「被害者でいる方が楽だなと思いました」 『鯨の骨』落合モトキ【インタビュー】

2023年10月11日 / 07:00

 リアルとバーチャルの境界が曖昧になった世界でARアプリのカリスマ少女にのめり込んでいく男の姿を描いたミステリー『鯨の骨』が10月13日から全国公開される。『ドライブ・マイ・カー』で脚本を担当した大江崇允が監督をしたこの映画で、不思議な世界に巻き込まれていく間宮を演じた落合モトキに、映画への思いや演技について聞いた。

落合モトキ(Photo:Fujimoto Kazuhito)

-とても不思議な感じのする映画でした。最初に脚本を読んだ印象はどんな感じでしたか。

 「ミミ」というアプリが出てきて、その中にいる明日香を求めていく話なんですけど、途中から明日香と普通に会話をし始めたりしたので、脚本を読んでいる限りでは、「(明日香と)前に会っているのかな」と思ったりして、結構クエスチョンマークが多かったんですが、 1週間のリハーサル期間で、(大江崇允)監督に疑問をちゃんとぶつけることができ、解釈できた状態で現場に臨むことができました。

-大江監督の談話に「落合さんには、加害者、被害者、傍観者を同時に表現してほしい」とあったのですが、その辺りの話はしましたか。

 監督からそう言われましたが、それほど意識はしなかったです。いざカメラの前に立ってみたら、その場の状況に応じて、間宮の心情を考えながらできました。演じてみて分かったのですが、被害者でいる方が楽だなと思いました。被害者でいれば、加害者に当たってもいいし、被害者面をして傍観していれば、周りが「どうしたの」って言ってくれるし、被害者って楽だなと思いました。

-明日香役のあのちゃんの印象はいかがでしたか。

 やる前は、コアなバラエティー番組によく出ている方だなと。それでちょっと変わった子なのかなと思っていました。でもリハーサル期間中に一生懸命本を読んで、彼女なりの表現をし、監督とセッションをして、あの明日香というキャラクターを作り上げていました。仕事に対して前向きで真剣に取り組んでいる姿勢にイメージが変わりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top