増田貴久、NEWS結成20周年イヤーを終え「体が乗り続けている」 2年半ぶりの主演舞台に挑む【インタビュー】

2024年3月9日 / 08:00

増田貴久(ヘアメーク:坂部めぐみ/スタイリスト:内田あゆみ(Creative GUILD) (C)エンタメOVO

 2023年にはNEWS結成・デビュー20周年を迎えた増田貴久。音楽活動に加え、ドラマ、バラエティー番組への出演など、幅広い活躍を見せる増田が、3月12日から開幕するミュージカル「20世紀号に乗って」では主人公のオスカー・ジャフィを演じる。本作は、1930年代初頭のアメリカを舞台に、落ちぶれた舞台演出家兼プロデューサーの主人公が、偶然を装って元恋人の大女優と再会を果たし、彼女を再び自身の舞台に立たせようと画策するコメディー作品。増田に舞台出演への思いや稽古を通して感じていることなどを聞いた。

-本作は増田さんにとって2年半ぶりの舞台主演になりますが、稽古前に準備されたことはありましたか。

 このミュージカルはアメリカで映画化されたものを原作にしているので、その映画を見たり、海外版のミュージカルの音楽を聞いたりしました。(オスカーという役は)昔、何度もミュージカルで大成功して、今は落ちぶれているという人物なので、僕よりもっと年上の設定の役なのかなと感じていましたし、映画を見ると大人なダンディーな俳優さんが演じていらっしゃったので、僕の年代でいいのかな? と思いました。なので、スタッフさんに髪を白に染めたり、ヒゲを生やしたりした方がいいのか聞いたのですが、そういうことではないと(笑)。いろいろとお話をして、今回の公演は、映画と同じものを作るということではないので映画とは違っていいんだと今は考えています。

実際に稽古が始まり、ご自身のこの2年半の成長をどういうところで感じていますか。

 成長ではなく、共演者の方々のすごさを感じています。やはり共演者の皆さんは、自分のビジョンをしっかりと(演出の)クリス(ベイリー)に見せて、それに演出がつけられて役を作っていくという稽古の流れがありますが、僕はあまりビジョンを持っていくタイプではないんですよ。みんなの動きを見て(自分の芝居を)決めるのですが、プロの俳優の方々と一緒にお芝居をしていると自分の手数の少なさを感じます。ミュージカルとしての振る舞いやどう動けば良いのか、位置どりなど、すごいなと思いながら皆さんに付いていっています。

昨年はNEWS20周年を迎え、グループ活動も多かったことから、歌やダンスもすごく良い調子を保っていたのではないかなと思います。稽古を通してそうしたところは感じていますか。

 そうですね。NEWSとしてはそれほど踊ったというわけではないですが、歌もお芝居もたくさんやらせていただいたので、久しぶりの感覚はなく、自然と歌もダンスも入っていけたと思います。自分では調子がいいのかは分からないですが、久しぶりに歌うよりも継続して歌っている方が体が作られているというのはやっぱりあるんですよね。コンサート期間中にレコーディングすると、「体が乗っているね」とスタッフさんから言われることがあるのですが、そういうことなのかなと。今は、“乗り続けて”いると思います。

本作の演出・振付を担当するクリスさんは、振付家としても活躍されている方で、増田さんが出演したミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」でも演出、振付を手掛けました。本作でのダンスも注目したいところですが、稽古でのダンスや歌はいかがですか。

 今のところ(取材当時)は、それほど多くはないですが、稽古に入る前にクリスから「踊れることを知っているからたくさん振り付ける。覚悟していてね」と言われたので(笑)、どの曲でどう踊るんだろうと楽しみにしているところです。「ハウ・トゥー・サクシード」では、これまで感じたことがなかったクリスならではの世界観を感じたので、たくさんダンスを振り付けてもらえたらいいなと思いますし、クリスが考えている世界観に近づけたらと思っています。実は、「ハウ・トゥー・サクシード」のときに、僕のダンス人生でそれまで経験したことがない動きをしたんですよ。足をバレエのように“ポワントする”(つま先まで伸ばす)という動きをしてと言われたのですが、それが難しくて。1番の苦戦ポイントです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top