【インタビュー】映画『パティシエさんとお嬢さん』崎山つばさ「ここまで純粋で、純白で、という恋愛映画はなかなかないと思います」

2022年4月27日 / 07:00

 名前も知らない人を好きになったパティシエと、相手のお嬢さんとのもどかしい恋を描いた『パティシエさんとお嬢さん』が5月6日から公開される。本作で恋に不器用なパティシエを演じた崎山つばさに、映画への思いや、食に関するこだわりなどを聞いた。

崎山つばさ(Photo:Tominaga Tomoko/Hair and Make-up:SUGA NAKATA(GLEAM)/Stilist:CBU-)

-見ていてじれったくなってくるような、不器用な恋が描かれていましたが、どんな気持ちで演じましたか。

 今回は名前も知らない人を好きになって、その人との、もどかし過ぎる“両片思い”の恋愛模様を演じるということで、まあ、僕ももういい大人ですから(笑)、その人に名前を聞くというのは、どんなイメージなのかと考えました。原作の漫画を読み、中学生ぐらいの頃の自分を思い出して、それと重ね合わせながら演じたところはありました。

-演じた役に共感できましたか。ご自身との共通点は?

 演じた奥野丈士は、好きな人に対しても、パティシエという仕事に対しても、ひたすら真っすぐで、そこはすごく似ていると思いました。一つのことに対して、他のことには目もくれずに取り組むところなどは、僕も作品作りに入ると、何よりもそれを優先するタイプなので、ジャンルは違っても、とてもよく分かると思いました。

-パティシエ役ということで、実際にケーキ作りもしたのですか。

 撮影に入る前に、東京製菓学校で先生からケーキ作りの工程や所作などを実際に教えてもらいながら、シュークリームやレーズンバターサンドなどを作りました。撮影現場でもケーキも作りましたし、手元の寄りの場面もあったので、それも自分でやりました。なるべく自分の手でやることを心掛けました。

-では、今回実際に自分でケーキを作ってみて、思いは変わりましたか。

 ケーキに対してもそうですが、パティシエという職業に対しても意識が変わりました。ケーキ一つを作るにしても、何十時間も費やされていて、作る前にも、商品のアイデアや、どういうケーキを作ればお客さんに喜んでもらえるのかを考えたりもするわけですから。今回、実際に撮影してみて気付いたのは、ずっと立ちっ放しなので足が棒になり、細かい作業もあるので目も疲れます。本当にパティシエという職業は、肉体労働なところもあるし、精神修行というか、自分との戦いみたいなところもあると思いました。だから、ケーキ一つを食べるにしても、撮影の前と後とでは全く違う感じになりました。今まではすぐにペロッと食べていましたが、もっと時間を掛けてじっくりと食べなければいけないと思うようになりました。

-お嬢さん=芙美子役の岡本夏美さんの印象は?

 撮影現場にぱっと電気をともしてくれるような明るく元気な人でした。いい意味で、役柄とは違う感じがしました(笑)。

-映画の見どころなど、観客に向けて一言お願いします。

 今回は、劇中にたくさんのケーキが出てきますが、ケーキの一つ一つに表情があって、丈士や芙美子さんの感情をケーキが体現してくれていると感じました。映画を見て、帰りにケーキが食べたくなったとか、買って帰ってうちで食べようとか、自分も恋愛してみようかなとか、気になる人がいるから連絡してみようかなとか、何かのきっかけになってくれたらいいと思います。丈士と芙美子さんの恋の行方は、共感するというよりも応援したくなるところがあるので、そこも見てほしいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】『シン・ゴジラ』に続いて、舞台を現代社会に置き換えて再構築した『シン・ウルトラマン』

映画2022年5月16日

 「禍威獣(カイジュウ)」と呼ばれる謎の巨大生物が次々と現れ、その存在が日常になった日本。通常兵器が通じない禍威獣に対応するため、政府は、班長の田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官の神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者の滝明久(有岡大貴)、汎 … 続きを読む

櫻井海音「俳優は目指そうと思って始めたわけではなかった」舞台「鎌塚氏、羽を伸ばす」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月14日

 2011年から定期的に上演している人気舞台シリーズ「鎌塚氏シリーズ」の第6弾となる新作M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、羽を伸ばす」が7月17日から上演される。本作は、「完璧なる執事」として名高い・鎌塚アカシ役でシリーズ第1弾から主演 … 続きを読む

【映画コラム】訳ありのボクサーを主人公にした、熱き肉体派映画『生きててよかった』『義足のボクサー GENSAN PUNCH』

映画2022年5月12日

 今回は、訳ありのボクサーを主人公にした、熱き肉体派映画を2本紹介する。どちらも、海外作品でも活躍している俳優が主演している。 『生きててよかった』(5月13日公開)  子どもの頃、映画『ロッキー』(76)を見たことがきっかけでプロボクサー … 続きを読む

制作統括が語るこれからの見どころ「平家滅亡後は、鎌倉幕府内の争いと朝廷との戦いに」清水拓哉(制作統括)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月8日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月8日放送の第18回「壇ノ浦で舞った男」でついに平家が滅亡し、源頼朝(大泉洋)以下、源氏勢の悲願が達成された。主人公・北条義時(小栗旬)にとっても大きな目標だった平家打倒が実現した今、こ … 続きを読む

「この先、義時は毎回シビアな決断を迫られる状況になっていきます」小栗旬(北条義時)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月7日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。上総広常(佐藤浩市)が衝撃的な最期を迎えた第15回「足固めの儀式」を境に物語のムードがグッと変わり、このところシビアな展開が続いている。5月8日放送の第18回「壇ノ浦で舞った男」では、いよ … 続きを読む

amazon

page top