「らんまん」宮野真守「神木くんとの初めてのお芝居は面白かった」主人公・万太郎に転機をもたらすキーパーソン役で朝ドラ初出演【インタビュー】

2023年4月28日 / 15:07

 NHKで放送中の連続テレビ小説「らんまん」。明治から昭和にかけて活躍した“日本の植物分類学の父”牧野富太郎博士をモデルに、愛する植物のため、激動の時代をいちずに突き進む主人公・槙野万太郎(神木隆之介)の波瀾(はらん)万丈な生涯を描く物語。本作で、造り酒屋の当主の立場と好きな植物研究の間で苦悩する万太郎に転機をもたらすキーパーソンが、自由民権運動のリーダー、早川逸馬だ。演じるのは、声優・俳優・歌手として幅広く活躍する宮野真守。万太郎との出会いのシーンの舞台裏や神木の印象など、初出演の朝ドラで感じたことを語ってくれた。

早川逸馬役の宮野真守 (C)NHK

-演説中の逸馬に「それは違う」と異論を唱えた万太郎と一触即発の空気から、一連のやり取りを経てたちまち意気投合する2人の初対面はとても印象的でした。撮影はいかがでしたか。

 僕もすごく印象に残っています。あのシーンは監督が、「逸馬が言ったら万太郎がかぶせて言うぐらいの、初対面なのに気持ちが同調して、エネルギーがどんどん積み重なっていくような演説にしたい」とおっしゃっていたんです。ただ、何回もテイクを重ねたので、中には「どうも~、万太郎です~!」みたいな、2人でボケとツッコミのような面白い感じになってしまったこともあって(笑)。もちろんそれは使われませんでしたが、神木くんと漫才のようなことができたのは、すごく面白かったです。しかも、僕と神木くんの初めてのお芝居があのシーンだったんです。おかげでその直後、「自分はこう思っている」、「僕はこう思っています」と芝居論のような話もできて、すごくやりやすくなりました。

-お二人の思いが伝わるすてきなシーンでした。ところで、朝ドラ初出演だそうですが、現場の印象はいかがですか。

 実はお話を頂いてから実際に現場に入るまで、ものすごく緊張していたんです。リハーサルだけの日があることなど、何もかもが初めての体験で、どんな準備をすればいいのかも分からなくて。とりあえず、自分のできることをやっておこうと思い、土佐言葉を一生懸命練習して、ドキドキしながら現場に行ったんです。そうしたら、遠くから神木くんが「マモさ~ん!」って、天使のような笑顔で駆けてきて(笑)。それですっかり緊張が解けました。

-主演の神木さんの印象は?

 「天使」の一言に尽きます(笑)。初めて会ったのは、神木くんが僕の舞台を見て、楽屋にあいさつに来てくれたときでした。仕事でご一緒するのは今回が初めてですが、最初から「マモさん、マモさん」と子犬のように慕ってくれて。最初のリハーサルの日からそうだったので、彼はこうやって現場の空気を明るくして、天真らんまんに作品作りに向かっているんだろうなと思ったら、何てすてきな現場なんだろうと。それがいろんな人に伝播して、幸せの輪がどんどん広がっているんだろうなと思うと、僕もその場に加わることができて、とても幸せです。

-そのほか、神木さんとのエピソードがあれば教えてください。

 神木くんの好きなアニメのキャラクターを僕がやっていたので、「あの声をやってください」とずっとお願いされていたんです。あるとき、それをメークに行く前にやってあげたら「やった!」と喜んでメーク室に入っていきました(笑)。スタッフさんにも「僕の神なんです」と紹介してくれたことがあるんですけど、そのとき、大河ドラマの撮影でたまたま通りかかった山田裕貴くんも「僕の神なんです」と紹介してくれて(笑)。あれは面白い瞬間でした。

-現場のいい雰囲気が伝わってくるような話です。ところで、早川逸馬という役を演じてみた感想は?

 逸馬は演説会のシーンが多く、撮影も壇上で聴衆にアピールしていくシーンからだったんです。だから、「自分の経験がこんなに生かせるキャラクターに出会えたんだ」と思う瞬間がありました。壇上への上がり方や上ったときの空気感は、僕がライブのときにファンの皆さんへのアプローチの仕方や目線の配り方に通じるものがありますし。こんな役に出会えるのは、本当に珍しいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top