【インタビュー】ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」笹本玲奈「増田貴久さんはフィンチそのもの」

2020年9月2日 / 06:07

 NEWSの増田貴久主演のミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」が9月4日に開幕する。本作は、1961年にブロードウェーで初演され、以降1417回のロングランヒットという記録を打ち立てた作品。ビルの窓ふき清掃員フィンチ(増田)が、ある日「努力しないで出世する方法」という本を読んで感化されたことから始まるサクセスストーリーを描く。そんなフィンチを一目で気に入り、何かと世話を焼くようになるのが、大企業の秘書として働くローズマリー。今回は、ローズマリー役に挑む笹本玲奈に公演への思いを聞いた。

ローズマリー役の笹本玲奈

-出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

 私にとってミュージカルといえば、1960年代や70年代のブロードウェーミュージカルでした。「ハウ・トゥー・サクシード」や「ガイズ&ドールズ」「ME And MY GIRL」はまさにそんな作品で、ダンスも多く、こういう作品をいつかやりたいと思っていた憧れの作品でした。「ガイズ&ドールズ」と」「ME And MY GIRL」には、すでに出演しましたが、今回、残りの一つである「ハウ・トゥー・サクシード」に出演が決まり、すごくうれしかったです。

-ローズマリーはひたすらフィンチを応援する女性です。ご自身との共通点はありますか。

 ローズマリーは、最初から最後まで物語のフィンチの中に“重要な人物”として置かれている役柄です。彼女がソロで「私がいい奥さんになって彼を支えるわ」と歌う場面もありますが、私自身は、あまりそういうタイプではなくて(笑)。どちらかというと、この先も働き続けたい女性なので、その点に関しては少し違います。でも、彼女がもともと持っている母性的な部分であったり、支えてあげたいと思う気持ちは、女性なら、誰しもが持っているものだと思うので、そこには共感しました。

-フィンチを助けるために奮闘する姿が印象的ですね。

 きっと彼女は、仕事ができる女性だと思うんです。何不自由なく大企業に勤めて生活してきた女性なのですが、恋に落ちてしまうと周りが見えなくなったり、空気が読めずに暴走してしまうところがある。でも、そういうところもすごくかわいらしいと感じます。

-フィンチ役の増田貴久さんの印象はいかがですか。

 フィンチそのものだと感じました。フィンチってすごく難しい役だと思うんです。計算高い人物に作り上げてしまうと、ただ単に、嫌な男性に映ってしまう。でも増田さんのフィンチは全く嫌味を感じさせない。ポイントをちゃんと捉えていらっしゃって、計算しているところと、計算していないところのバランスが絶妙なんです。恐らく、増田さんのもともと持っている人柄の良さがフィンチにも反映されているのだと思います。フィンチが出世すればするほど、こちらも「よくやった!」と応援したくなるんです。

-増田さんを座長とした稽古場の雰囲気はどうですか。

 増田さんは、普段から共演者にもいろいろ話し掛けてくださり、ムードメーカーのような存在なので、現場の雰囲気もすごくいいです。お芝居の話ももちろんしますが、家電に詳しくて、豆知識が豊富なんです(笑)。みんなで「へーっ!」と盛り上がることもあります。

-笹本さんは、秘書仲間と歌って踊る明るいポップなナンバーが多いですが、歌ってみていかがですか。

 思わず鼻歌で歌いたくなるぐらい、曲が全部キャッチーなので、歌っていて気持ちがいいです。特にパーティーに出掛けるためにドレスを新調するシーンは、ローズマリーにとって一番のビッグナンバー、見せどころです。歌いながら着替える、やりがいのあるシーンです。

-では、作品にちなんで、もし「努力せずに出世する方法」という本が本当に存在したら、笹本さんは手に取って活用してみたいと思いますか。

 うーん、私は活用したくないですね(笑)。フィンチも努力していないように見えて、実際は結構努力していると思うんです。本当に努力しないで出世しようとしているのはバドで、彼は社長のおいでコネ入社した男性です。でも、彼のような人は、仮に出世できても、それまでにやるべきことをしてこなかったので、結局は自分が困ることになると思うんです。先に何か成功してしまっても、後からツケが回ってくるのであれば、私は最初から努力しておきたいと思うタイプです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top