【インタビュー】NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」上白石萌音「朝ドラに朝を変えてもらいました」

2021年5月1日 / 12:00

 2021年後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」は、昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座とともに歩んだ家族のストーリー。安子(上白石萌音)・るい(深津絵里)・ひなた(川栄李奈)の3人のヒロインがバトンリレーをしながら100年の物語をつむいでいく。1925年3月22日、日本でラジオ放送が始まった日に生まれた安子を演じる上白石が、初の朝ドラの現場で感じた思い、脚本やキャラクターの魅力などを語った。

橘安子役の上白石萌音

-クランクインから約3週間がたちましたが、手応えは感じていますか。

 毎日現場に行くのがうれしくて仕方のない日々を過ごしています。このチームは本当に明るくて、みんなが作品名の通り「おいで、おいで!」といった、太陽のような明るさを持ったチーム。撮影の初日から既にファミリー感があり、そんな中で、安子として、のびのびとお芝居をさせてもらっています。セットや美術、衣装も全部素晴らしくて、現場にいるだけで物語にスッと入っていける環境です。プレッシャーもありますが、安子らしく、自由に、生きることができたらなと思っています。

-安子はどんな女の子ですか。

 本当に愛情たっぷりに育てられた、すごく幸せな女の子。私は14歳から演じているのですが、とにかくピュアで、本当にかわいらしい人柄です。それをまた助長するのが岡山弁。岡山弁って、岡山の土地が持つ柔らかさや大きさが全部詰まったような言葉で、岡山弁を話しているだけで、安子に近づけるような気がします。それから、安子は和菓子が大好き。和菓子屋さんのお話なので、現場には常に和菓子があって、私も運が良ければ“おこぼれ”を頂けるので、それをご褒美にしながら頑張っています。

-ちなみに、上白石さんが好きな和菓子は?

 ケーキよりも和菓子が好きなのですが、私も安子と同じであんこが好きです。一番は決められないですが、クランクインして少したった頃に、和菓子指導の先生が「これが『たちばな』の味です」と言って、おはぎを持たせてくださった。それをいただいたら、本当においしかったので、今のところ、トップはおはぎです(笑)。

-ラジオ英語講座を学び始める安子ですが、上白石さん自身も英検2級を持っていますね。

 安子を演じながら、私も英語を学習したての頃を思い出しています。「よく分からないけど、このすてきな言葉をしゃべれるようになりたい」と思って、歌を覚えるみたいに、まねをしながらやっていたな…と、昔を思い出しながら演じているところです。そして、大正、昭和の頃から、ラジオ英語講座というのがあったことにも、私は驚きました。やはりどの時代にも、みんな学びたい、外とつながりたいという気持ちはずっとあるものなんだなと感じました。

-朝ドラ初出演です。朝ドラに抱いていたイメージを教えてください。

 もちろん憧れでした。多分お芝居をしている人は、一度は憧れる場所だと思います。でも、自分がヒロインをできるとは思っていなかったです。なので、いまだに我に返ると「すごいな」って思ったりもします。ご一緒してきたさまざまな俳優の先輩方に、「萌音ちゃんは絶対にいつか朝ドラ出るよ」とずっと言われ続けていたんです。しかも、「多分BK(大阪局)で、昭和だと思うよ」って。私も、おこがましいなと思いつつも、ひそかな夢として抱いてきたので、全てを言い当てられて、びっくりしています(笑)。

-朝ドラの現場を実際に体験して、自身の成長を実感していますか。

 いいえ、本当に日々必死で、大丈夫かなと思いながら、でも、監督のOKを信じながらワンシーン、ワンシーンを重ねているところです。今回、私は1年全てを演じるわけではありませんが、1人の女の子の10年、20年ぐらいの人生を生きられる経験というのは、なかなかないこと。(脚本の)藤本(有紀)先生がくださる言葉を信じながら、丁寧にやっていって、振り返ったときに「あっ、成長できたな」と思えたらと思います。必死に頑張ります。

-ヒロイン役に決定したとき、周りの人の反応はいかがでしたか。

 みんな本当に喜んでくれました。特に祖父母が(笑)。やはり、おじいちゃん、おばあちゃんが、朝ドラが大好きで、「いつか出てほしいな」と言われていたので、「また生きがいができた」と言ってもらえてすごくうれしかったです。周囲の反響はとても大きくて、発表された日は、誕生日ぐらいメールが来ました。誕生日より来たかもしれません(笑)。

-「BKでやるよ」と言っていた人から連絡はありましたか。

 はい。「ほらねっ!」って来ました。ちょっとブルっときました。怖って(笑)。「すごく楽しみにしている」と言ってくださいました。

-撮影は長丁場ですが、体調管理で心掛けていることがあれば教えてください。

 ストレスをためないことですかね。「眠い」とか「疲れた」とか言っていこうかなと思っています(笑)。あとは、京都においしいものがたくさんあるのに、こういうご時世なので、なかなか外食ができないもどかしさがあるのですが、いいお野菜を買って、いいお肉を買って、ちゃんと食べて、お風呂にしっかり漬かって、基本的な生活をちゃんとしようと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「PARTY」 “未来に向けた新たな挑戦”で鈴木瑛美子&加藤和樹&伊礼彼方の歌声が響く

舞台・ミュージカル2021年5月11日

 ホリプロが日本から世界に向けたオリジナルミュージカルの創作を目指して始動した「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」。数多くの応募の中から、脚本部門の作品が選出され、その脚本を使って新作ミュージカルのパイロット版「PARTY」が制作さ … 続きを読む

【インタビュー】映画『くれなずめ』若葉竜也「言語化できないものでつながることがあると感じた瞬間があった」

映画2021年5月11日

 高校時代の帰宅部仲間の6人が、友人の結婚式で久しぶりに再会する。だが彼らは、二次会までの3時間の間に、目を背けていた友の死と向き合うことになる。松居大悟監督の青春群像劇『くれなずめ』が、5月12日(水)から、テアトル新宿ほかで公開される。 … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top