【インタビュー】ドラマ「エロい彼氏が私を魅わす」結木滉星「どんどん人間くさくなっていくところが見どころ」野島伸司脚本ドラマで見せるギャップ

2021年9月16日 / 08:03

 松井愛莉が主演し、野島伸司が脚本を担当するドラマ「エロい彼氏が私を魅わす」が、動画配信サービス「FOD」で9月18日から配信される。本作は、結婚目前の主人公が、工事現場で偶然出会った男性に引かれて葛藤していく姿を描いた恋愛ドラマ。松井が演じる主人公・仁美の婚約者・圭吾を演じる結木滉星に役作りについてや、本作の見どころを聞いた。

圭吾役の結木滉星

-本作に出演が決まったときの心境は?

 野島さんが脚本を担当したドラマ「プライド」が好きで、いつか野島さんの作品に出たいと思っていたので、喜びが大きかったです。野島さんの作品は独特な世界観があり、フィクションの中にもリアルな描写もあって、そのフィクションとリアルさの融合した作風が個人的には魅力だと思います。今作でも、「お互いに無事に生還して幸せになろう」とか、普段なら言わないような表現のせりふも多くて、演じるのが面白かったです。

-今回演じる圭吾は、証券マンで収入もよく、高学歴。誰もがうらやむ彼氏という役どころです。演じる上で、どんなところを意識しましたか。

 1、2話では、完璧でプライドが高く、でも、誰もが結婚したいと思うような爽やかな男性ということを意識しましたが、後半になって仁美に気になる男性が現れたことを知ると、その圭吾という人間像が徐々に崩れていきます。どんどん人間くさくなっていくところが圭吾の見どころだと思うので、そこは意識しました。そのギャップは演じていても楽しかったところです。

-ドラマ「#コールドゲーム」でも二面性のある役を演じていたので、「実は…」という役柄が続いていますね。

 そうなんです、続いちゃってます(笑)。ただ、「#コールドゲーム」では意図的に二面性を作っているという役柄でしたが、今回は裏切られたことで変わっていくという感覚なので、演じるときの意識は大きく違いました。こういう役柄は演じがいがありますし、(本作の)後半になって泥くさく、人間らしさが出てくる圭吾が僕は好きです。

-圭吾に共感するところはありましたか。

 誰しもがプライドは持っているだろうし、そこにこだわる芯の強さというのは共感できるところもありますが、僕が圭吾の立場だったら同じような行動はしないと思います。仁美のことも、圭吾はよく受け入れたなと思います。もし、僕だったらその時点で無理だと思うので。きっと圭吾は、人間として仁美のことを愛していたのではなく、世間の目や体裁とかを気にして、自分を大事にした結果、受け入れたんだと思うので、僕とは全然違うと思いました。

-撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

 すごくいい雰囲気の現場でした。撮影は梅雨の時期に行っていたので、雨が降ることも多かったのですが、僕がぽろっと「雨男なんだ」と言ったら、雨が降ると僕のせいだとなって(笑)。そういうことも言い合えるぐらい和気あいあいとした現場でした。やるときはしっかりと集中して、でもコミュニケーションもしっかりと取れて、すごく楽しい現場でした。僕は、松井愛莉ちゃんと笠松将くんと一緒のシーンが多かったのですが、笠松くんは感情を大事に演技をして、同じお芝居をあえてしない人だったので、すごく刺激的で一緒に演じるのが楽しかったです。愛莉ちゃんともスッと芝居に入ることができたので、長く付き合ってきたという空気感を出せたかなと思います。

-印象に残っているシーンは?

 6話で、圭吾が仁美のお母さんとお姉さんに、思っていることをぶつけるシーンは、(視聴者の)圭吾への見方が一気に変わる場面だと思ったので、そこは気合を入れて演じました。長回しで、僕がひたすら話すというシーンだったので、いい緊張感の中で撮影できたと思います。

-圭吾という役を通して、学んだことはありましたか。

 逆に、僕はこのままでいいんじゃないかとも思いました(笑)。僕は、女性に対しての向き合い方が割とサバサバしていて、何でもはっきり言ってしまう方なんですが、圭吾に比べたらマシに思えてきて…このままでいいんじゃないかなって(笑)。でも、もちろん女性には優しくしないといけないとも思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

amazon

page top