【インタビュー】Huluオリジナル「死神さん」前田敦子「役者さんたちの熱量を感じられる時間がすごく好き」

2021年10月1日 / 12:01

 「トリック」「SPEC」シリーズなどを手掛けた堤幸彦監督と、俳優の田中圭がタッグを組んだ、Huluオリジナル「死神さん」が配信中。本作は、警視庁で最も疎まれ嫌われている再捜査専門の刑事・儀藤堅忍、通称「死神」が、事件ごとに相棒を替えながら、警察が生み出した“冤罪(えんざい)事件”の真相をあぶり出していくミステリードラマ。田中が演じる儀藤の捜査をサポートする“連絡係”の南川メイを演じる前田敦子に、本作の見どころや撮影の裏側、さらに演じることへの思いを聞いた。

南川メイ役の前田敦子 (C)エンタメOVO

-警視庁広報課所属の巡査長で、儀藤には「パシリ」と呼ばれながらも“自分なり”のバックアップをするという南川メイですが、前田さんはメイを演じる上でどんなところを意識しましたか。

 メイは、すごく客観的な役で、あまり背景も描かれていない女性です。これからどうなっていくのかも分かりませんし、最初から続編を期待させるような描き方だったので、とにかく楽しくやろうと思っていました。

-それぞれのキャラが立っていて、まさに堤監督という作品に仕上がっていましたが、監督からはどんな演出がありましたか。

 むちゃぶりに近い演出が結構ありました(笑)。なので、勢いが大事なんだろうと感じました。特に今回演じたメイは、キャラクター重視の役でもあるので、監督もテンポを大事にしていたんだと思います。暗くなりがちなストーリーなので、その中でメイが“箸休め”になったらいいなと思いながら演じていました。

-堤監督とは『イニシエーション・ラブ』(15)でもご一緒されていますが、本作で監督ならではと感じるところはありましたか。

 堤監督は、撮影現場でどんどん編集をしていくんです。ほかの監督が現場で編集しているのは見たことがないので、そのスピーディーさは堤監督ならではだと思います。(演技に対する演出も)「あまり深く考えないで、とりあえずどんどんやって」というようなむちゃぶりとも思える演出が、“天の声”のように遠くから聞こえてきます(笑)。ですが、そのスピーディーさがあるからこそ、新しいコメディーの世界を作れるんだろうなと思います。それは、本作に限らず、どの現場でも変わりません。それから、監督は、現場ではとにかく明るくて、ずっとお話ししています。今回は、ホモサピエンスについて教えてくれました(笑)。

-田中さんとは今回、3回目の共演となりますが、お二人が絡むシーンはどのように作っていきましたか。

 私が(撮影に)入ったときには、監督と田中さんとで、すでにかなりキャラクターを作り込んでいたので、“死神さん”は出来上がっていました。「逃げ得は許しません」のポーズも決まっていて、田中さんはすっかり猫背で…(笑)。なので、「こういう感じでいきます」と教えていただき、そこに入っていった感じでした。

-儀藤はかなり個性的なキャラクターですが、撮影現場での田中さんはどのような様子でしたか。

 田中さんはオンオフがはっきりとしている方なので、(休憩中は)普段通りの田中さんでした(笑)。儀藤さんは、普段の田中さんとは全く違うキャラクターなので、余計にそれを感じました。ですが、田中さんは今回、せりふがすごく多かったので、休憩中も集中されていることが多く、「昨日、何食べた?」というような、たわいないお話ししかできなかったです。

-ところで、メイも含めて、前田さんは癖の強い役を演じることが多いように思いますが、そういう役を演じるときには、どのようにして役作りをするんですか。

 (癖が強い役は)感情に波があることが多いので、それを捉えて演じています。私は、偽った自分を見せるのが得意な方ではないので、すごくいい子で、優等生で、常に冷静というような役の方が窮屈で難しく感じるんです。波がある方が演じやすいのかもしれません。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「井上が社会に貢献しているところをぜひ見てほしい」福士誠治(井上馨)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。明治という新たな時代の中、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)は、紆余(うよ)曲折を経ながらも、新しい日本を作るためにまい進していくが、その周囲には才能ある人物が多数集まってくる。その1人が、井上馨だ。 … 続きを読む

【映画コラム】新機軸の新選組映画『燃えよ剣』

映画2021年10月22日

 新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に何度も映画化やドラマ化をされた司馬遼太郎の原作小説に、新解釈や新たな場面を加えながら、原田眞人監督が映画化した『燃えよ剣』が公開中だ。  江戸時代末期。武州多摩の農家に生まれた土方歳三(岡田准一)は … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」中田圭祐「田中圭さんと安田顕さんのバディぶりが見どころです」

ドラマ2021年10月22日

 田中圭が主演するドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」の放送が、10月15日からテレビ東京系でスタートした。本作は、「DNAはうそをつかない」が口癖の天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女と共に難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ひらいて』山田杏奈「愛という主人公について、修行のようにずっと考えていました」芋生悠「愛自身の迷いと杏奈ちゃんの迷いがリンクしていた」綿矢りさ原作の映画で女子高生役を好演

映画2021年10月21日

 成績優秀で性格は活発、クラスでも人気者の高校生・木村愛は、寡黙な同級生・西村たとえ(作間龍斗)に片思い。だがある日、愛はたとえに秘密の恋人がいることを知る。その相手とは、糖尿病を抱えた目立たない女子生徒・新藤美雪だった。2人の関係に衝撃を … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十一回「栄一、最後の変身」栄一の豊かな人間味を表現した吉沢亮の巧みな演技

ドラマ2021年10月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。10月17日放送の第三十一回「栄一、最後の変身」では、日本初の銀行や富岡製糸場の設立にまつわるエピソードが描かれた。  その中で、主人公の渋沢栄一(吉沢亮)は、大阪で知り合った大内くに(仁村紗 … 続きを読む

amazon

page top