【インタビュー】ドラマ「ハンサムセンキョ」武子直輝 初主演ドラマは「“かっこいい”選挙戦が行われていく物語」

2020年9月29日 / 08:00

 さまざまなルールの中でアイデアを繰り出し、舌戦を繰り広げ、理想の未来のために全力で市長選を駆け抜ける男たちを描いたTVドラマ「ハンサムセンキョ」が10月7日から放送される。監督を務めるのは、テレビドラマ初監督となる舞台演出家の米山和仁。主演を武子直輝が務め、深澤大河、横山真史ら、舞台を中心に活躍する俳優が顔をそろえる。今回、元小学校教師のフリーターで市長選に立候補することになる天童勇樹を演じる武子に、ドラマの見どころや撮影の裏話を聞いた。
 

天童勇樹役の武子直輝 (C)ハンサムセンキョ管理委員会

-テーマが「選挙」ということで、今までにないドラマになりそうですね。出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

 ドラマで選挙というのは難しそうな題材だと思いましたし、僕が主役で大丈夫かな、と(笑)。でも、この作品を通して、何か伝えられることがあればいいなと思いました。

-実際に台本を読んで、撮影を行って、「難しそう」というイメージは払拭されましたか。

 もちろん難しい言葉なども出てきますが、全体的にはコメディー色の強いシーンや笑える部分も多いので、構えずに見ていただけると思います。それに、僕が演じる天童勇樹は、明るくて正義感の強い青年なので共感しやすいと思います。

-武子さんは普段、舞台を中心に活躍されており、本作がドラマ初主演ということですが、映像作品で演技することの難しさはありましたか。

 やはり表情のお芝居は難しかったです。もちろん、舞台上でも体の動きに表情をつけて演じているのですが、映像では表情だけを抜かれる(映し出される)ことも多いので、より細かな表情をつける必要があると感じました。それから、ついつい体を大きく動かし過ぎてしまって、フレームから外れてしまうんですよ(笑)。画角を考えるというのは舞台ではなかったことなので、そこは意識するようにしました。

-本作は「スーツ姿で舌戦を繰り広げる」ということで、普段のステージ上での武子さんとはまた違った一面が見られるのではという期待もあります。

 天童というキャラクターは、僕の素に近いと思います。天童は、突然市長選に出ることになるという、普通ではない体験をすることになるので、その都度、驚いたり、ドギマギしたりするのですが、その反応は僕自身の自然な受け答えに近いものになっていると思います。

-演説のシーンもあると思いますが、そういったシーンでは難しい言葉もあったのですか。

 天童は小学校の教師だったという過去があるので、政策についても誰にでも分かりやすい言葉で説明しています。なので、選挙って難しそうと感じている方にこそ、天童の言葉を聞いて選挙について興味を持ってもらえたらうれしいです。

-武子さんご自身は、本作に出演したことで選挙に対するイメージが変わりましたか。

 この作品に関わる前から選挙の投票には行っていましたが、やはり選挙の大切さはより実感できました。投票は、自分たちの住む国や県、市に対してどうしてほしいのかという意思を伝える場でもありますし、政治がどうなっていくのかは自分たちにも責任があると思うんです。なので、選挙に行かないというのは、その責任を放棄していることになるのではないかなと僕は思いました。

-撮影中は、天童と同じ「きらめき新党」の党員である花野薫役の深澤大河さんと古剛栄進役の横山真史さんと一緒のシーンが多かったと思いますが、現場はいかがでしたか。

 大河くんも横山さんもこれまでにも共演していて、すごく仲のいい人たちなので、安心して撮影に臨めました。空いた時間にせりふ合わせに付き合ってくれたり、演技について監督も含めて話し合ったりといい雰囲気で撮影ができたと思います。2人とも手抜きを一切しないというスタンスでこの作品に向き合ってくれていたので、僕もその姿を見て心強かったです。

-深澤さん、横山さんの役者としての魅力は?

 大河くんは共演する前から、お芝居の感情表現が豊かで、喜怒哀楽の使い分けがものすごくきれいにできる役者だなと思っていました。なので、一緒にお仕事したいとずっと思っていたんです。実際に共演してみても、すてきなお芝居をする人で、今回、また共演できたことはとてもうれしかったです。

 横山さんは、年下の僕が言うのもなんですが、すごくかわいらしい方なんですよ(笑)。努力家で人一倍負けず嫌いで、でもすごく優しい人。天然なところもあって、おちゃめで…。どことなく、僕と似た空気感を感じます。今回、ご一緒させていただいて、迫力ある演技をされているのを見て、また新たな一面を知れて、やっぱりすてきな方だなと思いながら撮影させていただきました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

【映画コラム】ストリップ劇場を舞台にしたラブストーリー『彼女は夢で踊る』

映画2020年10月24日

 新型コロナウイルスの影響で、東京での上映が延期されていた、広島発の映画『彼女は夢で踊る』が10月23日から公開された。  広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「チョコレートドーナツ」宮本亞門「人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい」 谷原章介「ポールとしてルディの一番のファンでありたい」

舞台・ミュージカル2020年10月23日

 12月7日からPARCO 劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」が上演される。原作は、日本でもロングランヒットしたトラビス・ファイン監督の映画『チョコレートドーナツ』。1979 年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブの口 … 続きを読む

page top