【インタビュー】Netflixシリーズ「金魚妻」篠原涼子「地上波では映像化が難しい部分まで描いている」 岩田剛典「のぞき見感覚で楽しんでいただける作品」

2022年2月14日 / 08:00

 それぞれに秘密と思いを抱える女性たちの禁断の愛を題材にした、Netflixシリーズ「金魚妻」が2月14日から全世界同時配信される。本作は、『グランドジャンプめちゃ』(集英社)に連載中の同名漫画を原作としたラブストーリー。高層タワーマンションの最上階に住み、誰もがうらやむ華やかな人生を送っているかに見える主人公・平賀さくらと金魚屋を営む春斗との切ない愛を中心に、同じタワーマンションに暮らす6人の妻たちの大人のラブストーリーを描く。さくらを演じる篠原涼子と、春斗役の岩田剛典に、撮影を通して感じたことや本作の見どころを聞いた。

岩田剛典(左・ヘアメーク:下川真矢(BERYL)/スタイリスト:桶谷梨乃(W)、篠原涼子(ヘアメーク:宮本陽子/スタイリスト:宮澤敬子(WHITNEY)

-最初に台本や原作を読んだときの感想は?

篠原 私は、まず原作の漫画を読ませていただいたのですが、新幹線の中で読んでいたら後ろが気になってしまうような刺激的な描写が多く(笑)、それがどんな台本に仕上がるのかすごく楽しみでした。その後に、台本を頂いたら、映像としてもいいバランスの作品になっていたので安心しました。刺激的な描写は、なさ過ぎても期待外れになってしまうと思うので、そういう意味でも面白い作品になっていると思います。それから、群像劇として、登場人物それぞれがしっかりと描かれていて、きっと視聴者の方にも共感していただけるところがあると思います。切ないシーンも多く、「大人のラブストーリー」に仕上がっていたので、早く演じてみたいと感じました。

岩田 原作を読んだときは、やっぱり衝撃的でしたし、過激な描写も多かったので、これがどういうふうに映像化されるんだろうと僕も思いました。ですが、実際に脚本を読むと、春斗は純愛を貫いている人物なので、シンプルに大人のラブストーリーとして捉えたらいいんだなと感じました。さくらと春斗を中心にしながらも、6人の女性それぞれの物語が描かれています。どのパートでも葛藤を抱えた大人の物語が背景にあって、涼子さんがおっしゃったように、誰かしらに共感できると思います。彼女たちが、その場から一歩踏み出していく姿が描かれるので、勇気づけられる作品に仕上がっています。とにかく早く見てもらいたいです。

-それぞれの役柄をどのように捉えて演じましたか。

篠原 脚本と原作の両方を読んで感じたのは、さくらはすごくはかない女性だなということでした。私は、主人公を表現するときは、その人の分かりやすい部分を見せつけた方が伝わりやすいと思っているので、さくらに関しても「寂しい」とか「かわいそう」という人物に見えた方がいいなと思って演じていました。ただ、それだけだと悲劇のヒロインになってしまうので、その中にも強さが隠れていることが大切だと思います。この後、どうなるんだろうと期待して見てもらうためにも、光が見えてきそうな兆しや、彼女の強さからくる光を感じてもらえるような主人公を作っていけたらと思いました。

岩田 春斗は、さくらと出会ってから彼女のことをずっと思い続けるいちずな人物です。ですが、実はその裏では自分の過去や家庭環境からくる悩みを抱えています。人生の選択を迫られるタイミングでさくらと出会って、今後の自分の人生設計をどうしていくのか。春斗の生き方をお伝えしたいと思って現場に立っていました。

-それぞれが演じた役柄との共通点は?

篠原 私は、あまり寂しかったり、つらかったりする気持ちが続くことはないんですけど(笑)。例えば、そういう状況になったら、やっぱり支えてくれる誰かがいるということがすごく救いになると思います。それは恋愛だけでなく、仕事だったり、友達だったり、家族だったり、兄弟だったり…。そういう人たちがいてくれるからこそ自分自身が生きていける、笑顔になれると思うんです。そういう意味でも、さくらにとって春斗は大きな存在だったんだと思いますし、春斗への思いも共感できるところはあります。

岩田 春斗は、人間関係や家庭環境の葛藤がある中で、今の環境を築いたという役柄ですが、僕自身も今のお仕事を始めた当初は葛藤を抱えていたのを思い出しました。僕の場合は、家庭環境がどうということではなく、それまであまりイメージしていなかったお仕事だったので、そこで生まれた葛藤でしたが、リンクする部分はあったと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top