【インタビュー】舞台「六番目の小夜子」鈴木絢音(乃木坂46) 「気張らずに頑張りたい」と主演舞台に意気込み

2022年1月3日 / 10:00

 作家・恩田陸のデビュー作で、2000年にはドラマ化もされた『六番目の小夜子』が舞台化され、1月7日から上演される。本作は、“サヨコ伝説”という不思議な言い伝えのある高校を舞台に、謎の転校生・津村沙世子を中心とした物語が展開する。主人公の沙世子を演じるのは、乃木坂46の鈴木絢音。映画『ほんとにあった怖い話』や『リング0~バースデイ~』の鶴田法男が総監督を務める。鈴木に初めての主演舞台への意気込みや、本作の見どころを聞いた。

津村沙世子役の鈴木絢音

 -本作への出演が決まった気持ちを聞かせてください。

 ドラマ版は今、大活躍されていらっしゃる俳優さんたちがたくさんご出演されていて、伝説的な作品にもなっているという印象があったので、私がその舞台化作品に出演させていただけることにはすごくプレッシャーもありましたが、面白そうだなとワクワクする気持ちもありました。

-原作や舞台の脚本を読んで、本作のどんなところに魅力を感じましたか。

 ホラーの要素が強く出ている作品なのかなと思っていたので、最後まで読めるかなとドキドキしながら読み始めたのですが、私が持っていたホラーという概念を覆してくれるような物語で、一気に読んでしまいました。驚かされるような怖さではなく、ジワジワと広がっていく怖さ、ゾワゾワして思わず振り返ってしまうような怖さがある作品です。

-今回、鶴田さんが総監督として名を連ねていることからも、舞台版は特にホラー要素が強くなるのではという期待がありますが、脚本を読んでそれを感じましたか。

 そうですね。原作よりもホラー要素が強くなると思います。ただ、舞台で「ホラー」をテーマにした作品というのは、私はあまり見たことがなかったので、どんな形に仕上がるのか、私も楽しみです。

-鶴田さんとは、すでに話をしましたか。

 はい。ホラーの話もそうですが、舞台版もドラマと同じく、1990年の舞台設定でやらせていただくので、その時代背景のお話をたくさん聞かせていただきました。レンタルビデオという文化の起源だったり、当時のことをいろいろと考えるきっかけになりました。

 -今現在、鈴木さんが演じる沙世子は、どんな人物だと考えていますか。

 きっと本人は自分のことを普通だと思っていると思いますが、周りから見たら少し特別な、特異な存在の女の子だったと思います。そして、周りからの印象と本当の自分とのギャップに苦しんでいるんじゃないかなと脚本を読んで感じました。彼女を演じるに当たっては、やはりその独特の雰囲気を出すことが大事だと思うので、しぐさや表情から作っていって頑張りたいと思います。

-今回は、いわゆる「座長」という立場です。主演に対する特別な思いはありますか。

 主演だからということで何かが変わるわけでもないので、気張らずに頑張りたいなと思います。学園ものですし、和気あいあいとした雰囲気でお稽古できたらいいなと思います。ただ、乃木坂でも主演を経験している人はまだそんなにいないというぐらい、とても貴重な機会だと思いますので、そういう意味では、改めて気を引き締めて頑張らなければいけないなと思います。

-鈴木さんは乃木坂の活動だけでなく、女優として舞台作品にもコンスタントに出演していますが、どんなところに舞台の魅力を感じていますか。

 やはり生であるということだと思います。相手の方のお芝居を受けて、自分もお芝居するという臨場感があって、毎回、新鮮ですし、毎回、違ったお芝居になることに面白さを感じています。ただ私は、千秋楽まで悩みながらお芝居をしてしまうタイプなので、公演中は「これでよかったのかな」と考え続けてしまいます。達成感だったり、充実感だったりは、千秋楽を迎えて気持ちが落ち着いてからやっと実感できるように思います。

-本作が学校を舞台にした話ということにちなんで、鈴木さんの学生時代の思い出を教えてください。

 私は中学2年生で乃木坂に入ったんですが、中学1年生から乃木坂に入るまでの間に身長が10センチぐらい伸びて(笑)。制服が一瞬で着られなくなったことが思い出です。クラスで2番目に小さくて、「私は背が低い」と思っていたので、自分でもびっくりしました(笑)。 あまり学校行事には、参加できなかったので思い出というとそれぐらいなのですが、こうした舞台に出演させていただくことで、学校生活を疑似体験できるような気がしています。高校生役に対してもすごく憧れがあるんです。今、23歳なので、正直、制服姿は厳しいなと自分でも思いましたが(笑)、25歳ぐらいまでは学生の役をやりたいと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」浦井健治「どんなにつらくても人間は素晴らしいと思ってもらえる作品に」

舞台・ミュージカル2022年1月28日

 文豪ビクトル・ユゴーが自身の最高傑作と評した小説を原作とした、ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」が、2月3日から上演される。本作は、口を裂かれた奇怪な顔を持ち、幼い頃から見世物として生きる“笑う男”グウ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第3回「挙兵は慎重に」頼朝の挙兵決断に至る鮮やかな展開

ドラマ2022年1月27日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。1月23日に放送された第3回「挙兵は慎重に」では、北条家の婿となった源頼朝(大泉洋)が、平家打倒の挙兵を決意するまでが描かれた。45分という枠の中、以仁王(木村昴)の挙兵の史実なども絡めて … 続きを読む

【映画コラム】くせ者監督が雑誌の記事の映像化を実現させた『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

映画2022年1月27日

 くせ者監督ウェス・アンダーソンが、雑誌『ニューヨーカー』にインスパイアされ、雑誌の記事の映像化を目指して、一つのレポートと三つのストーリーから成る、一種のオムニバス映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 … 続きを読む

【独占ニュース】『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役のレイチェル・ゼグラーはYoutuber スピルバーグ監督とアンセル・エルゴートが語る彼女の多才な魅力とは

映画2022年1月20日

 スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説のミュージカルを映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が2月11日から公開される。シェークスピアの『ロミオとジュリオット』をモチーフにした本作は、社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を … 続きを読む

【映画コラム】女性監督による2本の佳作『Coda コーダ あいのうた』『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』

映画2022年1月20日

『Coda コーダ あいのうた』  ろうあの家族と、彼らの生活を“通訳”として支える健常者の娘の、音楽を媒介とした自立を描き、フランスで大ヒットした『エール!』(14)を、米・仏・カナダの合作としてリメークした『Coda コーダ あいのうた … 続きを読む

amazon

page top