小川菜摘が語る子育て論「等身大でいることが大事」【インタビュー】

2022年7月28日 / 12:00

 1978年にドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」で俳優デビュー以来、数々の映画、ドラマ、舞台に出演してきた小川菜摘。89年にはダウンタウンの浜田雅功と結婚、2児を出産した。現在、俳優として活躍するのみならず、母として、妻としての考えや生き方も広く支持されている小川は、8月18日から開幕する、ざんねん系おもタメミュージカル「ざんねんないきもの事典 ~いきものたちの逆襲~」にも出演。累計発行部数470万部超えの人気シリーズの初舞台化作品への意気込みや、子育て論を聞いた。

小川菜摘(ビジュアル衣裳での撮影) (C)エンタメOVO

-大いに話題となった児童書「ざんねんないきもの事典」を舞台化することに驚きました。小川さんはオファーを受けてどんな心境でしたか。

 原作は知っていましたが、きちんと読んだことがなかったので、“あれが舞台化!?”というよりは、脚本・演出の村上(大樹)さんからオファーを頂いたうれしさで二つ返事でお引き受けしました。村上さんの作品が大好きなんです。

-村上さんの演出の印象は?

 ご一緒させていただくのは今回が2度目になるのですが、自由にやらせていただけるので、役者としてはすごくありがたいです。その中で、「こっちにしよう」というご提案を頂くこともありますし、一緒に組み立てていく作業がとにかく楽しいんです。毒もあり、愛もあり、“ナンセンス”もあって、素晴らしい才能をお持ちで、信頼しています。

-共演者には若手の人も多く、フレッシュな印象です。

 私の息子よりも若い子が多くて、母親の気分です(笑)。加藤啓くんとは一緒の舞台に出演したこともありますし、野口かおるちゃんは大好きな女優さんなので、お二人とご一緒できることも楽しみです。

-本作は、子どもたちもたくさん来場する作品になると思います。そういう意味でも出演する楽しみがあるのでは?

 3月に「チコちゃんに叱られる!on STAGE」に出演させていただいたのですが、そのときもたくさんいらっしゃっていて、子どもたちの笑い声がたくさん聞こえました。子どもたちは、この役者だからこの舞台を見るということはなく、ただ純粋に目の前で繰り広げられているその舞台を楽しんでいるんですよ。それを初めて目の当たりにして、とにかくうれしかったですし、なんて幸せな仕事をしているんだろうと改めて実感できました。今作も、大人も子どもも楽しめる作品なので、ぜひ親子で来ていただきたいです。(公演は)夏休み中なので、夏休みの自由研究には、ぜひこの舞台の感想文を書いてもらえたら。

-小川さんも子育て中には児童書や絵本などを読んでいましたか。

 子どもが小さい頃は、本当によく読み聞かせをしていました。どうしても職業柄、絵本を読んでいると力が入ってしまうんですよ。役ごとに声色を変えて、全力で読んでいたので、お化けが出てくるような本だと、子どもから「お母さん、怖いからやめて。普通に読んで」とよく言われました(笑)。「フランダースの犬」のような悲しい話を読むと、何回読んでも読みながら号泣してしまうんですが、子どもはしらけていたりして(笑)。その頃は舞台のお仕事をお休みしていたので、読み聞かせが楽しかったんです。きっとウズウズしていたんだと思います。

-芝居がしたかったんですね。

 だから私、子どもたちの幼稚園の卒園式で、父兄による出し物にもかなりの力を注いでいました。自ら物語を脚色して、演出して、他のお母さん方と一緒にお芝居をして。先生方にも園が始まって以来の大爆笑だと言われるぐらい、親御さんたちも子どもたちも笑ってくださいました。ただ、(出演してくれた)お母さんたちは当然素人なので、なかなか思うようにいかなかったんですよ。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top