矢部昌暉、DISH//としてのヒットも「実感ない」 俳優としてグループとして「できる限り続けていけたら」【インタビュー】

2022年12月8日 / 08:00

-芝居の楽しさを感じるようになったのはいつ頃ですか。

 「暁のヨナ~緋色の宿命編~」という作品で、演出家の大関真さんに出会ったことです。芝居の基礎を学ばせていただきましたし、きちんと自分で考えてお芝居に取り組むようになりました。そこから、お芝居をすることが楽しいと思うようになったように思います。それから1年ぐらいたって、大関さんとご一緒させていただいたときに、大関さんから「いい役者になったな」と言っていただいて、たまらなくうれしかったのを覚えています。

-DISH//としては、「猫」の大ヒット、そしてNHK紅白歌合戦出場(2021年)と大きな話題がありました。アーティストとして注目される機会も増えたと思いますが、どう感じていますか。

 本当にありがたいです。ただ、あまり実感はなかったんです。今、やっとツアーを回れるようになったり、フェスなどに呼んでいただけるようになって、目に見えてお客さんが増えたのは感じますが、今もまだ実感はあまりないです。ですが、そうして応援していただけることは本当にうれしいです。

-俳優として、そしてアーティストとして、今後、目指す姿は?

 何ごとも、「続ける」というのが難しいことだと思うので、音楽も俳優もできる限り続けていけたらと思います。それから、音楽の方では、曲が先行していっている印象もあるので、もっと僕らの名前も知ってもらいたいですし、僕らが作った音楽を、もっとたくさんの方に聞いてもらえるような楽曲を、どんどん作り出していきたいです。俳優としては、矢部昌暉をもっとたくさんの方に知ってもらいたいですし、どの作品にもいると言われるような俳優になりたいと思っています。僕、占いが好きなんですが、前に占いをしてもらったときに、「芽が出るのは30後半から」と言われたんです(笑)。自分も何となく遅咲きのタイプではあるなと思っていたので、地道にやっていけたらと思います。

(取材・文・写真/嶋田真己)

舞台「私立探偵 濱マイク -我が人生最悪の時-」

 舞台「私立探偵 濱マイク‐我が人生最悪の時‐」は、12月15日~18日に都内・サンシャイン劇場、12月29日・30日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。
公式サイト https://hamamike-stage.com

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top