「自分の中での役作りとして、自分という軸を置かずに、そぎ落とす作業で近づけていきました」 『次元大介』玉山鉄二【インタビュー】

2023年10月12日 / 07:00

 モンキー・パンチ原作『ルパン三世』の人気キャラクターを主役に描く実写映画『次元大介』が、10月13日からPrime Videoで配信される。ルパン三世の無二の相棒で早撃ちの天才ガンマン、次元大介。そんな次元大介が主役の本作では、過去の悲しい出来事から言葉を発することができなくなった少女オトと出会い、彼女を守ることになり、オトを狙う謎の組織や、片足と声を失ったミステリアスな元殺し屋のアデルと対峙(たいじ)することになる。実写映画『ルパン三世』(14)以来、今回再び同役に挑んだ玉山鉄二に話を聞いた。

『次元大介』Original comic books created by Monkey Punch ┃(c)2023 Amazon Content Services LLC or its Affiliates and TMS Entertainment Co.,Ltd.All Rights Reserved

-次元大介のような、アニメなどですでにビジュアルイメージのあるキャラクターを演じるのは難しいのではないですか。

 やっぱり外見の部分とかでファンがお持ちになっているイメージがそれぞれあると思うので、そこに関していえば、映画版の時に、多分僕だけじゃなくて、(ルパン三世役をやった)小栗(旬)くんとかも、みんなすごく苦しんだ部分はあったと思います。でも、今回はそれを1度踏まえているので、そこに関しての苦しみみたいなものはなくて、いかに次元がストーリーの軸である時にどう成立させるか、どうお客さんをかき乱せるかみたいなことに比重を置きながら演じていました。

-最初に脚本を読んだ時の印象はどのような感じでしたか。

 オトと次元とのヒューマンな触れ合いの中で、新たにどういう次元が出てくるのかなと思いました。でも、それは現場で確認しながら実際にやってみないと分からない部分だったので、僕自身もどういう次元が出てくるのかというのを楽しみにしながら、現場に行っていた感じです。

-では実際に演じてみていかがでしたか。

 アクションも含めて、ヒューマンな部分もあって、みんなが楽しめるような作品にはなっていると思います。そこにプラスアルファとして、アデルの存在や、泥魚街のざらついた関係、あとは、やっぱりアニメシリーズでの「ルパン三世」の、トラディショナルな、昭和の香りみたいな部分がうまく出ていたので、セットなども含めてすごいなと思いました。

-世界一の銃職人・矢口千春を演じた大ベテランの草笛光子さんが大活躍でしたが、草笛さんとの共演についてどう思いましたか。

 何度か共演させていただきましたが、やっぱり草笛さんには独特の空気感があって、独特の緩さとそれをぐっと閉める落差の表現がとてもお上手なので、 間近にいて、勉強させていただきました。ああいう俳優さんはもう少ないというか、貴重な方なので、ご一緒できたことが僕の中ではすごく心地いい時間でした。

-オトを演じた子役の真木ことかさんとの共演はいかがでした。

 彼女は、すごく器用で、言われたことが何でもできるような感じの子。それにプラスアルファして、彼女自身がすごく悩んだり、その悩みと対峙し努力するタイプ。オトという役とすごく向き合っていて、泣くシーンなどでも、1回泣きのモードに振ってしまうと、次にスイッチが入るかすごく不安だと言って、そのシーンを撮り終えるまでは、ずっと泣いて過ごしていたので、すごい集中力だなと思いながら見ていました。

-泥魚街のボスで伝説の美しき元殺し屋・アデル役の真木よう子さんは?

 真木さんとは、最後の対決シーンだけだったんですけど、真木さんの車いすでのアクションの引きはすさまじく強かったし、アクションの引きがある分、オトと次元のヒューマンな関係があって、最後にアデルに会いに行くというベースができていたので、そうした部分では、本当に力強い俳優さんというか、瞬発力がとんでもない俳優さんなんだなと改めて感じました。

-たばこ、銃、手帳といった小道具が非常に印象的でした。小道具の生かし方をどう考えましたか。

 銃に限っていえば、扱い方の所作はガン担当の人と、どういう動かし方ができるのか、何ができて何をしてはいけないのかということを、いろいろと確認しながら、手さばきが次元っぽくスムーズにいくように、本番の合間にすごく練習しながらやっていた感じです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top