菅井友香、2023年は「いろいろと挑戦をさせていただいた1年」 明治座創業150周年記念「赤ひげ」でもチャレンジが続く【インタビュー】

2023年10月21日 / 08:00

 俳優として舞台作品に出演するだけでなく、乗馬という特技を生かし、競馬番組の総合司会も務めるなど幅広い活動を行っている菅井友香。10月28日から開幕する、明治座創業150周年記念「赤ひげ」には、女中のお杉役で出演する。菅井に本作への意気込みや役どころについて、さらには今後の目標や俳優業への思いなどを聞いた。

菅井友香 (C)エンタメOVO

-最初に脚本を読んだときの率直な感想を聞かせてください。

 江戸時代の貧困や病に本気で向き合う赤ひげ先生をはじめとした医師の皆さんや患者さんの思いを強く感じて、誰もが一生懸命生きていたんだとすごく考えさせられる作品でした。命と向き合う姿が真摯(しんし)に描かれているので、胸に迫るシーンが多い作品ですが、笑える場面もあって、盛り沢山な内容になっていると思います。

-菅井さんが演じるお杉という人物は、どのような役柄ですか。

 お杉は病を抱えているお嬢様のお世話をしている女中ですが、とにかく一生懸命でたくましい女性です。強い責任感を持ってひたむきに小石川養生所で働きながらも、一人の女性としての顔ものぞかせていて、その間で葛藤しているのも感じました。

-演じる上では、どんなところを意識していますか。

 お杉の懸命に責任を果たそうとする姿や、人生を選択しながら養生所の皆さんと共に色々なことを乗り越えていく姿に、少しでも勇気を届けられたらいいなと思っています。お稽古をしていて、お杉は人にしっかり物を伝える強さを持っていると感じているので、芯を表現できるように特訓中です。

-菅井さんとしては、今回、初めて和装でのお芝居をするというのも見どころの一つでは?

 そうなんです、本格的な着物やカツラをつけてのお芝居は初めてなので、ビジュアル撮影のときからすごく新鮮でした。この作品に入る前は、自分で浴衣を着ることもできなかったので、なるべく自分でできるように初めて着付け教室に通って、稽古の前に勉強もしました。

-主人公の新出去定こと赤ひげ役は、船越英一郎さんが務めます。船越さんは本作が初舞台となりますが、今回の共演で楽しみにしていることを教えてください。

 船越さんは、自分が小さな頃からテレビの中で活躍されていた存在でしたので、初舞台と聞いて驚きましたが、そんな船越さんの挑戦の一部として関わらせていただけることは本当にありがたいことだと思っています。お優しい方で、最初にお話したときも、「グループの曲を聞いてたよ」とか「その衣装似合っているね」とおっしゃってくださったので、すごくうれしかったです。

-ところで、エンタメOVOでは2月に上演された「新・幕末純情伝」の稽古前にも取材をさせていただきました。そのときは、グループ卒業後、初舞台主演ということで緊張しつつも気合いが入っているのを感じました。実際に公演を終えたときの率直な思いを聞かせてください。

 卒業後初主演で、しかもつかこうへいさんの作品でエネルギーがすごく必要でしたので、いかに自分の限界を超えられるかということが毎日の課題でした。今、改めて振り返ってみると、まだまだだなと思いますが、あの当時の自分のベストは出せたと思います。全力でやり切ることはできたので、何か一つ越えられたのかなという思いはありました。

-稽古場に男性がいることに慣れないと話していましたが、今は慣れましたか。

 慣れました(笑)! 「新・幕末純情伝」のときに、皆さんがざっくばらんにお話をしてくださったので、ラフな気持ちで過ごせましたし、とても居心地が良かったです。

-舞台に立つことや役を演じることに対する思いに変化はありましたか。

 1つの作品を作り上げるために、みんなで試行錯誤するという過程が私はすごく好きです。そこに役者としてのやりがいを感じますし、そうしてみんなで一生懸命に作った作品が見てくださった方の力になって、ポジティブな感情が生まれたらうれしいなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

山崎大輝&糸川耀士郎がWキャストで挑む 市村正親×大竹しのぶによる最恐で最高のミュージカル「また一つギアを上げて頑張っていきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月5日

 市村正親×大竹しのぶ×演出・宮本亞門で作り上げる、ミュージカル「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」が3月9日から上演される。本作は、18世紀にロンドンに実在したという理髪師をモデルとする痛快にして悲しい復讐譚。2007年に市 … 続きを読む

野間口徹、NHKドラマ初主演!VR世界を舞台にした異色のラブストーリーは「自分に近すぎる役で、圧倒的に難しい」夜ドラ「VRおじさんの初恋」【インタビュー】

ドラマ2024年3月4日

 NHK総合で4月から、夜ドラ「VRおじさんの初恋」が放送スタートする。さえない独身中年男性・遠藤直樹は日々、制服姿の少女のアバター“ナオキ”を操作し、VRゲームに没頭していた。人と関わることが苦手で、VR世界でも一人で過ごすナオキだったが … 続きを読む

桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

ドラマ2024年3月3日

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたこ … 続きを読む

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

Willfriends

page top