Ryuji(佐藤流司)、バンド活動に「支えられている」 「何もない」ことを書いたデジタルシングル「無」リリース【インタビュー】

2024年2月5日 / 18:00

-ライブでどう歌われるのかも楽しみです。ライブといえば、東名阪のツアーが発表されました。今回のツアーに向けての意気込みを教えてください。

 前回のツアーは、5周年のツアーだったので1stアルバム、2ndアルバム、3rdアルバムというようになぞっていくというコンセプチュアルなライブになっていました。今回は、そうしたことは考えずに、かっこいいセットリストを組めたらと思います。毎回、今回はどうだということはあまり考えてないんですよ。いつも通りやるだけ。今までもずっと100%を出し続けてきたし、今回も100%を出し続けるというのが目標です。

-The Brow Beatとしては、昨年5周年を迎えて、6年目がスタートしました。バンドとしては、どんな5年間でしたか。

 変わらずに自分がやりたい音楽をやって、自分がかっこいいと思う音楽を作り続けて、ライブをし続けて、ここまで応援していただけた。非常にすばらしい5年間だったなと思います。

-この5年間で、ご自身の中で変わったところはありますか。

 喉が強くなったとか、高音がもう少し出るようになったということはありますが、それ以外はあまりないような気がします。ただ、バンドには精神面ですごく助けられているとは感じています。自分の中に抱えている怒りや不平不満をこのバンドの曲に乗せて表現して、それを大声で歌うことができるというのは、すごく助けになります。しかも、それに共感してくださる方がいる。支えられている気がしています。

-歌に乗せるからこそ、ストレートに気持ちが乗るのでしょうか。例えば、脚本を書くなど物語を作るということでも思いは乗せられると思いますが、それはバンドや歌とはまた違うものですか。

 そうですね。全てがそうだとは思いませんが、脚本のメソッドとしては、自分の持論を敵役に話させて、それを正義の味方に論破されるというのが大事らしいんですよ。なので、そう考えると、脚本では自分と自分がけんかしないといけないので、ストレートに気持ちを伝えるというのはまた違うかもしれません。

-The Brow Beatとしての今後には、どのような思いがありますか。

 今回のシングルに限らずですが、しっかりとたくさんの方に聞いてもらうことが音楽においては大事かなと思います。音楽は聞いてもらわないと成立しないですから。なので、そういう機会を多く作れればと思います。ライブは、俺にとっては「還元」だという思いがあります。ライブは応援してくださる皆さまに感謝の気持ちを伝える場だと思っているので、その思いをしっかり伝えられればいいなと思います。

-ところで、「無」をリリースした1月17日はRyujiさん29回目のお誕生日でもありました。今年は20代最後の1年になりますが、何かやりたいことはありますか。

 ほんとにないんですよね。お芝居でもいろいろな経験をさせていただいていますし、できてしまっているから、今さらやりたいことはないですが、でも、今年はもっとファンの方と触れ合えるタイミングを作れればいいなとは思っています。

-今年はどんな1年になりそうですか。

 新しいことと、今まで通り続けられることがあって、かなりバランスのいい1年になる気がします。

-30代に向けて、楽しみにしていることはありますか。

 楽しみではないですが…本当にちゃんと節約したいなと思っています(笑)。自分の首を絞めまくってるんで(笑)。

-ちなみに、子どもの頃にイメージしていた通りの20代になっていますか。

 かけ離れていますね。ハリウッド映画に出ているくらいのイメージでしたから。そううまくはいかないもんでした(笑)。ただ、本当にありがたいことに、今も驚くくらいたくさんの方に応援していただいていて満足しています。

-最後にファンの方にメッセージをお願いします。

 最近は分かりやすい曲がトレンドだと思うので、あえて分かりづらい歌詞で、一昔前のようなギターのリフから始まるという楽曲を聞いてもらえればと思います。マイナーコードで聞けば聞くほどテンションが落ちていくような曲ですが、それを楽しんでもらえたらいいなと。明るい曲はいろいろなアーティストさんが歌っていますが、テンションを落としたい時もあると思うんですよ。ちょっと落ち込んでいる時に、落ち込める曲を聞きたい。そんな時に聞いてもらえたらと思います。

 The Brow Beat第1弾デジタルシングル「無」が配信リリース。The Brow Beat Live Tour 2024は5月9日に大阪BIGCAT、5月10日に名古屋ReNY limited、5月12日・13日に都内・Zepp Shinjukuで開催。The Brow Beat “The Five Senses” LIVE DVDが4月1日に発売決定。2月19日23時59分までオフィシャルストアで予約受け付け中。

The Brow Beat “The Five Senses” LIVE DVDジャケット写真

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top