稲垣吾郎「恋愛に関しては無邪気かもしれない」 「今年で49歳。そろそろやっぱり最後の恋を」

2022年10月12日 / 07:12

(左から)今泉力哉監、中村ゆり、稲垣吾郎、玉城ティナ (C)エンタメOVO

 映画『窓辺にて』完成報告イベントが11日、東京都内で行われ、出演者の稲垣吾郎、中村ゆり、玉城ティナと今泉力哉監督が登壇した。

 本作は、妻の不倫を知りながらも、何も感じなかったことがショックだったという、“正直過ぎる男”の物語。

 悩みを抱く主人公のフリーライター・市川茂巳を稲垣、市川の妻・紗衣を中村、市川が出会う高校生作家・久保留亜を玉城が演じた。

 映画の内容にちなみ「自身の恋愛観」を尋ねられた稲垣は「考えていませんでした」と戸惑いを見せながらも、「自然な成り行きに結構任せる、ということが基本ですよね。来る自分の感情を拒まない。あまり迷わない。意外と本能的かも。すごく考えるように思われるけど、恋愛に関しては無邪気かもしれない」と語った。

 続けて、「これが見出しになっても嫌だな…」と苦笑しながら、「僕も今年で49歳なので、そろそろやっぱり最後の恋をね」と語った。

 司会者から「もう最後の恋でいいですか?」と突っ込まれると、「それは嫌だな…」と困惑しながら、「大丈夫ですか? こんな感じで」と報道陣に目配せして、笑いを誘った。

 また、「茂巳と恋愛観で重なるところはあるか」と尋ねられた稲垣は「すごくあります」と即答。

 「無邪気、本能的っていいましたけど、相手がいるとはやはり遠慮してしまったり、妙に冷静になってしまったりすることもある。浮気をされてもショックを受けない。自分ももしかしたらそうなるかも。すごく共感できました」と話した。

 同じ質問に、中村は「恋愛は理屈じゃない。私は好きって思ったら、歯ブラシもタオルも共有できるぐらい」と、自身の恋愛観を披露。

 ここで「歯ブラシを共有できる?」と話を振られた玉城が「うーん。100(パーセント)なしではない。でも、自分からそれを選ぶことはないかな」と答えると、中村は「それはちょっと愛が足りないです」と返して笑わせた。

 映画は11月4日から公開。


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top