀行や富岡製糸場の設立にまつわるエピソードが描かれた。  その中で、主人公の渋沢栄一(吉沢亮)は、大阪で知り合った大内くに(仁村紗 … 続きを読む

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

amazon

page top