【独占ニュース】演出・脚本・三谷幸喜×主演・香取慎吾「誰かが、見ている」 アクションを封印した山本千尋、三谷作品初出演の感想を語る

2020年9月9日 / 06:27

 Amazon は、Amazon Original ドラマシリーズ『誰かが、見ている』を、9 月18 日からAmazon PrimeVideoでプライム会員向けに独占配信する。本作は、演出・脚本の三谷幸喜と主演の香取慎吾のプロジェクトに、Amazon が企画から参加し、制作した日本オリジナルドラマシリーズの第1弾。

 ストーリーは、書斎の壁に空いている穴を偶然発見した粕谷次郎(佐藤二朗)。その穴をのぞくと、そこには隣人の舎人真一(香取)の姿が。何をやってもドジばかりで、予想もしない失敗を繰り返す真一の姿に、次郎はいつの間にかとりこになってしまう。そんなある日、次郎のひそかな楽しみが、娘のあかね(山本千尋)にばれてしまったことで、事態は思わぬ方向に転がっていく…。というもの。

 三谷演出による思い掛けない仕掛けの数々の中で、香取がユーモラスな演技を披露する。舞台でも、テレビドラマでもない、全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンターテインメントだ。

「誰かが、見ている」次郎(佐藤二朗)とあかね(山本千尋) (c)2020 Amazon Content Services LLC

 本作で、粕谷あかね役を演じた山本千尋が、三谷作品初出演の感想を語った。山本は、幼少期から中国武術を習い、JOC ジュニアオリンピックカップで3部門3年連続優勝。女優デビュー後は、特撮やドラマ、映画など幅広い活躍を見せる注目の若手女優だ。

 山本は、三谷幸喜作品への初出演について、「アメリカのシットコムスタイルのドラマは子どものころからよく見ていたので、本当に自分が出演することになるんだとワクワクする気持ちがありました」と語った。

 続けて「お客さまの前で演じることでテンションがグッと上がりますし、笑い声が直接聞こえるということが何より自分の力になって、本番がこんなにも楽しいものなんだと気付かされました」と明かした。

 とは言え、実力派の俳優がそろう中での撮影は、やはり緊張したという。「終わった後は楽しいのですが、本番前や本番中は、スリルと緊張感でいっぱいでした(笑)。毎話ごとに内容が変わるので、他の先輩方もグッと集中されているのが分かる。私もそれについていかないと、と必死に頑張りました。」と語った。

 さらに「毎日のように三谷さんや、先輩の皆さま方からアドバイスを頂きました。特に佐藤さんからは、声の出し方や、アレンジの仕方とか、本当に勉強をさせていただくことが多くて、間近でご一緒させていただけることがありがたかったです」と感謝を口にした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「真夜中のオカルト公務員」谷水力「改めて、舞台に立てることの幸せを感じています」

舞台・ミュージカル2020年9月21日

 谷水力が主演する舞台「真夜中のオカルト公務員」が10月29日に開幕する。本作は、KADOKAWA『コミックNewtype』に連載中の人気コミックを舞台化したもの。東京23区の全ての区役所に、人知れず存在するとされる「夜間地域交流課」を舞台 … 続きを読む

【インタビュー】「誰かが、見ている」佐藤二朗「三谷さんの脚本で、香取慎吾くんとがっつり絡めるのが、今回の一番の楽しみでした」

ドラマ2020年9月21日

 何をやっても失敗ばかりだけど、なぜか憎めない主人公・舎人真一(香取慎吾)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活をのぞき見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心とした、三谷幸喜監督・脚本の新感覚エンターテイメント「誰かが、見て … 続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれ … 続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

page top