鶴嶋乃愛、“ゼッタイに不倫させる女”役で新境地 「説得力を持って魅力を伝えられれば」【インタビュー】

2023年1月3日 / 08:00

 2019年に放送された「仮面ライダーゼロワン」のヒロイン・イズ役としても知られる鶴嶋乃愛が、ドラマ初主演となるMBSドラマ特区「あなたは私におとされたい」が、2023年1月5日から放送される。本作は、“ゼッタイに不倫しない男”と“ゼッタイに不倫させる女”の駆け引きの中で、「セックスレス」や「ハラスメント」など、リアルな社会問題を通して、夫婦のあり方を問う不倫サスペンスドラマ。“ゼッタイに不倫させる女”立花ノアを演じる鶴嶋に、役柄についてや、見どころ、そして俳優業への思いなどを聞いた。

鶴嶋乃愛(ヘアメーク:サイオチアキ(Lila)/スタイリスト:Manami Komoto)(C)エンタメOVO

-本作に出演が決まった心境を聞かせてください。

 私にとって初めての連続ドラマ主演になるので、とてもうれしかったですし、座長という響きに緊張しました。2022年は学生役が多かったこともあり、同世代の方と撮影をご一緒することが多かったのですが、今回は年上の方が多くいらっしゃる現場です。その中で座長をやらせていただくことに緊張していたのですが、皆さん、和気あいあいとしていて、気さくに話しかけてくださって、すてきな時間を過ごさせていただいております。

-鶴嶋さんが演じるノアは、あの手この手で会社の上司である直也を罠にかけて翻弄(ほんろう)していく小悪魔的な女性ということですが、演じる上ではどんなことを意識していますか。

 おっしゃってくださったように、ノアちゃんは小悪魔というのが軸になっていますが、人によって落とし方や接し方を変えるという多面性も持ち合わせています。時には純粋無垢(むく)に無邪気に笑ったり、思い切り泣いたり、そうかと思うとすごく冷めた目をしていたり…。くるくる表情が変わる女の子なので、視聴者の方にはそうした面を見ていただきたいなと思って演じています。ノアちゃんは、不倫という、道徳に反することをしているので、演じていて、ふと嫌悪感がよぎるときもありますが、それぐらい多くの人を彼女の魅力で落としているということでもあるので、視聴者の方にも説得力を持ってノアちゃんの魅力を伝えられるように演じられればと思います。

-劇中には、ノアの小悪魔テクニックもたくさん出てきますが、特にこれはすごいと思ったテクニックは?

 まねしたいと思ったのは、傘に香水を振るというものです。手のひらに香水をつけて握手したら、相手の手に香りが移って印象を残せるというのは聞いたことがあったのですが、傘というのは初めて知って。傘を開いたときに、香水がフワッと香るというのはすてきだなと思いましたし、男性に対してだけでなく、やってみたいと思いました。

-ノアが罠を仕掛けていく相澤直也役の村井良大さんの印象は?

 最初はクールな方なのかなと思っていたのですが、とても面白い方で、私のおしゃべりにも付き合ってくれます。一緒のシーンが多いので、本番ギリギリまで楽しくお話しさせていただいています。ノアの会社の先輩たちを演じている皆さんもすてきな方ばかりです。演技経験が豊富な方ばかりですし、ボキャブラリーも豊富なので、村井さんがボケたらみんなで突っ込んで、その後に大喜利大会のように盛り上がっています。笑いの絶えない現場です。

-では、改めて本作のどんなところに注目して見てもらいたいですか。

 ノアちゃんの魅力が十分に伝わるように心を込めて演じさせていただいているので、ノアちゃんの魅力を感じ取っていただけたらうれしいですし、直也が落ちてしまうのか、ドキドキハラハラの展開も楽しみにしていただけたらと思います。

-ドラマオリジナルの展開もあるのですか。

 オリジナル展開が多いので、原作とはまた違った物語を楽しんでもらえると思います。私はドラマの展開も好きなんです。苦しくなりながら演じたので、見ている方も苦しくなってしまうと思いますが(笑)、ぜひドラマオリジナルの結末も楽しみにしていただければと思います!

-鶴嶋さん自身のことについても教えてください。芸能界を目指したきっかけは?

 遊びに行くといったら映画館というような田舎で育ったので、子どもの頃から映画が身近でした。それで子どもの頃から映画に興味があったのですが、芸能界に入るきっかけとなったのは、12歳の頃、読んでいた雑誌のオーディションに応募してモデル業を始めたことでした。その頃から物語の中に自分も入りたいという思いがあったので、3年前に念願かなってお芝居の世界に飛び込みました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

Willfriends

page top