【インタビュー】舞台「甘くない話~ノン・ドサージュ~」村井良大&高崎翔太&馬場良馬 黒木瞳の初演出舞台で感じた「役者としてのマインド」

2021年11月2日 / 08:05

 黒木瞳が企画・演出する舞台「甘くない話~ノン・ドサージュ~」が、11月3日から上演される。本作は、キッチンスタジオでアナフィラキシーショックを起こして亡くなった料理家・蘭子の死の真相に迫る、謎解きヒューマンエンターテインメント。出演者全員が容疑者の疑いを掛けられ、人に知られたくない秘密を抱えているという状況の中、果たして犯人を見つけ出すことはできるのか。本作に出演する、村井良大、高崎翔太、馬場良馬に、黒木の演出についてや、久々の共演への思いを聞いた。

(左から)高崎翔太、村井良大、馬場良馬

-出演が決まったときの率直な気持ちは?

村井 黒木さんが監督をされた映画にも出演させていただいたので、お声を掛けていただきうれしかったです。特に、今回は、黒木さんの舞台初演出という貴重な機会なので、黒木さんの作る世界観を体感したいと思っています。

高崎 僕も全く同じです。個人的には、良大くんとは久しぶりの共演ですし、歌舞伎で活躍されている市川九團次さんや、元宝塚の蘭乃はなさんというバックボーンの違う方がたくさん集まる作品ということもすごく楽しみでした。

馬場 僕もテレビや映画などで拝見していた黒木さんが演出する作品にまさか自分が携われるとは思ってもいなかったので、すごくうれしかったです。これまで自分が役者として培ってきたものを全力で出して、この作品の1ピースになれるよう頑張りたいと思います。

-“全員が蘭子を殺した容疑者”ということですが、それぞれの役どころを教えてください。

村井 蘭子先生が亡くなった1年後に、同じ招待状をもらった6人の登場人物が集まります。この6人は全員が秘密を抱えているのですが、その中で、みんなで探りあって、犯人を探すという物語です。僕は、招待状をもらった6人のうちの1人で、蘭子先生の料理教室に通っていた生徒役になります。行動派というよりは観察タイプで、みんなのことを見て、観察しながら、居場所を作っていくキャラクターです。

高崎 僕も招待状をもらった1人で、蘭子先生が生前、料理家として出演していた番組のアシスタントをしていた料理研究家です。蘭子先生が亡くなってから、すごく売れ出して、調子に乗っているので、一見すると嫌なやつに見えますが、話が進んでいくうちに印象が変わっていけばいいなと思っています。

馬場 僕は蘭子さんが料理家としてレシピ本を出していた出版社の編集者の役です。ドジでおっちょこちょいで、何も考えていないような行動をするので、ピリピリした空気の中での息抜きになる存在だと思います。事件のこともあまり分かっていないので、そういう意味ではお客さんと一番近い立場なのかもしれません。

-黒木さんの演出はいかがですか。

村井 “甘くない”です(笑)。ただ厳しいというわけでもないんです。黒木さんは、ご自身も俳優なので、1人の役者としてのマインドを持っていらっしゃるので、役の捉え方やせりふの言い回し、ステージでの居方というものを、適切に教えてくださいます。それは、演出をしながら役者もする方、特有の演出の仕方なのかもしれません。

高崎 やはり俳優をされているからこその、独特な演出の仕方はあると思います。全てのキャラクターに対して、しっかりとしたイメージを持たれているので、こちらも逃げずにしっかりと向き合わないといけないなと改めて感じています。それから、とにかく集中力がすごい。朝7時から別の作品の撮影をされて、10時からこの作品のお稽古を始めて、夜の7時までやっても、まだまだいける。僕たちは稽古だけなのに、僕たちの方がヘトヘトになっています(笑)。

馬場 本当にすごいバイタリティーですよね。先輩の黒木さんよりも、僕たちの方が頑張らなければいけないのに、すごい集中力だと思います。

-3人は久しぶりの共演ですか。

村井 この3人で共演したのはテニス(ミュージカル『テニスの王子様』)だけだから、10年以上たっているよね。

高崎 僕と良大くんはそれ以来、共演はしてないけど、実は僕、良大くんが出演していた、ブロードウェーミュージカル「アダムス・ファミリー」を見に行ったんだよ。そのときも良大くんがすごかったから、今回、久しぶりに共演できてすごくうれしかった。同い年なんだけど、テニスのときからお兄ちゃんみたいな存在だったから(笑)。

村井 でも、みんな当時から印象も性格も全然変わらないよね。

馬場 そういう意味では、良大くんのイメージが変わらないのはある意味すごい。20歳の頃から今と同じぐらい大人びて見えていたってことだから。

村井 馬場ちゃんは、いつまでも太陽みたいな人だよね。明るい。

馬場 良大くんとの共演では、そういう役柄を演じることが多かったというのもあると思うけど(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】人類初の月面着陸を描いた“変化球映画”『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』/1人の少女の恐るべき妄想を描いた『あのコはだぁれ?』

映画2024年7月19日

『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』(7月19日公開)  1969年、人類初の月面着陸を目指す国家的プロジェクト「アポロ計画」の開始から8年が過ぎ、アポロ11号の発射が迫っていたが、失敗続きのNASAに対して米国民の関心は薄れつつあった。   … 続きを読む

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

Willfriends

page top