【インタビュー】ドラマ「ワカコ酒 Season6」武田梨奈 コロナ禍の今だからこそ「このドラマで一人でも明るい気持ちになってくれたら」

2022年1月8日 / 10:00

 「酒飲みの舌」を持って生まれたOL・村崎ワカコが、さまざまな酒場をさすらい、女ひとり酒を堪能するドラマシリーズ「ワカコ酒」のシーズン6が、1月10日から放送される。今回のシーズンでは、立ち飲みや町中華や鉄板焼き、ファミレス飲みなど多彩な“飲み”や、“初めてのひとり酒”エピソードが登場。ワカコを演じる武田梨奈に本シリーズへの思いを聞いた。

「ワカコ酒 Season6」武田梨奈 (C)2022「ワカコ酒6」製作委員会

-本シリーズが始まってから7年目になります。シーズン6の放送が決定したときは、どんな気持ちでしたか。

 とてもうれしかったのですが、このコロナ禍で、無事にクランクインができるかどうか心配でした。幸いなことに、クランクインのタイミングで緊急事態宣言が明けて、撮影をスタートすることができましたが、やはり外に飲みにいくことが難しい状況の中での撮影だったことは、これまでのシーズンと大きな違いでした。私も外で飲むことの特別さをとても感じていたので、それは意識して演じました。それから、今回は、家飲みのシーンもあります。外で飲むのは難しいという方たちもいらっしゃると思うので、家での楽しみ方を一緒に感じていただけたらうれしいなと思います。

-シーズン6に突入し、ワカコとの向き合い方や演じ方には変化はありましたか。

 普段と変わらない日常を描いている作品なので、だからこそ常に新鮮な気持ちで演じられたらいいなと思っています。長く同じ役を演じているので、どうしても慣れてしまって、ここで「ぷしゅー!」と言うなど、段取り通りに動いてしまいがちなんです。ですが、そのときのワクワク感やおいしいものに出会った喜びをリアルに、新鮮に出していきたいと思っています。

-劇中では、武田さんがおいしそうに食べて飲んでいる姿が印象的ですが、おいしそうに見せるこつは?

 「おいしい」の表現はあまり意識し過ぎないようにしようと思っていますが、毎回お料理もお酒も違うので、本番まで口にせずに、自然なリアクションをしています。私のそのリアクションに合わせて、モノローグが変わることもあるんですよ。例えば、台本では「すっきりしていて飲みやすい」と書いてあっても、私のリアクションが違うと、監督やプロデューサーが「どういう喉越しだった?」と聞いてくださって、私の感想に沿ってモノローグも変えてくださるんです。なので、その瞬間に感じたことを大切にしています。

-コロナ以前は、武田さん自身も「ひとり酒」をしていましたか。

 シーズン1に出演していた頃からしています。むしろ、一人で飲みにいく方が多いです(笑)。コロナ以前は、家の近くの行きつけのお店に行って飲んだり、ワカコのように新しいお店にチャレンジしたり、いろいろなお店に行っていました。

-最近はどんな酒が好きですか。

 最近は、家で飲むことが多いですが、焼酎をよく飲んでいます。焼酎に梅干しを入れたりして…。それから、お水を炭酸水にする機械を買ったので、炭酸割りのお酒もよく飲んでいます。

-お薦めのつまみは?

 おつまみはその日によって違いますが、以前、ワカコ酒の原作者の新久千映先生にかきのオイル漬けの缶詰をプレゼントしていただいて、それがすごくおいしかったのでお薦めです。お高いので、自分へのご褒美のときに同じものを買って食べています。食べるだけで幸せになれるんです!

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」浦井健治「どんなにつらくても人間は素晴らしいと思ってもらえる作品に」

舞台・ミュージカル2022年1月28日

 文豪ビクトル・ユゴーが自身の最高傑作と評した小説を原作とした、ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」が、2月3日から上演される。本作は、口を裂かれた奇怪な顔を持ち、幼い頃から見世物として生きる“笑う男”グウ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第3回「挙兵は慎重に」頼朝の挙兵決断に至る鮮やかな展開

ドラマ2022年1月27日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。1月23日に放送された第3回「挙兵は慎重に」では、北条家の婿となった源頼朝(大泉洋)が、平家打倒の挙兵を決意するまでが描かれた。45分という枠の中、以仁王(木村昴)の挙兵の史実なども絡めて … 続きを読む

【映画コラム】くせ者監督が雑誌の記事の映像化を実現させた『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

映画2022年1月27日

 くせ者監督ウェス・アンダーソンが、雑誌『ニューヨーカー』にインスパイアされ、雑誌の記事の映像化を目指して、一つのレポートと三つのストーリーから成る、一種のオムニバス映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 … 続きを読む

【独占ニュース】『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役のレイチェル・ゼグラーはYoutuber スピルバーグ監督とアンセル・エルゴートが語る彼女の多才な魅力とは

映画2022年1月20日

 スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説のミュージカルを映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が2月11日から公開される。シェークスピアの『ロミオとジュリオット』をモチーフにした本作は、社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を … 続きを読む

【映画コラム】女性監督による2本の佳作『Coda コーダ あいのうた』『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』

映画2022年1月20日

『Coda コーダ あいのうた』  ろうあの家族と、彼らの生活を“通訳”として支える健常者の娘の、音楽を媒介とした自立を描き、フランスで大ヒットした『エール!』(14)を、米・仏・カナダの合作としてリメークした『Coda コーダ あいのうた … 続きを読む

amazon

page top