【インタビュー】ミュージカル「GHOST」 咲妃みゆ「課題は『自立した女性の色気』」名作映画のミュージカル版の再演に挑む

2021年3月3日 / 08:00

 1990年に公開され、世界中で大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のミュージカル版「GHOST」が3月5日から上演される。日本では2018年に初演された本作は、同作で第63回アカデミー賞脚本賞を受賞したブルース・ジョエル・ルービンが手掛ける脚本・歌詞と、デイブ・スチュワートとグレン・バラードによる、切なくも激しい楽曲が一体となって誕生した感動作。モリー役を桜井玲香とのダブルキャストで演じる咲妃みゆに、ミュージカル版の見どころやモリー役への思いを聞いた。

咲妃みゆ

-初演に続いてモリー役での出演が決まった心境は?

 再びミュージカル「GHOST」に携われることが純粋にうれしかったです。私にとって、この作品も、モリーというお役も、すごく思い入れの強いものでしたので、再演ではありますが、新たな気持ちで挑戦させていただきたいと思いました。

-初演時は、どんなところを意識してモリーを演じたのですか。

 モリーは、芯の強い女性です。ですが、私のモリーは、どこか幼さが残ってしまっていたので、初演の頃は、特に(演出の)ダレン・ヤップさんから「ノット キュート」と、本当に口酸っぱくご指摘いただきました(笑)。なので、初演のときはもちろん、今回も自立した女性であるという点は意識して演じています。

-初演時に本作を演じる上で、一番苦労したのはどんなところですか。

 これは、舞台ならではのものだと思いますが、モリーには(浦井健治が演じる)サムが見えていないけれど、舞台上には存在しているという、ある意味、矛盾する状況が大変でした。サムは幽霊なので、モリーには見えません。でも、実際には、浦井さんはそこにいらっしゃって、(森公美子が演じる)オダ・メイとせりふのやりとりをしているのも聞こえている。モリーの私はサムと目が合ってもいけないし、せりふを聞いてしまってもいけない。でも、つい見ちゃうんですよ(笑)。今回も、久しぶりにお稽古をしたら、見えてはいけないサムさんが見えてしまったので、そこは気をつけて演じています。

-初演を終えて、手応えは感じていましたか。

 私にとって初めてダブルキャストというお役回りで公演に携わったので、そういった意味でもいろいろな初体験ができ、達成感はすごく大きかったです。千秋楽を迎えることが名残惜しかったですし、かなうことならいつかまたチャレンジさせてもらいたいという思いは、ずっとありました。

-今回は桜井さんとのダブルキャストですが、それについては、どのような思いがありましたか。

 自分自身が携わる舞台を客観的に見ることができるという点ではものすごく貴重な時間になったと思います。モリーという女性についてもそうですが、モリーの周りで起こる物事にも、冷静に目を向けることができたので、発見もたくさんありました。初演は、秋元才加さんとダブルキャストで演じさせていただいたのですが、才加さんが演じられている姿を見て、じゃあ、私はこういうアプローチをしてみようかなと考える時間にもなったので、視野を広げるという意味でもとてもいい体験でした。

 今回は、玲香とダブルキャストになりますが、初めての共演とは思えないぐらい、一緒にモリーを見つめていけている実感が持てています。再演から携わる玲香にはさまざまな思いが巡っていると思いますが、物おじせずに意思をしっかりと伝えてくれるので、モリーとリンクすると感じました。一緒に過ごす時間がすごく心地いいです。しっかりと地に根を張っていく玲香のお役との向き合い方が、私にはすごく刺激的で、勉強させてもらっています。

-では、モリーを演じる上で、咲妃さんらしさはどういった形で表現したいと思っていますか。

 今回の自分の課題は、「自立した女性の色気」です。この作品は、色気を大々的に必要とする作品ではないのですが、自分の道が明確に見えているモリーのような女性は、私にとってはとても魅力的に映ります。自分自身の目標を見すえて、そこに向かってしっかりと歩みを進める女性に引かれるので、そうした部分をお見せできるよう演じたいと思っていますし、揺るぎない恋人への愛情を大切に、丁寧に表現できたらと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top