鈴木福、「もう子役じゃないんだから」の言葉で目覚めた俳優としての自覚【インタビュー】

2022年8月5日 / 08:00

 子役時代から数々のドラマや映画で活躍してきた鈴木福。6月17日に、18歳の誕生日を迎え、“新成人”となった。そんな鈴木が、本格的ストレートプレーに初挑戦する舞台「きっとこれもリハーサル」が9月29日から開幕する。舞台出演への意気込みや本作の見どころ、さらには俳優として今、感じていることを語ってもらった。

鈴木福 (C)エンタメOVO

-現代を舞台に、お葬式をテーマにした本作で、鈴木さんが演じるのはご自身と同じ“高校生”という役どころです。ストレートプレー(せりふのみで歌を用いない会話劇)に出演するのは初めてということですが、出演が決まった心境から聞かせてください。

 俳優としてやっていく中で、こうしたお話を頂けるというのはすごくうれしいことです。僕が演じる太田賢一は、どこにでもいそうな青年という役柄だからこそ、実力が露骨に出ると思うので、自分自身の力が試されている気もします。コミカルに演じながらも、その人らしさを出せるように頑張らなくてはいけないなと思います。

-映像作品と舞台作品とでは、作品への向き合い方は違いますか。

 全然違います。普段話している声で演技しても、舞台では届かないので、発声の仕方から変わります。今回、ストレートプレーで、しかもこんなにも出番の多い役というのは初めてなので、ゼロから学ばせていただくつもりでいます。

-鈴木さんが演じる賢一という役柄については、脚本を読んでどう感じていますか。

 僕とはタイプが違う人物だなって(笑)。家が好きで、兄弟とも仲よくてということは一緒ですが、賢一は秘密の目標があって、それを親に言えずにいるんです。僕は、親からやりたいことは話すようにと言われて育ってきたので、何でも言っています。基本的に、僕がやりたいと言ったことは応援してくれる両親なので、そうした親子の関係性は賢一とは違うのかなと思います。

-共感できるところは?

 やりたいことがあるのは僕と一緒です。それから、(劇中で)賢一は、石野真子さんが演じる母から「お葬式のリハーサル」をするから参加するように言われますが、僕もお金をもらえるなら、お葬式のリハーサルに出ると思うので、そこも一緒です(笑)。

-今回、稽古前に準備をしようと思っていることはありますか。

 洋菓子店でアルバイトをしているという設定なので、ケーキを作ろうかな(笑)。でも、まあ、それぐらいで、特にこの作品のために何かを練習したり、勉強したりということはないです。ただ、心持ちとしては、この舞台に100パーセントを注げるだけの時間と気持ちを持っていたいと思います。役作りに関しては、僕は前もって「これをこうして」というのができるタイプではないので、お稽古に入ってみて必要だと思ったことをやりたいと思います。

-鈴木さんは、現場に入って「スタート」の声が掛かると、その一瞬で役に入ることができるという話を聞きました。

 そうですね、特に小さい頃は、(撮影が始まる合図である)「よーいスタート」の「よーい」まで話をしていました(笑)。「よーい」で切り替えていたんだと思います。今も、シリアスなシーンの前だから人と話すのはやめようとか、一人きりになりたいとか、そういったことはないですね。役作りのためにこうしなければいけないというのが得意ではないんだと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

7ORDER長妻怜央「ストレートに『好きです』と告白されたらうれしい」 川津明日香「常にキュンキュンしながら撮影しました」 ドラマ「Sugar Sugar Honey」【インタビュー】

ドラマ2024年2月14日

 長妻怜央(7ORDER)と川津明日香がダブル主演を務めるドラマ「Sugar Sugar Honey」が、TOKYO MX・テレビ大阪で放送中だ。鈴木有布子氏による同名漫画が原作の本作は、イケメン天才パティシエと、恋愛に“免疫ナシ”な元マラ … 続きを読む

Willfriends

page top