山本耕史、困っている人を見たら「率先して話し掛ける行動派」 『ピノキオ』で“良心”を教えるジミニー・クリケット役【インタビュー】

2022年9月13日 / 17:00

 ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した『ピノキオ』が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney +(ディズニープラス)」で配信中だ。ピノキオの声を担当するのは、ドラマ「未来への10カウント」や『劇場版ラジエーションハウス』などに出演する子役の川原瑛都、ジミニー・クリケット役を山本耕史が務める。山本といえば、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の三浦義村やドラマ「競争の番人」の天沢雲海など、存在感のある演技が話題だが、今回はピノキオに善悪を教える良心となる役どころだ。山本に、本作の吹き替えについてやディズニー作品への思い、さらには“良心”について聞いた。

ジミニー・クリケット役の山本耕史 (C)エンタメOVO

-今回はジミニー・クリケットという非常に人気のあるキャラクターの声を担当しています。実際に吹き替えをしてみていかがでしたか。

 小さい体をした役なので、高いトーンの声で、とにかく早口なんですよ。英語で話している絵に合わせて、日本語で話すので、日本語がなかなか入らない。やりながら「この1文字切りましょうか」と調整していましたが、それでもギリギリの尺にギュッと詰め込むので、そこが苦労した点でした。

-ディズニー作品は普段から見ますか。

 子どもがちょうどそんな年頃なので、家ではずっとディズニープラスがついています。最近は『アナと雪の女王』や、『塔の上のラプンツェル』、『ファインディング・ニモ』、『ズートピア』とか、とにかくたくさん見ています。

-特に印象に残っている作品は?

 『ライオンキング2 シンバズ・プライド』でも吹き替えを担当しているので印象に残っていますし、「美女と野獣」のクラシックコンサートでガストン役を務めたこともありますし、自分が携わった作品はやはり特に思い入れは深いですね。そういう意味では、今回の『ピノキオ』はまさにディズニーの代表作になると思うので、自分にとっては間違いなくこの作品が一番印象深いディズニー作品になるのだろうと思います。

-今回、実写化された『ピノキオ』は、アニメで見て感じていたよりも迫力があるシーンの連続で、壮大な映像に圧倒されました。

 僕も、実写化に向いている作品なんだと思いました。今作は実写化とはいっても、ピノキオは木の人形ですし、ジミニー・クリケットもアニメのままの姿です。ゼペットなどの人間は、あくまでも助演です。まさに絵本やアニメのまま実写化されている作品だと思います。物語の舞台もアニメのまま、世界の中のどこかの国で、どこの時代でもないという、完璧に表現されています。なので、人間の欲や愛情深さ、それから良心といったものがより浮き彫りになって描かれていると思います。『ピノキオ』は奇跡の作品なんだと感じました。

-それにしても、山本さんは、「鎌倉殿の13人」の三浦義村やドラマ「競争の番人」の天沢雲海など個性豊かな役から、本作のジミニー・クリケットまで、演じる役の幅が非常に広いですね。

 僕自身は、この間はこんな役をやったから次はこっちということもないですし、頂いたお仕事を一生懸命にやっているというだけです。もちろん、敵役が重なることもあったり、一癖ある役が続いたりすることもありますが、たまたまです。今回は、良心という役だといっても、俳優はジミニー・クリケットですから。もちろん、こうした大役にお声掛けしていただいて本当に光栄だと思っていますが、声だけのお仕事は自分では判断がつかないんです。今回も、ディレクターさんに「これぐらいの声の高さでいきますか?」と確認しながら、チューニングを合わせていただき、進めていきました。声だけだと、いいのか悪いのか分からないんですよ、自分では。良かったんじゃないかと自分で思っても、後で確認すると絵と全く合っていないということもありました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top