稲垣吾郎「いい時間を過ごすことができた」注目の映画監督・今泉力哉との初タッグに手応え 『窓辺にて』【インタビュー】

2022年10月29日 / 08:05

 『あの頃。』(21)、『かそけきサンカヨウ』(21)など、話題作を次々と送り出す注目の映画監督・今泉力哉の『窓辺にて』が11月4日(金)から公開される。妻の浮気に気付きながらも、何も感じない自分にショックを受けているフリーライターの市川茂巳が、さまざまな人々と関わる中で、自分なりの答えを見出していく大人のラブストーリーだ。人間の心の機微を絶妙なユーモアに包んですくい取る、名手・今泉監督との初タッグとなった主演の稲垣吾郎が、撮影の舞台裏や役に込めた思いを語ってくれた。

稲垣吾郎

-稲垣さんが主人公の市川茂巳にぴったりで、繊細な演技や物語に引き込まれました。オファーを受けた後、台本を読んで今泉監督に「自分が知っている感情だ」という話をしたそうですが、具体的にはどういうことでしょうか。

 男女の不倫や夫婦の浮気といった問題がこの物語のベースの一つにありますが、茂巳が妻の浮気を知ってもショックを受けない点は分からなくもないなと。喜怒哀楽がないわけではないんだけど、ショックなときほど表面に出にくかったりする。そういうところは、自分にもあるかなと思って。しかも、それを人に見られることが照れくさくて、つい格好をつけてしまったりもする。「冷めている」と言われるかもしれないけど、僕はその感情にすごく共感できたし、きっと今泉さんにもそういうところがあるんじゃないかなと。

-なるほど。

 世の中には「喜怒哀楽はこのぐらい表現しなきゃいけない」という基準みたいなものがあるような気がするんです。この映画でも、志田未来さん(演じる有坂ゆきの)が茂巳に「浮気されたら、普通怒るでしょ。怒らないって、あなた、相手のことを愛してない証拠なんじゃないの」と怒る。でも、僕にしてみたら「それはあなたの基準でしょ」と思うわけです。とはいえ、そこに同調しないと「軽薄な人間」と言われてしまったりもする。

-確かに、そういう傾向はあるかもしれませんね。

 だから、難しいんですよね。みんなが喜んでいることを一緒に喜ばなきゃいけない、ブームは一緒に盛り上がらなきゃいけいない…。そういうことに、僕は結構冷めてしまいがちなので。あまり人に期待し過ぎたり、依存したりするタイプでもありませんし。ひねくれているのかもしれませんけど(笑)。そういうメッセージも込めて、ちょっとコミカルに、軽やかに描いているのがこの映画じゃないのかなと。そういう意味でも、この役に共感するところは多かったです。

-今泉監督は稲垣さんの主演を前提に脚本を当て書きしたようですね。

 もともとこの物語は、今泉さんが30代の頃、奥さんと生活する中で、何かがあったわけではないけど、ふと「奥さんが浮気したら、俺、怒れるかな?」と思ったことがヒントになって生まれたものです。そういう個人的な思いや感情を、僕だったら表現できるとシンパシーを感じてくれたんじゃないでしょうか。そんな2人なので、撮影中は必要以上の会話をせずとも、お互いに「分かってるな」という感じで、すごくいい時間を過ごすことができました。

-では、実際に演じてみた感想は?

 今泉さんは「あまり芝居芝居しないでくれ」とよく言いますが、「演技といったらこうするよね」という“ありがちな演技の型”を嫌う方です。ドキュメンタリーのようにナチュラルに見せたいというか、「用意、スタート!」で始まったように見えず、映っていないその前後が感じられるような芝居が好み。ホンもそんなふうに書かれていますし。たとえば今回、喫茶店で玉城(ティナ/作家・久保留亜役)さんと僕がやり取りをする場面なども、その前の時間が感じられるようになっているはずです。今泉さんが書いたせりふを、より良いものにするためには、そういうアプローチが必要なんだと思います。そのために僕が俳優としてどんな表現をすればいいのか。そこをチューニングしていく作業は楽しかったです。

-今、話に出た玉城ティナさんをはじめ、中村ゆり(茂巳の妻・紗衣役)さんや志田未来さんといった共演者との芝居はいかがでしたか。

 僕は、今回、いろんな方に会っていく受け身の役なので、楽しかったです。特に印象的だったのが、終盤の中村ゆりさんと夫婦2人だけのシーン。リハーサルの後で、当初予定になかったワンカットで長回しの撮影をすることになったんですけど、自分の気持ちを吐露するいいせりふが書かれていたし、撮影も順撮りに近い形だったので、最後に緊張感を持ってやることができました。おかげで、ドキュメンタリーのようにフレッシュなお芝居になったんじゃないかと思います。8分から9分ぐらいを見込んでいたんですけど、実際にお芝居をしてみたら12分。それだけの長回し撮影はなかなか経験できないので、すごく印象に残りました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

ドラマ2024年3月3日

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたこ … 続きを読む

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

Willfriends

page top