小川菜摘が語る子育て論「等身大でいることが大事」【インタビュー】

2022年7月28日 / 12:00

 1978年にドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」で俳優デビュー以来、数々の映画、ドラマ、舞台に出演してきた小川菜摘。89年にはダウンタウンの浜田雅功と結婚、2児を出産した。現在、俳優として活躍するのみならず、母として、妻としての考えや生き方も広く支持されている小川は、8月18日から開幕する、ざんねん系おもタメミュージカル「ざんねんないきもの事典 ~いきものたちの逆襲~」にも出演。累計発行部数470万部超えの人気シリーズの初舞台化作品への意気込みや、子育て論を聞いた。

小川菜摘(ビジュアル衣裳での撮影) (C)エンタメOVO

-大いに話題となった児童書「ざんねんないきもの事典」を舞台化することに驚きました。小川さんはオファーを受けてどんな心境でしたか。

 原作は知っていましたが、きちんと読んだことがなかったので、“あれが舞台化!?”というよりは、脚本・演出の村上(大樹)さんからオファーを頂いたうれしさで二つ返事でお引き受けしました。村上さんの作品が大好きなんです。

-村上さんの演出の印象は?

 ご一緒させていただくのは今回が2度目になるのですが、自由にやらせていただけるので、役者としてはすごくありがたいです。その中で、「こっちにしよう」というご提案を頂くこともありますし、一緒に組み立てていく作業がとにかく楽しいんです。毒もあり、愛もあり、“ナンセンス”もあって、素晴らしい才能をお持ちで、信頼しています。

-共演者には若手の人も多く、フレッシュな印象です。

 私の息子よりも若い子が多くて、母親の気分です(笑)。加藤啓くんとは一緒の舞台に出演したこともありますし、野口かおるちゃんは大好きな女優さんなので、お二人とご一緒できることも楽しみです。

-本作は、子どもたちもたくさん来場する作品になると思います。そういう意味でも出演する楽しみがあるのでは?

 3月に「チコちゃんに叱られる!on STAGE」に出演させていただいたのですが、そのときもたくさんいらっしゃっていて、子どもたちの笑い声がたくさん聞こえました。子どもたちは、この役者だからこの舞台を見るということはなく、ただ純粋に目の前で繰り広げられているその舞台を楽しんでいるんですよ。それを初めて目の当たりにして、とにかくうれしかったですし、なんて幸せな仕事をしているんだろうと改めて実感できました。今作も、大人も子どもも楽しめる作品なので、ぜひ親子で来ていただきたいです。(公演は)夏休み中なので、夏休みの自由研究には、ぜひこの舞台の感想文を書いてもらえたら。

-小川さんも子育て中には児童書や絵本などを読んでいましたか。

 子どもが小さい頃は、本当によく読み聞かせをしていました。どうしても職業柄、絵本を読んでいると力が入ってしまうんですよ。役ごとに声色を変えて、全力で読んでいたので、お化けが出てくるような本だと、子どもから「お母さん、怖いからやめて。普通に読んで」とよく言われました(笑)。「フランダースの犬」のような悲しい話を読むと、何回読んでも読みながら号泣してしまうんですが、子どもはしらけていたりして(笑)。その頃は舞台のお仕事をお休みしていたので、読み聞かせが楽しかったんです。きっとウズウズしていたんだと思います。

-芝居がしたかったんですね。

 だから私、子どもたちの幼稚園の卒園式で、父兄による出し物にもかなりの力を注いでいました。自ら物語を脚色して、演出して、他のお母さん方と一緒にお芝居をして。先生方にも園が始まって以来の大爆笑だと言われるぐらい、親御さんたちも子どもたちも笑ってくださいました。ただ、(出演してくれた)お母さんたちは当然素人なので、なかなか思うようにいかなかったんですよ。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top