古川毅「誰かにとってのスターになれれば」 多くの困難があったコロナ禍を経て「飛躍の年」に【インタビュー】

2024年1月17日 / 08:00

古川毅 (C)エンタメOVO

ー撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

 ダークな空気感のある、重い作品ではありますが、撮影していないときはみんなで楽しく過ごしていました。臼田(あさ美)さんや剛力(彩芽)さんが現場の空気をふわっと包み込んでくださっていたので、それに甘えさせてもらっていました。もちろん、作品が作品なので緊張感もありましたが、皆さんとはすごくいいコミュニケーションを取りながら作れたと思います。

ー改めてこのドラマの見どころを教えてください。

ドラマ「夫婦の秘密」(C)BS-TBS

 理解しがたい瞬間がたくさんあると思いますし、カオスな状況になると思いますが、実は一つ一つが結びついていきます。人間のエグさや尊さという意味でヒューマンドラマではあると思うので、ぜひハラハラしながら楽しんでいただけたらと思います。

ー古川さんのことについても教えてください。古川さんのデビューのきっかけは?

 スカウトです。この世界に憧れを抱いていたというわけではないのですが、(スカウトされた当時は)中学3年生で高校の進学を控えていたこともあり、進路について悩んでいたというタイミングでもあったのでやってみようと。僕はワクワクする方向に吸い寄せられていくタイプなので、面白そうだな、チャレンジしてみようかなと軽い気持ちでした。

ー“本気スイッチ”が入ったのはいつ頃だったのですか?

 事務所に入って、EBiDANの研究生になって、ユニットを組んで…という感じで活動していたのですが、その時々で、全てに一生懸命、本気でやっていました。ただ、10代のうちはまだ部活の延長線上という感覚だったのかもしれません。それが「仕事」という感覚になったのは、2018、2019年くらいだったのかな。自分でもはっきり自覚をしているわけではないですし、それまでも本気でやっていたのですが。最初からすごく楽しくて、全てが新鮮だったので。

ー2015年にSUPER★DRAGONとしてデビューした後に、2018年には俳優としての活動もスタートしました。グループ活動、俳優業、それぞれにどんな思いがありますか。

 グループ活動は、自分1人の夢じゃなく、仲間やスタッフさん、そしてファンである「BLUE」と一緒に作ってきた歴史です。なので、僕にとってはファミリーでホームです。だからこそ、世界をもっと広げていき、やりたいこともしっかり表現していきたいという思いがあります。もちろん、個人で行っている役者業で得たものもグループに還元したいですし、それはグループのためでもあると思っています。

 役者業は、自分の知らないことが本当に多い世界で、分からないことだらけ。年齢関係なく、素晴らしい才能を持った方たちがたくさんいると感じています。さまざまな出会いによって、自分の表現にも深みが出たり、見たことのない景色や世界を見させてくれる場所でもあって、グループ活動では得られない経験ができる場でもあります。グループは自分というフィルターを通してお伝えしていくという感じですが、役者業は役を通して伝えていくので、そこが違いかなと思います。

ー古川さんの今後の夢や目標は?

 まずは、目の前のことにしっかり向き合っていきたいと思います。それから、誰かにとってのスターになれればいいなと思っています。グループとして、「アジアのポップスターになりたい」と言っていますが、個人でもそうなれたら、自分だけでなくみんながより良い環境になるのかなと。「自分に関わる人、自分を好きでいてくれる人たち、自分が大事だと思う人たちのことを幸せにする」というのが夢でもあるので、そういう人たちのスターになれればと思います。

ーところで、趣味が「漢飯作り」とプロフィールにありますが、料理が好きなのですか。

 一人暮らしなので、適当なものですが、余裕がある時には作っています。レパートリーがあまりないので、同じようなものばかりですが(笑)。この間は、家にあるものでパスタを作ろうと思ってキッチンを探したら、少し高価なゆず塩味の鶏肉の缶詰を見つけたんですよ。それで、これを使おうと。オリーブオイルで炒めて、鷹の爪を入れて、ペペロンチーノではないですが、ピリ辛のいい感じのパスタが作れました。他人に振る舞えるかは分かりませんが(笑)、自分ではそれなりにおいしく食べられたので、こういうのも悪くないなと。

ーでは、2023年はどんな1年でしたか? また、2024年に挑戦したいことを教えてください。

 2023年は、軸足を固められた1年だったように思います。コロナ禍からの3年間は、辛いこともたくさんありました。いろいろなことがぐらぐらしていた気がして、やっと安定したと思ったらそれが崩れて…と大変だったこともありましたが、2023年は、それがやっと定まって、自分たちのやるべきこともやりたいこともしっかりと見えた。グループとしても役者としても、こうありたいというものが改めて確認できた1年でした。2024年は、より多くの方に見ていただいて、聞いていただいて、多くの方の目に止まる1年になればと思います。月並みですが、飛躍の年になればと思っています。

(取材・文・写真/嶋田真己)

古川毅 (C)エンタメOVO

 ドラマ「夫婦の秘密」は、BS-TBSで1月4日から毎週木曜夜11時~11時54分(木曜ドラマ23枠)で放送。放送の翌日正午からはTVerとNetflixでも配信。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top