櫻井海音「俳優は目指そうと思って始めたわけではなかった」舞台「鎌塚氏、羽を伸ばす」【インタビュー】

2022年5月14日 / 08:00

 2011年から定期的に上演している人気舞台シリーズ「鎌塚氏シリーズ」の第6弾となる新作M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、羽を伸ばす」が7月17日から上演される。本作は、「完璧なる執事」として名高い・鎌塚アカシ役でシリーズ第1弾から主演を務める三宅弘城と、ヒロインの綿小路チタル役でシリーズ2度目の出演となる二階堂ふみによる、豪華列車を舞台に繰り広げられるスクリューボールコメディー。今回は、バンド・インナージャーニーのドラマー、俳優、ファッションモデルとして活躍し、本作で綿小路家の庭師見習い真鍋リョウスケを演じる櫻井海音に、舞台初出演や俳優活動への思いなどを聞いた。

櫻井海音 (C)エンタメOVO

-初舞台を迎えての現在の心境は?

 いまだに舞台に立つということに対して実感がないというのが本音です。もちろんどうなるかという不安もありますし、それと同時に絶対に面白くなるだろうという期待感もすごく強いです。舞台に出ることで、新たな自分の芝居の幅を広げられると感じているので楽しみです。

-舞台への出演を決めた理由は?

 1年ぐらい前にお話を頂き、最初はやっぱり不安が大きかったです。だけど、事務所の先輩の二階堂ふみさんが、真鍋役に僕を薦めてくれたと話を聞き、そうやって先輩に薦めていただけたという期待に応えたいという思いと、長く続いているシリーズで、舞台の第一歩を踏み出せるというチャンスを逃さずに何とかものにしたいということで出演を決めさせていただきました。

-本シリーズの印象は?

 二階堂さんが出演されていた第4弾の「鎌塚氏、腹におさめる」をDVDで見させていただいたんですけど、コメディーとしての面白さが強く、皆さんが本気で芝居をしていることによって、この作品は面白くて、届く作品だなと思いました。今までコメディー調の作品に出演したことがあまりなかったですし、役的にもそういうのはなかったので、生でお客さんが笑っていただけるように頑張りたいです。

-三宅さん演じる鎌塚や、二階堂さん演じるチタルの印象は?

 鎌塚はシンプルですけど、見ていて本当に面白いです。チタルは、一見お嬢さま特有の強さがあるけれど、内面はちょっと乙女で弱いところがあるという印象です。三宅さんとはビジュアル撮影でごあいさつさせていただきました。そのときに、三宅さんが「グループ魂」のドラマーということで、ドラムの話もしました。そういう共通の話題があるだけで、これからもコミュニケーションが取りやすくなりそうです。

-作・演出の倉持裕さんとは、会ったときにどのような話をしましたか。

 初舞台に対する話をさせていただきました。映像と舞台の違いについては、どちらでも演じるという点で根本的に変わらないという話をしていただいて、そこは少し不安要素が解けた感じはしました。倉持さんとは、コミュニケーションを取る一環で、お話をさせていただいたんですけど、そういうことを積極的にしてくださる方で、コミュニケーションを取りながら、いろんなことをやっていけそうな印象を受けました。

-俳優を目指そうと思ったきっかけは?

 目指そうと思って始めたわけではなかったんです。コロナ禍の中でバンドのライブ活動ができなくて、それがすごくもどかしくて、個人の仕事を始めようと思ったときに、ちょうどいろんなお仕事を頂けるチャンスがあり、チャレンジしてみたらすごく面白かったんです。志したというよりは、そういう流れの中で、これもやってみたいとやっていくうちに、その面白さや魅力を知っていったという感じです。

-俳優活動をサポートしてくれた人や、アドバイスをくれた人はいましたか。

 演技の勉強としてお芝居のレッスンを受けるときに、先生にはすごく相談していました。その先生がいたから、今こうやって楽しくできているんだろうなと感じているので、先生がいなかったら結構大変だったかもしれないです。

-本格的に役者の活動がスタートして、プレッシャーを感じることはありましたか。

 初めてやることに対して、プレッシャーや、緊張みたいなものは一生感じると思うんです。だけど、やるしかないという気持ちです。やらないと楽しくならないし、やって楽しくなったら、緊張というのは自然に解けてくるものなので、最初はどれだけ緊張や不安があっても、その現場に行ったら、もう後はやるだけと考え過ぎないようにしているのかもしれないです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top