ブラックアダムの魅力は本編でしか見られないかわいらしさ 内田真礼と榎木淳弥がヒーローたちの魅力について語る 『ブラックアダム』【インタビュー】

2022年12月20日 / 08:00

 ロック様ことドウェイン・ジョンソンが主演し、現在大ヒット公開中の映画『ブラックアダム』は、5000年の眠りから目覚めた“最恐”のアンチヒーローと、彼を止めるために立ち上がったスーパーヒーロー軍団ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(以下JSA)が、し烈な戦いを繰り広げるアクション映画。今回は新人ヒーローのアトム・スマッシャー=アル・ロススタイン(ノア・センティネオ)とサイクロン=マクシーン・ハンケル(クインテッサ・スウィンデル)の日本版声優を務めた榎木淳弥と内田真礼に、本作を含めたDCの魅力やそれぞれの役の魅力などを聞いた。

内田真礼(左)と榎木淳弥 (C)エンタメOVO

-アトム・スマッシャーやサイクロンの能力やアクションを見た感想を聞かせてください。

榎木 アトム・スマッシャーは巨大化できる能力なので、おじさんから譲ってもらったあのマスクをかぶって巨大化するとなかなか怪しいなって思いました(笑)。でも、あのパワーでブラックアダムを攻撃したり捕まえたりするので格好良さもあって好きです。

内田  大きい画面で見るとものすごくきれいで、もっと使ってほしいな、もっと見たいなって思いました。ああいうヒーローたちって技名を言うんですかね? 『サイクロンパワー!』みたいな(笑)。

榎木 日本的なんじゃないかな? 海外はあんまりないと思う。

内田 言わないか(笑)。

榎木 今後に期待ですね。

-アトム・スマッシャーは本編ではドジというか、少しおっちょこちょいな部分のあるキャラクターとして描かれていましたね。

榎木 全然戦いに来ないと思ったら、全く違う場所に降り立っているとか、ルーキーらしいところは、ちょっと緊迫感のあるシーンを緩ませてくれる面白いキャラクターですよね。

-今回、声を当てるに当たって気を付けた点などはありますか。

内田 今後アトム・スマッシャーとの関係がもっと出来上がっていくに当たって、サイクロンがアトム・スマッシャーを引っ張っていくのではなく、同じ目線でいてほしいとも言われました。やっぱり収録でもそのシーンが一番こだわった部分かもしれないです。

榎木 最初は、少年っぽくやってみたんですけど、アトム・スマッシャー役のノア・センティネオさんも大人っぽく演じているから、もう少し声のトーンを落として、元気じゃなくていいと指示されたので、声の太さなどを気を付けました。サイクロンたちと一緒にいるときに、恋愛的ないいことをいうシーンがあるんですが、あのシーンが一番リテイクが多かったですね。こだわりがあったらしく、いろいろなパターンを撮って最終的に本編のせりふになりました。

-DCユニバースには、どのような印象を持っていましたか。

榎木 直近で見ていたのが『ジョーカー』だったので、今回はどんな雰囲気の作品になるんだろう?と。『シャザム!』も見たことがあるんですが、そっちはとても明るくて面白い感じだったので、DCって振れ幅がすごいんだなあと思っていました。

内田 昔から見ていて、一癖あるキャラクターが多いなという印象がありました。ブラックアダムを筆頭に一筋縄じゃいかない人たちが多いから引かれるものがあるのかなって思います。

-DCヒーロー役が決まったときの気持ちを聞かせてください。

榎木 決まったときは「やっていいのかな…?」という思いがありました。でも、すごくうれしかったです。DCの方にも出られるということでとても光栄だと思いました。

内田 昔からヒーローものが好きでよく見ていたのもあってすごくうれしかったです。

-内田さんは数あるヒーロー作品の中でも、本作が特にお気に入りと聞きましたが、どのような点が好きになるきっかけだったのでしょうか。

内田 ブラックアダムが、5000年ぶりに世の中へ出てきて、なかなか現代になじめない。無口で何も話さないけれど、すぐに壁を壊したり、教えられてやってみるけどなかなかうまくできない、という部分が、あんなに体が大きいのに、赤ちゃんみたいに思えてきて、かわいいなって思いました。ポスターや予告だけでは伝わらない面白さもあるので、ぜひ劇場で見ていただけたらうれしいです!

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top