伊藤沙莉、俳優業は天職「ゴールが見えないから諦め切れないし楽しい」 映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』【インタビュー】

2023年6月26日 / 08:00

 伊藤沙莉が主演する映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』が6月30日から公開される。本作は、“アジア最大の繁華街”と称される新宿・歌舞伎町を舞台に、誰にも言えない秘密を持つ探偵・マリコが、FBIから行方不明になった地球外生命体の捜索を依頼されるという奇想天外な探偵エンターテインメント。日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『ミッドナイトスワン』などで知られる内田英治監督と、佐藤二朗主演の『さがす』などが話題を呼んでいる片山慎三監督が、6つのエピソードを分業し、1本の映画として作り上げた。伊藤に撮影の裏話や見どころ、さらには俳優業への思いなどを聞いた。

伊藤沙莉(ヘアメーク:岡澤愛子/スタイリスト:吉田あかね) (C)エンタメOVO

-映画作品で、2人の監督が分業するという異色作ですが、そうした企画を聞いたときの気持ちを教えてください。

 もしかしたらそういう作品はほかにもあるのかもしれませんが、私はとても新しい試みだと思いました。さらにこのお二人のタッグというのがすてきだなと。内田監督とは「全裸監督」でご一緒しているのですが、再びご一緒できるのがすごくうれしいですし、片山監督ともずっとご一緒したかったので楽しみでした。お二人が作り上げる作品の空気感は、うそがなく、バイオレンスな要素もあるけれども、どこか包み込んでくれる優しさがある気がして、私は大好きなんです。演じていて楽しかったです。

-それぞれの監督のディレクションの違いはどう感じていましたか。

 それぞれのエピソードに(マリコの働くバーや探偵業の)お客さんが登場しますが、そのお客さん同士で作り上げるシーンは、監督それぞれの特徴が垣間見えていると思いますが、マリコに対してのディレクションは共通していたように思います。お二方とも段取りでやったお芝居を尊重してくださり、あまり細かい指導はなく、自由にお芝居をさせてくださいました。遊び心があるお二方なので、「伊藤がこうくるなら、こうしよう」とうまく誘ってくださり、遊ぶところは遊び、シリアスなところはシリアスにというそのあんばいがとてもすてきだなと思いました。

-マリコという人物をどのように捉えて演じていましたか。

 人がすごく好きで、冷静なところもあるけれど、意外とがむしゃらに生きている。矛盾しているような行動の中にも一つの軸があるところが彼女の魅力だと思います。衝撃的な過去を抱えていますが、そうした過去があるから特別なキャラクターだということではなく、一般的な人よりは大きな荷物を抱えた子と思って演じました。

-伊藤さんと共通点はありましたか。

 「自分が覚悟するより先に大人にならなくてはいけなかった」ということが共通点なのかなと思いました。彼女は幼少期の頃に、大きなものを背負わされますが、私自身も9歳からこのお仕事をさせていただいたので、子どもでいたくても子どもでいられない瞬間もあったなと、今振り返ると思います。まだ子どもなのにしっかりしなくてはいけないことで、ある種、図太くもなれたのかなと。

-本作では、6つのエピソードで物語がつづられます。どのエピソードもインパクトが強いですが、伊藤さんはどのエピソードが印象に残っていますか。

 北村有起哉さんが落ちぶれたやくざの戸塚を演じている「鏡の向こう」です。一番、胸がギュッとなったお話でした。終わり方もそうですし、一番過去にとらわれているのが戸塚だと思います。すごくつらいストーリーですが、リアルにある話なんだろうなとも思いました。娘役の藤松祥子ちゃんも大好きな女優さんなんですよ。彼女のせりふの言い方もとてもリアルで、「見たことはないけど、絶対にこういう人いるよね!」という絶妙な演技をされていて、お父さんとすれ違う姿は切なかったです。

-では、撮影で思い出深いシーンは?

 物語のクライマックスで、宇宙人を追ってきたやくざたちが対立するシーンです。「これは何を撮っているの?」と思いながら、とにかく楽しく撮影しました。それぞれのエピソードはすごくリアリティーがある人間模様を描いているので、宇宙人のパートはどのシーンも楽しかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top