櫻井海音「俳優は目指そうと思って始めたわけではなかった」舞台「鎌塚氏、羽を伸ばす」【インタビュー】

2022年5月14日 / 08:00

 2011年から定期的に上演している人気舞台シリーズ「鎌塚氏シリーズ」の第6弾となる新作M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、羽を伸ばす」が7月17日から上演される。本作は、「完璧なる執事」として名高い・鎌塚アカシ役でシリーズ第1弾から主演を務める三宅弘城と、ヒロインの綿小路チタル役でシリーズ2度目の出演となる二階堂ふみによる、豪華列車を舞台に繰り広げられるスクリューボールコメディー。今回は、バンド・インナージャーニーのドラマー、俳優、ファッションモデルとして活躍し、本作で綿小路家の庭師見習い真鍋リョウスケを演じる櫻井海音に、舞台初出演や俳優活動への思いなどを聞いた。

櫻井海音 (C)エンタメOVO

-初舞台を迎えての現在の心境は?

 いまだに舞台に立つということに対して実感がないというのが本音です。もちろんどうなるかという不安もありますし、それと同時に絶対に面白くなるだろうという期待感もすごく強いです。舞台に出ることで、新たな自分の芝居の幅を広げられると感じているので楽しみです。

-舞台への出演を決めた理由は?

 1年ぐらい前にお話を頂き、最初はやっぱり不安が大きかったです。だけど、事務所の先輩の二階堂ふみさんが、真鍋役に僕を薦めてくれたと話を聞き、そうやって先輩に薦めていただけたという期待に応えたいという思いと、長く続いているシリーズで、舞台の第一歩を踏み出せるというチャンスを逃さずに何とかものにしたいということで出演を決めさせていただきました。

-本シリーズの印象は?

 二階堂さんが出演されていた第4弾の「鎌塚氏、腹におさめる」をDVDで見させていただいたんですけど、コメディーとしての面白さが強く、皆さんが本気で芝居をしていることによって、この作品は面白くて、届く作品だなと思いました。今までコメディー調の作品に出演したことがあまりなかったですし、役的にもそういうのはなかったので、生でお客さんが笑っていただけるように頑張りたいです。

-三宅さん演じる鎌塚や、二階堂さん演じるチタルの印象は?

 鎌塚はシンプルですけど、見ていて本当に面白いです。チタルは、一見お嬢さま特有の強さがあるけれど、内面はちょっと乙女で弱いところがあるという印象です。三宅さんとはビジュアル撮影でごあいさつさせていただきました。そのときに、三宅さんが「グループ魂」のドラマーということで、ドラムの話もしました。そういう共通の話題があるだけで、これからもコミュニケーションが取りやすくなりそうです。

-作・演出の倉持裕さんとは、会ったときにどのような話をしましたか。

 初舞台に対する話をさせていただきました。映像と舞台の違いについては、どちらでも演じるという点で根本的に変わらないという話をしていただいて、そこは少し不安要素が解けた感じはしました。倉持さんとは、コミュニケーションを取る一環で、お話をさせていただいたんですけど、そういうことを積極的にしてくださる方で、コミュニケーションを取りながら、いろんなことをやっていけそうな印象を受けました。

-俳優を目指そうと思ったきっかけは?

 目指そうと思って始めたわけではなかったんです。コロナ禍の中でバンドのライブ活動ができなくて、それがすごくもどかしくて、個人の仕事を始めようと思ったときに、ちょうどいろんなお仕事を頂けるチャンスがあり、チャレンジしてみたらすごく面白かったんです。志したというよりは、そういう流れの中で、これもやってみたいとやっていくうちに、その面白さや魅力を知っていったという感じです。

-俳優活動をサポートしてくれた人や、アドバイスをくれた人はいましたか。

 演技の勉強としてお芝居のレッスンを受けるときに、先生にはすごく相談していました。その先生がいたから、今こうやって楽しくできているんだろうなと感じているので、先生がいなかったら結構大変だったかもしれないです。

-本格的に役者の活動がスタートして、プレッシャーを感じることはありましたか。

 初めてやることに対して、プレッシャーや、緊張みたいなものは一生感じると思うんです。だけど、やるしかないという気持ちです。やらないと楽しくならないし、やって楽しくなったら、緊張というのは自然に解けてくるものなので、最初はどれだけ緊張や不安があっても、その現場に行ったら、もう後はやるだけと考え過ぎないようにしているのかもしれないです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ウエンツ瑛士、生田斗真との“夫婦役”に「人として大好きなので、そこに少し特別な感情が乗るという感覚」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月24日

 テレビのバラエティー番組でも活躍し、俳優としても映画や舞台、テレビドラマなどでその実力を発揮しているウエンツ瑛士が、6月8日から上演されるパルコ・プロデュース2022「てなもんや三文オペラ」に出演する。原作となる「三文オペラ」は、1928 … 続きを読む

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

【特集】「鎌倉殿の13人」義経、散る! 菅田将暉「三谷幸喜さんはすごい」石橋静河「こんなこと、ふつうは経験できない」歴史に名を残すカップルを演じた2人が明かす舞台裏

ドラマ2022年5月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日に放送された第20回「帰ってきた義経」では、平家を滅ぼした英雄・源義経が、兄・頼朝(大泉洋)と溝を深めた結果、悲運の最期を遂げた。新たな義経像を作り上げた菅田将暉と愛妾・静御前役 … 続きを読む

大河ドラマ初出演で知った当時の人々の思い「価値観や常識は違っても、抱く感情は変わらない」新垣結衣(八重)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月22日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。名手・三谷幸喜の巧みな脚本と主人公・北条義時役の小栗旬をはじめとした俳優陣の好演により、およそ800年前の平安末期から鎌倉初期を彩った人々の活躍が生き生きと現代によみがえり、好評を博している。 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第19回「果たせぬ凱旋」今に通じる人間関係の問題を浮き彫りにする頼朝と義経の断絶

ドラマ2022年5月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月15日に放送された第19回「果たせぬ凱旋」では、宿敵・平家を滅ぼした後、源頼朝(大泉洋)と義経(菅田将暉)の兄弟が溝を深めていく姿が描かれた。  “平家打倒”という兄・頼朝の悲願をかな … 続きを読む

amazon

page top