「この映画を見て、笑って元気づいていただけたら、最高にうれしい」「明日からしっかり生きようというパワーをくれる映画」松村克弥監督、北原里英『神さま待って!お花が咲くから』【インタビュー】

2024年2月5日 / 14:30

 小児がんを抱えながらも12年の生涯を明るく生きた森上翔華さんのエピソードを基に描いたヒューマンドラマ『神さま待って!お花が咲くから』が、2月2日から公開された。本作の松村克弥監督と、主人公を見守る小児科医の脇坂和美を演じた北原里英に話を聞いた。

(左から)北原里英、松村克弥監督 (C)エンタメOVO

-監督は、ここのところ『天心』(13)『ある町の高い煙突』(19)、それから今回の映画と、実話を基にしたものを撮っていますが、そうした映画を作る時の難しさや、気を付ける点などをお聞きしたいのですか。

 なるべく実話に即して作ろうとは毎回思っていますが、実話通りにいかないところを脚色で埋めていくのが、毎回苦労するというか工夫しているところです。ただ、今回の作品は、脚本を書いてくれたプロデューサーの渡辺(健一)さんが、翔華ちゃんのご両親や校長先生や担任の先生に何度もお話を聞きに行って、それをすごく広げて、深くしてくれたので、今回は、本当に脚本の力が大きかったです。渡辺さんが書いてくれた世界を壊さずに、どう描こうかということをすごく考えました。

-北原さんは、一見クールに見えるお医者さんだけど、実は違って、最後に本音が出てくる。本来は患者を救う立場のお医者さんが逆に翔華ちゃんに救われるみたいな部分もありましたが、最初に脚本を最初に読んだ時の印象はどんな感じでしたか。

 最初に脚本を読んだ時は、すごくいい話だなと思いました。もちろん泣きましたし、自分の役がすごく大事だと思ったので、この役を演じるんだと思ったら、とても緊張しました。映画の脚本ですけど、小説を読んだような重厚感というか、何てしっかりとした物語なんだと思って、これが映画になったらすごくすてきだろうなと思いました。

-実際に演じてみて、監督の演出も含めていかがでしたか。

 監督は、それほど細かく演出をされるタイプの方ではなく、すごく任せていただいたなと思っています。実際に演じてみて、自分の中でも、この役をしっかり演じ切れたら、かなり成長につながるだろうなと思っていたので、悔いなく演じられたのはすごくよかったです。今できる精いっぱいのものは出せたかなと。この映画を撮った時に監督に褒めていただけたことがすごく心に残っていて、短い撮影期間だったんですけど、とても印象深い映画になりました。

-監督は、先ほど脚本を壊さないようにとおっしゃいましたけど、今回演出をする上で、ほかに何か気を付けたことや心掛けたことはありましたか。

 『天心』や『ある町の高い煙突』では、ベテランの俳優さんたちと一緒にやっていて、こういう子どもさんたちが主役の映画というのは初めてだったので、どういうふうにやってこうかと思いました。今回はオーディションですてきな俳優さんや子役さんたちとも知り合えたので、クランクインをする前にみんなで集まって、いろいろと話し合ったりしました。僕は、俳優さんの最初のテンションを大切にしたいので、リハーサルはあまりやらないんですけど、今回は子役さんたちが相手で、彼らは経験も少ないので、そこは気を付けました。でも、あまり現場でいろいろと言っても仕方がないので、割と早めのテークでオッケーにして、本人が持っている子どもならではの生理や生き生きした素顔をつぶさないようにしました。

-翔華役の新倉聖菜さんはオーディションで選んだとのことですが。

 何を基準にして選んだかというと、昔ベテランの助監督さんから「オーディションで監督が選ぶコツは、お客さんが彼らと2時間付き合って見ていたいと思うかどうか。それを考えた方がいいよ」と言われました。聖菜ちゃんなら、僕もお客さんも2時間見ていられるタイプだと思いました。そうやって選ばせてもらいました。

-実際に演出してみていかがでしたか。

 すごく勘がいい子でよかったです。それに変な言い方ですけど、すごくかわいくてきれいなんですよ。だから見ていたいなと。それは結構大きかったです。笑顔も、ちょっと悩んでいる顔も、どれもかわいらしいんです。 そこにまたいとしさが湧くじゃないですか。この子がこの後亡くなっちゃうんだなって。僕はオーディションでそれを感じました。彼女も本当に頑張ってくれました。あとは、周りのいじめっ子役の子たちもみんな良かったです。だから北原さんと上村(佳里奈)さんの最後のシーンが僕は好きなんです。あのシーンも見どころなので、ぜひ見ていただきたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top