高島礼子「何にでも挑戦していきたい」 年齢を重ねた今だからこそ感じる、仕事の楽しさ【インタビュー】

2024年1月20日 / 08:00

 北条司の伝説的人気漫画「CAT’S♥EYE」を岩崎う大の脚本、河原雅彦の演出・共同脚本で舞台化する、明治座創業150周年ファイナル公演 舞台「メイジ・ザ・キャッツアイ」が2月6日から開幕する。物語の舞台を明治時代に置き換え、美術品を盗む三姉妹・怪盗キャッツアイの物語が描かれる本作で、美人三姉妹に扮(ふん)するのは、藤原紀香、剛力彩芽、高島礼子。長女・泪を演じる高島に公演への思いや泪役について、さらには今年、還暦を迎えることへの思いなどを聞いた。

高島礼子 (C)エンタメOVO

ーこの作品に出演が決まった時の率直なお気持ちを聞かせてください。

 明治座さんに出演させていただくことも久しぶりですので、お話をいただけたことがとてもうれしかったです。それから、北条さんの作品はドラマ「エンジェルハート」にも出演させていただいていて、緊張感がありながらも楽しく演じさせていただいたので、こうして再び大好きな北条作品に出演できることも幸せです。ただ、「CAT’S♥EYE」は私の中ではもっと若い年齢設定のイメージだったので、私は何役ができるんだろうと。お友達からも「高島さん、何やるの?」と言われるくらいだったので(笑)、泪姉さんをやらせていただけるというのはうれしい反面、緊張感バリバリという感じです。とはいえ、今回は、明治時代を舞台にした半分オリジナルの作品になりますので、堂々と楽しんで、「キャッツアイ」のファンの方たちにも楽しんでいただける作品になるよう頑張りたいと思います。

ー北条作品のどんなところが好きですか。

 北条先生の作品は、ふざけた感じがありながら、女性がみんなかっこいいんですよ。「エンジェルハート」の冴子もめちゃくちゃかっこよくて、本当に演じてみたかった役柄でした。当時は、髪形から何から細かいところまで考えて作品に臨みました。もちろん、(冴羽獠を演じた)上川(隆也)くんも頑張っていたと思いますし、キャストが一致団結して頑張った作品という思い出があります。今回は、紀香ちゃんがカンパニーを引っ張っていってくれると思いますが、ものすごく楽しそうにしているので安心しています。人気のある原作の舞台化はプレッシャーを感じることだと思いますし、私は今でも緊張していて、泪姉さんのイメージを壊さないように、かといってオリジナルなので河原さんの演出を生かしつつ、楽しんでいただけるように頑張りたいです。

ー冴子は演じてみたかった役柄だということですが、泪を演じるイメージはありましたか。

 自分が「CAT’S♥EYE」を見た時には、もう結構いい年齢だったので、もし、演じさせていただけるなら泪しかないとは思いました。ただ、実のところは、愛を演じるのは面白いだろうなと思っています。愛は北条作品の中では、かなり“普通”の女性。きっと演じたら楽しいと思います。

 北条作品の女性は、3パターンの女性をうまく使い分けているようなイメージがあるんですよ。ボーイッシュなタイプとかわいいタイプと賢くてキャリアがあるタイプ。それが明確に出ているのが「CAT’S♥EYE」の3姉妹だと思います。なので、今回もまずはそうしたキャラクターをしっかりと出すことが大切かなと思います。

ー泪を演じる上で、今はどんなところを意識したいと考えていますか。

 う大さんの脚本を読むと、私だけ“まとも”なイメージがあるんですよ。歌って踊って、コメディー的な要素がある盛りだくさんの脚本ですが、その中で、泪はまとも。なので、やりすぎないことで、3姉妹それぞれが光るのかなと思っています。これをやりたい、あれをやりたいというよりは、3人がそれぞれのキャラクターをしっかりと演じることで、3姉妹が光る気がするので、そこは意識したいです。

ーところで、麗しき女泥棒のキャッツアイという設定にちなんで、高島さんが「盗めるなら盗みたい」と思っているものは何かありますか。

 健康かな。今も健康ですが、このままずっと健康でいたいと思います。実は今、一瞬、「若さ」も考えたのですが、私は今が一番幸せなので。このまま人生を楽しむためには、健康が必要ですし、楽しめるだけのエネルギーをキープしていきたいです。

ー実際に、健康でいるために何かしていることはあるんですか。

 睡眠時間をしっかり確保するようにしています。それから、ストレスを溜めないこと。自分では、正直、何がストレスか分からないのですが、感情に左右されてしまうというのはもういい加減卒業したいと思っています。全てにおいてリスペクトされている時代なので、それに見合った精神状態であるなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top