片寄涼太「いろいろな可能性を模索していきたい」 20代最後、そして30代に向けてのこれから【インタビュー】

2024年1月26日 / 08:00

ー演じられる役について教えてください。

 黄斬は二手三手先を読めるような感覚の持ち主で、戦いもすごく強くて、素早いキャラクターなんですが、その反面、戦いや争い事が本当に必要なのかという疑問を抱えてもいます。自分が国の主ということにどこかふに落ちないまま、みんなで仲良くできるのがいいんじゃないかと思っていて、ある意味で戦国武将っぽくないキャラクターなのかなと思っています。そういうところで共感しますし、だからこそ決断した時の強さがあるので、僕自身を投影した時にも、これを成し遂げたいと決めた時の強さみたいなものが黄斬を通して表現できたらいいなと感じています。

ー舞台出演について、準備しておこうと考えていることがありますか。

 もう稽古しかないので、それが本当に準備かなという気はしています(笑)。体調面では、稽古や本番で体力の回復が追いつかないと思うので、とにかく食事を大切にしています。今年に入ってから、タンパク質を多めにして、しっかり炭水化物も取ってというのをすごく意識していて、普段よりも食事量は増やした方がいいかなと考えています。

ー初座長としての意気込みを教えてください。

 僕が一番舞台の経験もなければ、殺陣の経験もないというのは周知の事実で仕方がないことなので、そういう部分で引っ張って行くのは限界があると思っています。それよりは僕自身がどういう姿勢でこの作品に臨んで、この作品を通してどう成長して、その先に座長であったということの答えが見いだせるような姿をめざしていけたらと考えていますし、座長として自分なりのやり方で頑張れたらいいなと思います。

ー作品のキャッチコピーに「天下は夢となる」とありますが、何かで天下を取りたいことはありますか。

 天下というほどではないですけど(笑)、個人的には今年から何か勉強を始めたいなと考えています。資格や検定とかそういったもので一つ高みをめざしたいです。今、考えているのは英語の検定です。どういうお仕事につながるかは分らないですけど、よりグローバルな時代に進んでいく中で、自分の中でも色んな国の方とつながれるツールとして英語を鍛えられたらいいなという思いもあります。

ー次の誕生日(8月29日)で30歳になりますが、20代最後と30代に向けての思いや目標を教えてください。

 20代を振り返ると、20代ではなかなか経験できないようなことを体験させていただいたり、さまざまな景色を見させていただいたというのが一番にあります。予想していた以上のいろいろな瞬間に出会えた本当に恵まれた20代でした。特に20代で印象に残っていることを挙げるとすれば、グループとしても2年間ドームツアーをやらせてもらったのは、なかなかないことだったと思っています。それと、個人的にも中国大陸での仕事が増えて、また違う国で僕のことを知ってくれるという方が増えたのも想像以上のことでした。

ー30代に向けてどう考えていますか。

 自分が表に立って、グループやアーティストとして色々な音楽とかを表現していくことはもちろんですが、20代の中でもやらせてもらいましたが、本を出させてもらえたりとか、そういう自分が表に出てなくてもできることとかも色々あるだろうなと考えています。自分がこれからまた30代で積み上げていくものの中で、そういういろんな可能性を模索していけたらいいなと思っています。もちろん表に出たくないという意味ではないですよ(笑)。自分が出ながらも、プロデュース業だったりとか、作品を書いてみたりとかいろんなことができるような気はしているので、そういうものも積み上げていくような30代を今は想像しています。

ー本作でEXILE HIROさんが企画・プロデュースを務めているようなことも?

 そこまで大きなものじゃなくてもいいんですが、自分がお芝居の経験をしてきたからこそ脚本を書いてみるとか面白いかもしれないですし、そういういろんなことができたらいいなと思っています。

ー最後に本作へかける意気込みをお願いします。

 2024年という新しい年が始まって、新しいことを経験させてもらえるというのはめちゃくちゃありがたいと感じています。この経験を経て、また自分のこの先をより切り開くような、そんな気持ちで臨めたらいいなと思っています。

(取材・文・写真/櫻井宏充)

 舞台「HiGH&LOW THE 戦国」は、2024年1月29日~2月25日に都内・THEATER MILANO-Zaで上演。

 

舞台「HiGH&LOW THE 戦国」

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top