鈴木福、10代最後の1年を迎え「二十歳になることは大人への一歩」 舞台「アカシア雨が降る時」【インタビュー】

2023年9月20日 / 08:00

 「仮面ライダーギーツ」や映画『KAPPEI カッペイ』をはじめとした多数の出演作で抜群の演技を見せるだけでなく、「真相報道 バンキシャ!」のコメンテーターや「ZIP!」でパーソナリティーを務めるなど、幅広い活躍を見せる鈴木福。10月14日から開幕する舞台「アカシアの雨が降る時」では、竹下景子、松村武とともに3人芝居に挑む。母、息子、孫の三世代の家族が、悩みを抱えながらも違いを理解し合おうとする姿を描いた本作で、大学生の孫・陸を演じる鈴木に公演への意気込みや家族への思いを聞いた。

鈴木福(ヘアメーク:堀川知佳/スタイリスト:作山直紀) (C)エンタメOVO

-まず、台本を読んだときの率直な感想を教えてください。

 ここから僕の厳しい戦いが始まるんだという感じました(笑)。

-厳しい戦いというのは、どういうところに感じているのですか。

 倒れたおばあちゃんが目を覚ましたときに、僕が演じる陸を自分の恋人、つまりおじいちゃんだと信じ込んでしまうという物語なので、僕は陸を演じながらもおじいちゃんを演じなくてはならないんです。台本を読んだときに、思っていた以上に陸がおじいちゃんになりきっていると感じたので、どのくらいの色合いでそれを演じていくのか。演出をしていただいて、実際にやってみないと分からない部分も多いなと思っています。

-陸という役柄についてはどうとらえていますか。

 僕とはまったく違うタイプの人間なので、どうやって演じていこうかなと。陸は、たくさんの人の気持ちに寄り添える一生懸命さがあって、辛い思いや複雑な気持ちも持ちながらも頑張っている子だと思うので、僕も一緒に頑張れたらと思います。

-鈴木さんとはどんなところに違いを感じましたか。

 お父さんとけんかしたり、お父さんに対する嫌悪感を持っているというところは全然違いますね。僕は、そういうことは全くないですし、家族もみんな仲良しです。祖父母と僕の関係も違います。僕は、祖父母と二世帯住宅で一緒に住んでいるんですよ。なので、そうした家族関係からして違うなと思いました。

 あとは、僕はやりたいことが明確で、はっきりしているタイプなので、これからどうしようか悩んでいる陸とはそこも違います。僕は、例えば大学も、どれほど仕事が忙しくても行ける限り通って、無理だったら休学してでも次のステップに行こうと思っているので。

-では、自分とは全く違う陸というキャラクターをこれからの稽古で作っていくんですね。

 自分と似ている人は、イメージがつきやすいですよね。僕にそっくりの役なら、完璧に演じられると思いますが、僕とは違うタイプの役を演じることが多いので難しいなと思います。でも、それはこの作品に限ったことじゃないんですよ。自分と似た役はこないものだと思っています。多分、僕みたいな人間は描いてもあまり面白くないんだと思います(笑)。幸せなだけの人間を描いていても面白くないじゃないですか。もちろん、僕にも嫌なことはありますが、僕はスーパーポジティブ人間なんで、マイナスの感情があまりないんですよ。でも、物語としては、感情がグンと下がる姿の方がドラマとして描きやすい。僕は幸せな分、演じるという面では苦労するなと。

-スーパーポジティブ人間なんですね。それは昔からですか。

 そうですね。家族の中では、僕と母が飛び抜けてポジティブだと思います。それが必ずしもいいとは限らないと思いますが。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top