【インタビュー】映画『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』駒木根葵汰「朝から晩まで焼き肉でした」小宮璃央「お昼も牛カルビ弁当で(笑)」2大スーパー戦隊がまさかの爆笑焼き肉対決!

2022年4月28日 / 13:03

 人気特撮ヒーローが活躍する『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』が4月29日から全国上映となる。スーパー戦隊シリーズ第45作「機界戦隊ゼンカイジャー」(21~22)と第44作「魔進戦隊キラメイジャー」(20~21)が夢の共演を果たした本作は、両者がギャグ満載でまさかの“焼き肉大食い対決”を繰り広げる痛快作だ。ゼンカイジャーのリーダー、ゼンカイザー=五色田介人役の駒木根葵汰と、キラメイジャーのリーダー、キラメイレッド=熱田充瑠役の小宮璃央に、撮影秘話やその裏に込められた熱い思いを聞いた。

小宮璃央(左)と駒木根葵汰

-「VS」ということでどんな対決になるのかと思ったら、まさかの“焼き肉大食い対決”。驚くとともに、ギャグの連打に爆笑し、その斬新さに感動すら覚えました。撮影はいかがでしたか。

駒木根 丸々2日間、朝から晩までずっと焼き肉を食べていたよね(笑)。ゼンカイジャーはもともと、テレビシリーズでも食事のシーンが多かったんです。だから今回は「VS」というなら「ここで自分たちの力を見せないと」と思って、めちゃくちゃ食べました。

小宮 葵汰くんは本当にすごかった。キラメイジャーチームはメンバー全員で食べるけど、ゼンカイジャーチームは、実際に食べられる人が葵汰くんだけ。(※五色田介人以外のゼンカイジャーメンバーは、スーツアクターが演じる“キカイノイド”という設定)それなのに、1人であんなに食べて。キラメイジャーは皆、圧倒されていました(笑)。

駒木根 ご飯大盛りを頼むシーンも全部きれいに食べて、気付いたらお肉もなくなっていて。映像ではほとんど伝わらないけど、僕らの色はきっちり出せたかなと(笑)。

-物語の展開とは別に、現場では駒木根さんの“独り勝ち”といった感じでしょうか。とはいえ、それだけ食べると焼き肉を見るのも嫌になりそうですが。

駒木根 さすがにしんどかったです。最初に飛ばし過ぎて、夜になったら「焼き肉はもういい!」って。

小宮 それなのに、お昼も牛カルビ弁当で(笑)。

駒木根 あれはびっくりしたね(笑)。

-その頑張りのかいあって、とても楽しい対決になっていました。それでは改めて、互いに共演した感想をお聞かせください。

駒木根 以前から知り合いだったんですよね。

小宮 それぞれがキラメイジャー、ゼンカイジャーになるずっと前、ファッションショーのイベントで初めて出会ったのがきっかけです。それからいろんな仕事でご一緒しているうちに、仲良くなって。当時は葵汰くんの方が先輩で「葵汰くん、お久しぶりです!」って僕があいさつしていたんですけど、スーパー戦隊では僕が先輩というおかしな関係になっちゃって(笑)。

駒木根 璃央がキラメイジャーに決まったときは、「やったじゃん、璃央!」と思っていたら、次の年に僕がゼンカイジャーに決まって。当然、現場でスタッフさんたちから璃央の話が出てくるんだよね。そこで僕が「実は、璃央のことは昔から知っていて」という話をすると、「でも、今は璃央が先輩だからな」と言われて。今回の現場でも「先輩なんだから、ちゃんとあいさつしろよ」と言われたので、「よろしくお願いします!」って(笑)。

小宮 僕の方が「いやいや、やめてくださいよ、葵汰くん」って(笑)。

駒木根 そんな感じだったから、初めて一緒にお芝居するのはもちろんワクワクしたけど、お互いにどこか恥ずかしさもあって。でも、これが初対面の相手だったら、緊張してもっと引いたお芝居になっていたと思う。遠慮せずに自分たちの色を出せたのは、相手が璃央だったからだろうなと。

小宮 僕は昔から葵汰くんの背中を追ってきたので、こうしてご一緒できたことはすごくうれしかったです。“殻を破る”なんてもんじゃないぐらいはっちゃけて、その場の空気を思い切り楽しんでいる。すごく葵汰くんらしいなと。だから僕も、その勢いに飲まれちゃいけないと思って、「ひらめキーング!」の決めポーズをいつも以上に頑張りました(笑)。

-そういうお二人の芝居にも注目ですね。ところで、2大スーパー戦隊の「VS」作品は毎年の定番ですが、今回は近作のスーパー戦隊が集結したスペシャルチーム“センパイジャー”が登場するのも見どころです。センパイジャーとの共演の思い出を教えてください。

駒木根 ゾックス(=ツーカイザー)役のアッちゃん(増子敦貴)が、小澤(亮太/ゴーカイレッド=マーベラス役)さんとずっと一緒に撮影していたんですよね。そうしたら、小澤さんをいつの間にか「ボス」って呼んでいて。最終決戦の撮影では、ずっと後をついていっているんです。「どうしたの?」って聞いたら、「俺のボスだから」って。それがすごく面白かった。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】『シン・ゴジラ』に続いて、舞台を現代社会に置き換えて再構築した『シン・ウルトラマン』

映画2022年5月16日

 「禍威獣(カイジュウ)」と呼ばれる謎の巨大生物が次々と現れ、その存在が日常になった日本。通常兵器が通じない禍威獣に対応するため、政府は、班長の田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官の神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者の滝明久(有岡大貴)、汎 … 続きを読む

櫻井海音「俳優は目指そうと思って始めたわけではなかった」舞台「鎌塚氏、羽を伸ばす」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月14日

 2011年から定期的に上演している人気舞台シリーズ「鎌塚氏シリーズ」の第6弾となる新作M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、羽を伸ばす」が7月17日から上演される。本作は、「完璧なる執事」として名高い・鎌塚アカシ役でシリーズ第1弾から主演 … 続きを読む

【映画コラム】訳ありのボクサーを主人公にした、熱き肉体派映画『生きててよかった』『義足のボクサー GENSAN PUNCH』

映画2022年5月12日

 今回は、訳ありのボクサーを主人公にした、熱き肉体派映画を2本紹介する。どちらも、海外作品でも活躍している俳優が主演している。 『生きててよかった』(5月13日公開)  子どもの頃、映画『ロッキー』(76)を見たことがきっかけでプロボクサー … 続きを読む

制作統括が語るこれからの見どころ「平家滅亡後は、鎌倉幕府内の争いと朝廷との戦いに」清水拓哉(制作統括)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月8日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月8日放送の第18回「壇ノ浦で舞った男」でついに平家が滅亡し、源頼朝(大泉洋)以下、源氏勢の悲願が達成された。主人公・北条義時(小栗旬)にとっても大きな目標だった平家打倒が実現した今、こ … 続きを読む

「この先、義時は毎回シビアな決断を迫られる状況になっていきます」小栗旬(北条義時)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月7日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。上総広常(佐藤浩市)が衝撃的な最期を迎えた第15回「足固めの儀式」を境に物語のムードがグッと変わり、このところシビアな展開が続いている。5月8日放送の第18回「壇ノ浦で舞った男」では、いよ … 続きを読む

amazon

page top