小池徹平、ローラ役の城田優と共に思いを引き継ぐ 「新しいカンパニーの『キンキーブーツ』も最高だと言われる作品にしたい」【インタビュー】

2022年9月30日 / 08:00

 小池徹平が城田優と共に挑む、ブロードウェーミュージカル「キンキーブーツ」が10月1日から上演される。2016年の日本初演、19年の再演で、日本中を熱狂させた本作は、堅物の靴工場のオーナー・チャーリーと、ドラァグクイーンのローラが出会い、経営不振に陥った老舗の靴工場を、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生させるまでを描いたミュージカル。小池は、初演から引き続き、チャーリー役で出演。初演と再演で三浦春馬が演じたローラ役を城田が引き継ぎ、新たな「キンキーブーツ」を作り上げる。小池に本作に懸ける意気込みや“城田ローラ”への思いなどを聞いた。

小池徹平

-3度目のチャーリー役になりますが、今回は、どんなところを大事に演じたいですか。

 今回、一番大きく変わるのは、ローラ役が(城田)優になることです。演じる人が変われば、作品の雰囲気も変わりますし、印象も変わると思います。ですが、「キンキーブーツ」を愛する気持ちは変わりません。この作品を大切に思う心は絶対に忘れてはいけない。それは初演、再演から続く思いで、そして(三浦)春馬の力もあったから成し遂げられたことでもあるんです。僕たちは、その春馬の思いも引き継いで、「新しいカンパニーの『キンキーブーツ』も最高だよね」と言われる作品にしたいと思っています。春馬に「いいな」って悔しがってもらって、(それに対して)「いいカンパニーだろ?」と言えるぐらいのチームを作りたいです。

-今回、ローラを演じる城田さんは、オーディションに自ら参加してこの役を演じることになったと聞いています。小池さんとは高校の同級生でもあり、親交の深い間柄ですが、城田さんのローラについてはどう感じていますか。

 優の出演作をご覧になったことがある方は多いと思いますが、彼は非常にポテンシャルが高く、演出家的な視点から客観的に物事を見る力も持ち合わせています。その上で、春馬の思いもきちんと継いでくれています。きっと、とんでもないプレッシャーがのしかかっていると思いますが、それを表には出さずに向き合っているんだと思います。僕としては、そうした彼の状態が分かった上でサポートしてあげられるというのは非常に大きいことだと感じています。これが初共演の相手だったら、きっとこうはいかないので、気心が知れていて、お互いに頼れる優がローラで本当によかった。オーディションを受けてくれたことにも感謝していますし、ローラ役を演じてくれることも本当にうれしかったです。もちろん、幕が開いたときに、最高のローラを演じてもらわなければならないのですが、きっと彼ならやってくれると思います。

-城田さんとは、作品や役柄に関して、どんな話をしていますか。

 (取材当時は)まだ細かい話はしてないんです。ただ、3度目の上演に当たっての思いや、僕たちがやらなければいけないことについては、共有しています。

-具体的には、どんな思いを共有しているのですか。

 やはり、春馬と一緒に作り上げてきたものを優が引き継ぐわけで、相当なプレッシャーもあるとは思いますが、このカンパニーで新たな「キンキーブーツ」を成功させるのが大事だということです。それがお客さまのためでもあるし、僕たちみんなのためでもある。そういう話はしています。

-小池さんにとっても、16年の初演時の演技で菊田一夫演劇賞を受賞するなど、思い入れの深い作品だと思います。改めて、本作は小池さんにとってどんな存在ですか。

 おっしゃっていただいたように、賞を頂いた僕の大事な作品の一つでもありますし、役者として成長させてくれる作品の一つでもありますし、僕個人としても大好きな作品です。またそうした作品に出演できるうれしさを感じていますし、ぜひたくさんの方に見ていただきたいと思っています。

-見どころいっぱいの作品ですが、小池さんは本作のどんなところが好きですか。

 王道ですが、ラストのみんなでブーツを履いて踊るナンバーが一番好きです。初演、再演とやらせていただいて、あのナンバーで客席が最高潮に盛り上がっていることをステージ上でひしひしと感じていました。コロナ前だったので、客席の皆さんが立ち上がって、声を出し、ステージと一体化して…パワーやエネルギーに満ちていました。僕は、これほどハッピーなパワーに包まれる舞台はほかにないと思います。この作品でしか感じたことがないパワーでした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

Willfriends

page top