「この作品を機に、新たなことへのチャレンジを始めてもらえたらうれしいです」『それいけ!ゲートボールさくら組』本田望結【インタビュー】

2023年5月2日 / 08:00

 76歳の織田桃次郎(藤竜也)は、高校時代にラグビー部でマネジャーを務めたサクラが経営するデイサービス会社を倒産の危機から救うため、元ラグビー部の仲間を集めてゲートボール大会に出場し、施設の知名度を上げることを考えるが…。大ベテラン俳優たちが共演する人情コメディー『それいけ!ゲートボールさくら組』が5月12日から全国公開される。本作で桃次郎たちにゲートボールを教える高校生の嶋田七海を演じた本田望結に話を聞いた。

本田望結(スタイリスト:石川奈央/ヘアメーク:牧野裕大(ヴィエルジュ)) (C)エンタメOVO

-この映画の台本を最初に読んだときの印象は?

 この作品のお話を最初に聞いたのは2年ぐらい前でした。私も高校生だったので、まず、自分と同年齢の子を演じられることがとてもうれしかったですし、藤竜也さんと共演できるというインパクトがすご過ぎて、ぜひ台本を読ませてくださいとお願いしたことを覚えています。台本を読むと、作品の大きなテーマが「幾つになっても、何かを始めることに遅いということはない」で、そういうメッセージを込めた映画にしたいということでした。その中で、私が演じる役が、藤竜也さんをはじめとする皆さんにゲートボールの楽しさを教えるというものだったので、まずはそのルールをしっかりと覚えるところからスタートしました。

-嶋田七海という役を、どのように演じようと思いましたか。

 七海は、勝つことがとても好きな子だなと思いました。(野田孝則)監督に初めてお会いしたときも「望結ちゃん、こんなに口の悪い役いけるの?」と言われて、その場でとてもきつい言葉を言ってみました。監督は私にそういうイメージを持っていなかったようですが、私自身はこういう役がとても好きでした。それと、七海は、常に周りを見ている子だなと思ったので、せりふがないところで、そうした感じが出せればいいなと思いました。

-今回、藤竜也さんをはじめ、大ベテランの方たちと共演した感想を。

 皆さんが年上の大先輩方でした。私は、自分より年下の方が出る作品にはほとんど出たことがなく、年上の人たちがいる現場が当たり前だったのですが、先輩方と共演できることが素直にうれしかったです。皆さん、私を全く子ども扱いしない方たちで、ちゃんと正面からお話をしてくださって、ぶつかってきてくださったので、とても演じやすかったです。

-大先輩の皆さんを叱るシーンもありましたが、緊張したりはしませんでしたか。

 役に入ると緊張はしません。ただ、私は普段から結構周りを引っ張りたいタイプで、演技に入ると、行き過ぎてしまうところがあって、「望結ちゃんは本当にこういう性格なんだ」と藤さんたちに思われてしまうので、いつも以上に一つ一つの言葉を意識しながら話していました。普段は役とは違うというところを伝えたいと思ったので、オフの方をとても意識しました。

-この作品から感じたことや受け取ったメッセージは何かありましたか。

 完成した映画を見て、「人生には、遅過ぎることなんて一つもない」という言葉が、とても伝わったなと思いました。どの世界でも、スタートが若ければ若いほどいいと思われがちですが、私はそうは思わなくて、何歳で始めようが、その出会いは奇跡だし、頑張れば頑張るほど、その奇跡が必然になっていくと思います。この映画を見て「やってみたかったことをやってみよう」と思ってくださる方がいたら、100点の映画になると思います。やる気が出るような熱い映画なので、そのメッセージは必ず皆さんにも伝わると思います。

-最近始めたことやこれから始めてみたいと思っていることはありますか。

 この作品のお話を頂いた頃に、ちょうどゴルフを始めました。でも、ゲートボールとゴルフは似ているようで全く違うものなので、むしろ片方の悪い癖が出てしまうようなところがあります。なので、撮影中はゴルフのことは忘れて、ゲートボールの動きに集中しました。映画の撮影が終わって、ゴルフに行ったときに、ゲートボールの癖が出て、ドライバーもパターのような持ち方になってしまいました。両親には「ゲートボールの作品を撮ったので…」と必死に言い訳をしました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top