矢部昌暉、DISH//としてのヒットも「実感ない」 俳優としてグループとして「できる限り続けていけたら」【インタビュー】

2022年12月8日 / 08:00

 俳優、そして4人組バンド「DISH//」としても活躍する矢部昌暉が、12月15日から上演される舞台「私立探偵 濱マイク -我が人生最悪の時-」に、主人公・濱マイクの唯一の友人・星野役で出演する。本作の原作は、映画監督の林海象によって製作され、永瀬正敏が主演したハードボイルド探偵映画シリーズ『私立探偵 濱マイク』。1993年から1996年までに三部作が劇場公開された後、テレビドラマ化もされた。2021年には、映画第1弾『我が人生最悪の時 THE MOST TERRIBLE TIME IN MY LIFE』を原作に、佐藤流司主演で朗読劇として上演。そして今回、ついに舞台化される。矢部に、本作への意気込みや俳優業やDISH//についての思いなどを聞いた。

矢部昌暉(DISH//) (ヘアメーク:佐鳥麻子/スタイリスト:鴇田晋哉) (C)エンタメOVO

-朗読劇に続いての星野役ですね。

 朗読劇のときに、主演の佐藤流司くんと「舞台でもやりたい」という話をしていたので、今回、それがかなってうれしいです。朗読劇のときにも、クライマックスシーンでは、立ち上がって、台本を手放して芝居をすることもあったぐらい感情を揺さぶられる作品だったので、今回はそれを思う存分楽しんで演じたいと思います。

-朗読劇では、どんなところにポイントを置いて演じましたか。

 星野は、このおしゃれな世界観の中にスパイスを加え、歯車を狂わせるような役割だと思うので、かき乱す存在だということを意識しました。原作の映画では、(星野役は)ウッチャンナンチャンの南原(清隆)さんが演じていらっしゃったのですが、すごくおちゃめで愛されるキャラクターだったので、そうした部分を僕も出せたらいいなと思っていました。

-今回、演じるに当たって、どんなことを考えていますか。

 主人公の濱マイクは、不器用で、ときにはむちゃをしてしまうけれども、男らしい男なので、そういう濱マイクが信頼を置ける人物はどんな男なのかを考えていきたいです。

-矢部さんと似ていると思うところはありますか。

 僕に近いキャラクターだと思います。僕もすぐにおどけたりするキャラなので(笑)。星野くんほど口はうまくないですが、それ以外は似ています。

-今回、星野役は、宮本弘佑さんとWキャストで演じますが、宮本さんとは今回、初めての共演ですか。

 共演は初めてですが、宮本くんとは同じ事務所なので、昔、別のお仕事で会ったことがあり、当時、高校生だったと思いますが、僕と年が近く、考え方がすごくしっかりしているという印象でした。久しぶりに再会できるのは楽しみです。

-では、本作の見どころは?

 濱マイクという男が本当にかっこいいので、まずはそこを見ていただきたいです。それから、世界観やおしゃれな衣裳もこの作品ならではだと思いますし、友情や絆、誰かを思いやる気持ちが詰まった熱い作品になると思うので、ぜひそうしたところを楽しみにしていただければうれしいです。

-ところで、矢部さんは10歳でデビューして以降、俳優として、そしてDISH//として活躍しています。デビューのきっかけは?

 今の事務所にスカウトしていただいたことでした。それまでサッカーをやっていたので、自分はサッカー選手になるものだと思っていて、この世界には全く興味がなかったんです。ですが、スカウトしていただいたときに、事務所の所属タレント一覧のチラシを頂いて、当時、僕が好きだった番組に出ているタレントの方が在籍していらしたのを見て入りました。

-その後、活動していく中で、楽しさを見いだしていったのですか。

 そうですね。中学1年生のときに、「天才てれびくんMAX」という番組に出演させていただき、さまざまな職業の体験コーナーをやらせていただいたり、バラエティーのようなコーナーをやらせていただいたり、普通ではできない体験をたくさんさせていただいて、それがすごく楽しくて、面白さを感じるようになりました。それから、中学2年生の終わりぐらいにDISH//を結成したことで、この仕事をずっと続けたいと思うようになりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

Willfriends

page top