成田凌と葵わかな「わろてんか」以来の共演 「当たり前に信頼関係がある状況」

2022年5月12日 / 04:05

(左から)演出の杉原邦生氏、葵わかな、成田凌 (C)エンタメOVO

 COCOON PRODUCTION 2022 NINAGAWA MEMORIAL「パンドラの鐘」合同取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の成田凌と葵わかな、演出の杉原邦生氏が出席した。

 本作は、1999年に故蜷川幸雄氏の指名で野田秀樹氏によって書き下ろされた演劇作品。同年に蜷川氏が演出を手掛けたバージョンがBunkamuraシアターコクーンで、野田氏が演出を手掛けたバージョンが世田谷パブリックシアターで、同時期に上演されて注目を集めた。今回、蜷川が七回忌を迎えることから、初演以来23年ぶりにBunkamuraシアターコクーンで上演される。

 2017年放送のNHK連続テレビ小説「わろてんか」以来の共演となる成田と葵。成田は2人の関係を、「前のことは気にしていないので、お互いに知り合いではあるけど独特な雰囲気です。ただ、当たり前に信頼関係がある状況でこの作品をやらせてもらえることは大きいと思います」と明かした。

 そして、葵について、「すごく成熟した人だと思います。10代の頃からすごくちゃんとした人。(演出の杉原)邦生さんに言われたことをメモしているんですが、そのメモをチラッと見たら、意外と無邪気な言葉遣いをしていたりする。柔軟で確固たるものがあって、人間的にすごくバランスの取れている人だと思います。最上級の褒め言葉です」と語った。

 一方、葵は成田の印象を「昔から、見た目の雰囲気もあって、ひょうひょうとしているイメージですが、クールそうに見えて熱い方で、それは今も変わりません。今回、じっくりとお話をさせていただいて、テンポや波長がネコみたいな方だなと思っています」と語った。

 舞台は、6月6日~28日に都内・Bunkamuraシアターコクーン、7月2日~5日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。


芸能ニュースNEWS

「ACMA:GAME」“初”田中樹のラストのまさかの行動に「胸アツ展開」 「やっぱり照朝の隣は初くんだよ」「初くん、お帰り」

ドラマ2024年5月20日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第7話が、 19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「アクマゲーム・トーナメント」の1回戦が終わり、出場者の前に姿を現した崩心(小澤征悦)は、2回戦は … 続きを読む

「アンチヒーロー」「明墨さんのキャラは喪黒福造がモデルでは」「回を追うごとに赤峰くんが優秀になってきている」

ドラマ2024年5月20日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の声が優しくて癒やされる 「夕日のシルエットキスが最高」「キュンキュンして沸いた」

ドラマ2024年5月20日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第5話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

「6秒間の軌跡」「先代幽霊の同時通訳回。奇妙なシチュエーションなのに何だかほろりとしてしまった」「一生さんはこのドラマをやることで家族の意味を見つめ直したのかな」

ドラマ2024年5月19日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第6話が、18日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「東京タワー」“耕二”松田元太の色気が“だだ漏れ” ラストの衝撃展開に「不倫の代償よ」「来週は修羅場になりそう」

ドラマ2024年5月19日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第5話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top