岡山天音「今までと違う純貴くんが新鮮」 戸塚純貴「天音は似たタイプがいない役者」  10年来の友人同士が東野圭吾原作のサスペンス・エンターテインメントで共演 『ある閉ざされた雪の山荘で』【インタビュー】

2024年1月13日 / 16:04

左から岡山天音、戸塚純貴(C)エンタメOVO

ー今回の現場でお二人は、どんなふうに過ごしていたのでしょうか。

岡山 社交的な人が多かったので、カメラが回っていないときは、みんなで仲良く話をしていました。カメラが回っているときだけ、それぞれの役を全うするような感じで。

戸塚 そうだね。いつもと変わらない。ただ、役同士はピリピリした関係だったから、その緊張感を逆に楽しみながらやっていたような気もする。

ー現場でお2人は、お互いのお芝居をどう見ていましたか。

戸塚 天音はすごい変わり者の役だったんだけど、作品の中で、ちゃんと変な空気にしてくれたなと思って。

岡山 確かに、変な空気にする担当だったから。けんか売ったりして。

戸塚 そうそう。とにかくけんかをふっかけたり、事件を駆り立てたりとか。

岡山 逆に(戸塚が演じる)雨宮は、バランサーというか、濃いカルピスを薄めてみんなが飲めるようにする水、みたいな役回りで。これまで一緒にやってきた中では、純貴くんはエッジの効いた役が多く、そういう役割の印象はあまりなかったので、すごく新鮮だった。こういうとき、純貴くんはこういう芝居をするんだな、と分かったのも面白くて。

ーミステリーということで、お芝居の難しさはありませんでしたか。

戸塚 天音はよく眉間にしわ寄せてた。頭抱えて。

岡山 確かにそうかも。ただ、全員難しいですよ、これ。

戸塚 難しいと思う。変わった動きをしても怪しまれるし、バランスを取るのがすごく…。

岡山 役者次第ですよね。その人がどのあんばいでやるかによって、全然違うトーンになっていくから。おのおののポジションで、どういるべきかっていうのを、そのシーンを撮る前日まで、サウナで話したりしていましたもんね。「ここ、どうすればいいんだろう」とか。

戸塚 話したね。

岡山 そこでお互いに「ああ、なるほど」と。「雨宮はそういう難しさがあるのか」みたいなことを知って。

ー役者の方は現場で作品や役についての話はせず、本番で芝居をぶつける方も多いと聞きますが。

岡山 この作品は、ミステリーという大きな仕掛けがあったので、その整合性を合わせるために、お互いにもやっとしている部分を、ふとしたときに、「どうなんだろう?」と話し合ったりしていたんです。

戸塚 物語が一軒家でのワンシチュエーションということで、みんな泊まり込みで撮影していたので、撮影以外で共有する時間が普通より多かったんだよね。それがよかったのかも。

ーところで、主演の重岡さんは初対面の人が多かったので、岡山さんをきっかけにみんなとコミュニケーションを取ったという話をしていましたが、座長としての重岡さんの印象は?

岡山 初日からアウェーな感じが全くなく、最初からみんなの中心になっていましたね。面識のない中に1人で主役として入ってくると、お芝居以外の部分で負荷がかかっちゃうと思うんですけど、そういう余計な荷物を背負わないように、最初からスタートダッシュ切った感じで。本当に、気が付いたらすぐそばにいて、何かと僕に面白いことを振ってくるんですよ。そんなアイドル見たことなくて。お芝居はもちろん、そういうところも含めて、「アイドル」という枠にくくれない人だなと。未知との遭遇でした(笑)。

戸塚 僕らはフラットにいられたけど、シゲ(=重岡)はそれ以上に背負っているものがあるからね。撮影現場でのい方も、本人は正解がわかっていない状態だった思うんだけど、違和感が全くなくて。

岡山 そういうところは、さすがプロでしたよね。座長としての覚悟が、その裏にはあったのかなと。

戸塚 やっぱりトップアイドルだけあって、同い年なのにすごいなと、心から尊敬したよ。

(取材・文・写真/井上健一)

©2024映画『ある閉ざされた雪の山荘で』製作委員会 ©東野圭吾/講談社

『ある閉ざされた雪の山荘で』

1月12日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

配給:ハピネットファントム・スタジオ

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十七回「宿縁の命」まひろや道長の子どもたちの将来を予感させる一条天皇と母・詮子の確執【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年7月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。7月14日に放送された第二十七回「宿縁の命」では、藤原道長(柄本佑)の娘・彰子(見上愛)が一条天皇の下に入内、続いて一条天皇の妻である中宮・藤原定子(高畑充希)にも待望の皇子が誕生。さらに、主人 … 続きを読む

【舞台コラム】18歳以下は無料招待も! 子どもも楽しめる夏休みにおすすめのミュージカル&舞台

舞台・ミュージカル2024年7月20日

海の音楽劇「プリンス・オブ・マーメイド~海と人がともに生きる~」  人魚の王子タリクと伝説の国の王女サラの愛と冒険の物語を通して「海と人との共生」を描く「プリンス・オブ・マーメイド~海と人がともに生きる~」。3度目の上演となる今回は、次世代 … 続きを読む

【週末映画コラム】人類初の月面着陸を描いた“変化球映画”『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』/1人の少女の恐るべき妄想を描いた『あのコはだぁれ?』

映画2024年7月19日

『あのコはだぁれ?』(7月19日公開)  目の前で恋人の悠馬(染谷将太)の交通事故を目撃したほのか(渋谷凪咲)。彼女は、夏休みに臨時教師として、瞳(早瀬憩)、タケル(山時聡真)、蓮人(荒木飛羽)、大樹(蒼井旬)、まり(今森茉耶)がいる補習ク … 続きを読む

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

-杉野さんと向井さんは初共演となりますが、ドラマに入る前の印象と会ってみて印象が変化したことはありますか。また、皆さんの撮影現場での様子を教えてください。 杉野 向井さんは、よくしゃべる方だなと思いました(笑)。以前バラエティー番組で拝見し … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

-それはなぜですか。  タカヒロは今時のキャスティングだとイケメンばっかりなんです。「EXILEでどうですか」って写真まで見せられました(笑)。でも、タカヒロはちょっと天然で、救いになるような役です。ちゃんと生きた男の人にしたかったんです。 … 続きを読む

Willfriends

page top