クリスタル・ケイ、ミュージカル初出演で得たものは「自信」【インタビュー】

2022年7月29日 / 08:00

 「Boyfriend -partII-」「恋におちたら」などのヒット曲でブレークし、ライブなど精力的な活動を続けているクリスタル・ケイ。アーティスト活動20周年を迎えた2019年には、トニー賞4部門受賞のブロードウェーミュージカル「PIPPIN」の日本語版に出演し、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した。そして、今夏ついに「PIPPIN」の再演が決定。8月30日から、都内・東急シアターオーブで上演される。今回、主演を務めるのは森崎ウィン。クリスタルは、日本語版初演に続き、リーディングプレイヤーを唯一無二の存在感で演じる。クリスタルに、公演への意気込みやミュージカルに出演することへの思いを聞いた。

クリスタル・ケイ(ヘアメーク:KIYO IGARASHI(SIGNO)/スタイリスト:NARUMI OKAMURA) (C)エンタメOVO

-2019年の日本語版初演は、反響も大きかったと思いますが、改めて振り返って、どんな思いがありますか。

 上演を重ねるごとにどんどん盛り上がっていっているのを感じました。内容がすごくリアルで、エグいところもエロいところも怖いところもあるので、それを知らなかった人も多かったんだと思います。初日が開いて、いろいろな意味で想像と違うものだったから、何度も足を運んでくださる方がいらっしゃったり、評判が広がっていくように、見に来てくださる方が増えていったように思いました。私たちは、毎公演毎公演、体を張って、死ぬ気でやっていたので、それが伝わっている証拠だと思ってすごくうれしかったです。とにかく、キャスト、スタッフみんなの心が一つになって、「いい作品にしよう。ブロードウェーのオリジナル版よりもいいものを作ろう」という気持ちでやっていたので、そのエネルギーがすごかったです。

-公演を重ねながら手応えを感じていたんですね。

 お客さんがパワーアップしていっているのを感じました。千秋楽に近くなると、イントロが流れるとすぐに歓声が聞こえてきて(笑)。幕が開く瞬間からサプライズ要素が多い作品なので、初日から皆さんが驚いているのは感じていたのですが、何かのマジックが起こっているかのようにどんどんその反応が大きくなっていきました。

-それはライブとはまた違う感覚でしたか。

 違いますね。この2時間半でしか味わえない世界でした。その違いは何なんだろう…。パフォーマンスをすることは変わらないんですが、物語を描いているからなのかな。歌もあればダンスもあって、イリュージョンもアクロバットもサーカスもあって、本当に目が足りないぐらいの舞台なので、それをみんなが五感を使って感じ取っているのは感じます。その違いなのかもしれません。

-日本語版初演では城田優さんが演じていたピピン役を、今回は森崎ウィンさんが演じます。森崎さんの印象は?

 まさにピピンという感じです(笑)。すごくピュアで、いつも笑顔で、自然体。とてもポジティブなエネルギーを持っている方だなと思います。優とは全然違うから、きっと全然違うピピンになると思いますよ。そのコントラストがすごく楽しいと思いますし、私も楽しみです。

-今回の再演で、どんなところをより深めていきたいと考えていますか。

 前回は振りやせりふを覚えるのにいっぱいいっぱいだったので、今回はよりリーディングプレイヤーの気持ちになって、その心の奥や背景も表現できたらと思います。リーディングプレイヤーのパーソナルな部分まで掘り下げて深めていけたら、一つ一つのせりふも動きも変わってくると思うので。

-今改めて、クリスタルさんから見たリーディングプレイヤーはどんな人物ですか。

 すごくカリスマティックで、頼りがいがあって、パワフル。女っぽいところもあれば、男っぽいところもある。けれども、きっと孤独で寂しい人なんだなって思います。「結局、誰かがいないと駄目なんだ」というところを見せてしまう瞬間があるんですよ。きっとお客さんは「これ、見ちゃっていいのかな」という気持ちになると思います(笑)。人間っぽさというか、生々しさというか…。そんなところも注目して見ていただけたらと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

Willfriends

page top