【インタビュー】舞台「リムジン」向井理&倉持裕が初タッグで送る、笑いにあふれたサスペンス「悩みながら演じることに意味がある」

2020年3月19日 / 12:00
 
 向井理が主演する舞台、M&Oplaysプロデュース「リムジン」が5月23日から上演される。本作は、2011年から続く「鎌塚氏シリーズ」や「ライクドロシー」「虹とマーブル」「磁場」など多彩な作品を生み出してきた倉持裕が作・演出を務めるサスペンス。主人公の男が自己保身のためについた一つのうそが、次のうそを呼び、逃げ場のないところまで追い詰められていくさまをブラックな笑いを交えて描く。初めてタッグを組む向井と倉持に、本作に懸ける思いを聞いた。
 

向井理(左)と作・演出の倉持裕 ヘアメイク:晋一朗(IKEDAYA TOKYO)/スタイリスト:外山由香里

-本作は、向井さんからのアプローチで出演が決まったと聞いています。向井さんは、倉持作品のどんなところに引かれて一緒にやりたいと思ったのですか。

向井 僕が姉のように慕っている片桐はいりさんが「倉持くん、いいよ」とおっしゃっていたので、倉持さんの作品を見に行かせていただいたんです。その作品が素晴らしく、すごく丁寧に作られている印象があったので、それで、ぜひ一緒にやらせていただきたいと思いました。はいりさんの意見だから、というわけではないのですが、演劇人として長く活躍されている、はいりさんがおっしゃっていたということもきっかけの一つになりました。
 
倉持 僕は「向井くんが興味を示しているよ」といううわさを聞いたんですよ(笑)。それで、真偽を確かめようと思って、(向井と)食事をして、そこで、どんなお芝居をしようか、というお話をいろいろとさせていただいて、今回につながりました。
 

-ラブコールを受けて、向井さんに当てて書かれたのが本作ですか。

倉持 僕の中でやりたいと考えていた話が幾つかあったので、下敷きはもともとあったのですが、向井くんに合うだろうと思ったのが本作でした。今回の話は、小さなうそを隠すためにまたうそをついて、雪だるま式に罪が膨らんでいくというストーリーなのですが、それを夫婦という設定でやりたいと思ったんです。
 

-向井さんには夫役が似合いそうだと感じたということですか。

倉持 そうですね。向井くんはご覧の通り、スマートな容姿で、洗練された空気がある人。タイトルを「リムジン」としたのも、優雅にスーッと走っていそうな人生を送っている主人公の男のイメージに掛けて付けたのですが、向井くんには外見的にそんな印象がある。そんな男が内心ではハラハラしている姿が面白いと思ったし、夫婦共々のっぴきならない状況になるというのはドラマッチックになるんじゃないかと思ったので、夫婦という設定が出てきました。
 

-向井さんからは倉持さんに何かリクエストはしましたか。

向井 僕がリクエストするなんておこがましいので、ただ一緒にやらせていただきたい、と。それから、歌わないってことですね(笑)。
 
倉持 開口一番、それは言われました。「僕は歌いません」って(笑)。でも、今回は歌わないので、大丈夫だと思います。
 

-倉持さんから見た向井さんの役者さんとしての印象は?

倉持 派手な役も地味な役もできるという印象があります。すごく格好いいのに、なぜか平凡な男が成立するんです。「まさかこんな人は現実にはいないよ」と感じてしまう俳優さんもいますが、向井くんはそれを感じさせない。そうかと思うと、劇団☆新感線(「髑髏城の七人」Season風での蘭兵衞)で演じたような妖艶な役もできるので、すごい。
 

-向井さんは、ご自身ではどんなカラーがあると思っていますか。

向井 台本を頂いて、その通りにやることしかできないので、自分ではあまり分かりませんし、これが得意だと自信満々にやっているわけではないです(笑)。でも、舞台は難しい、とは思っています。昨年、出演した舞台(「美しく青く」)はせりふが極端に少なかったので、表情だけで伝えなければいけなかったのですが、映像であれば、分かりやすく抜いてもらえる表情を、舞台ではどう表現したらいいのかとすごく悩みました。ほかの作品でもそうですが、舞台では、特に余裕があるわけではなく、毎回、どうしようと悩みながら稽古をして、答えが出ないまま本番が始まることも多いので、不安の中でやっています(苦笑)。
 

-最近では、いわゆる「駄目な男」を演じて高い評価を得ていますが、それについてはいかがですか。

向井 悩みながら演じることに意味があるんじゃないかなとは思っています。得意なことで結果を出して、得意なことばかりをやり続けると、見ている方たちは面白くないんだと思います。安心して演じられる役というのは、稽古量も見えてしまい、入り込むことができない。でも、どうにか取り繕おうとして、違和感を感じながらも正解を見つけようともがきながら演じている姿は、見ている方にとっても、いい意味での違和感があるんじゃないかな、と。安心できないまま演じるのは、役者にとってつらいことですが、役者がつらくないと、見ている方も面白くないので、舞台は毎回、挑戦のつもりでやっています。
 

-映像の仕事もたくさんある中で、舞台にコンスタントに出られている動機はそこですか。

向井 そうです。映像と演劇で表現をそれほど変えているつもりはありませんが、映像の場合は、どこか分かりやすさを求められるところがあると思いますし、無意識に演じてしまっていることもあるので、それらを演劇に出ることでリセットするという感覚です。演劇は芝居の原点だと思うので、そういう意味でもやり続けたいと思っています。もちろん、演劇が好きだからという理由もあるのですが、僕にとっては修行に近いです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『#ハンド全力』醍醐虎汰朗「僕らが普段忘れがちなことをポップな形で気付かせてくれる映画」

映画2020年7月9日

 どうにもならない現実やSNSに翻弄(ほんろう)されながらも、熊本地震復興の盛り上げ役となった高校生たちの青春を描いた映画『#ハンド全力』が、7月31日からシネ・リーブル池袋ほかで全国公開される。SNSに投稿したかつての写真がバズったことか … 続きを読む

【インタビュー】PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」上白石萌歌「ゲルニカの人たちに起こったことは決して他人事じゃない」

舞台・ミュージカル2020年7月8日

 演出家の栗山民也と気鋭の劇作家・長田育恵が初タッグを組む、PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」が9月4日から上演される。本作は、栗山がスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来、温 … 続きを読む

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

page top