「気持ちよく暢子と再会することができました」成長した和彦がついに登場! 宮沢氷魚(青柳和彦)【「ちむどんどん」インタビュー】

2022年5月28日 / 08:20

-宮沢さんが登場する第8週は、中心となる舞台が沖縄から東京に移っていますが、沖縄とのつながりはどう描かれるのでしょうか。

 横浜の鶴見や東京が物語の中心になりますが、和彦は沖縄のことを皆さんに伝えることをライフワークにしているので、沖縄とつながっていきます。暢子も家族が沖縄に残っているので、沖縄との関係は保たれたまま物語が進んでいきます。

-三線の特訓をしたと聞きました。演奏するシーンもあるのでしょうか。

 もともと、多少は弾けたので、少しでも自分に沖縄の文化を取り入れたいと思って練習しました。今のところまだどうなるか分かりませんが、弾く機会があったらいいですね。

-最後に、宮沢さんご自身の沖縄に対する思いを聞かせてください。

 幼い頃から沖縄には何度も訪れていて、今まで少なくとも14、5回は行っていると思います。最初は海で泳いだりするのが楽しかったんですけど、成長するにつれて沖縄の歴史や文化にも興味を持ち、ひめゆり記念館なども巡るようになりました。そういう意味では、僕はまだ28歳ですが、沖縄の変化や、沖縄がどのように日本と世界に認知されていったのかという過程は、自分なりにしっかり見てきたつもりです。最近も別のお仕事で沖縄を訪れるなど、ここ1、2年、沖縄との縁も深く、本土復帰50年の記念すべき年に沖縄を題材にしたこの作品に参加できることに運命的なものを感じています。沖縄に対する自分自身の好奇心を忘れずに演じていきたいと思います。

(取材・文/井上健一)

青柳和彦役の宮沢氷魚 (C)NHK

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「鎌倉殿の13人」第30回「全成の確率」“権力闘争”の血生臭いイメージを払拭する鮮やかな脚本と役者陣の好演【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月10日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣(宮澤エマ)の夫でもある阿野全成(新納慎也)が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最 … 続きを読む

夏の甲子園たけなわの今だからこそ心に響くものがある『野球部に花束を』【映画コラム】

映画2022年8月10日

『野球部に花束を』(8月11日公開)  中学時代の野球部生活に別れを告げ、青春をおう歌するため、長い茶髪にして高校に入学した黒田鉄平(醍醐虎汰朗)。ところが、夢に見たバラ色の高校生活は、うっかり野球部の見学に行ってしまったおかげで、早くもゲ … 続きを読む

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top