【インタビュー】ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」中川晃教「この作品で、日本ミュージカル界に爪痕を残したい」

2020年3月17日 / 12:00

 15世紀のルネッサンス期イタリアを舞台に、全ヨーロッパ統一の野望を抱いたチェーザレ・ボルジアの戦いを描き、大ヒットを記録している歴史漫画『チェーザレ 破壊の創造者』(惣領冬実、監修:原基晶、講談社刊)を原作としたミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」が4月13日から上演される。この新たなオリジナルミュージカル作品で主役のチェーザレを演じる、ミュージカル界のトップスター中川晃教に、役柄やオリジナルミュージカルへの思いなどを聞いた。

チェーザレ役の中川晃教(スタイリスト:KAZU/ヘアメイク:松本ミキ)

-本作への出演が決まって、どのような心境ですか。

 一つの節目であり、2020年という年にどんな形でお客さまに喜んでいただけるか、自分の役割を全うできるのか。まずそこを考えて、台本や膨大な歴史の時間の中に自分の身を投じています。頭の中にいろんな言葉が出てきて、まとまらないような状態ですが、そんな時間が楽しくて、この作品に携わることができて本当にうれしく思っています。

-チェーザレという役柄について教えてください。

 チェーザレという人物はスペイン出身ですが、ローマでボルジア家の一人として教皇のいすを狙うために、いろいろな手段を画策しながら政治と宗教の世界に入っていって、いろいろな形で有名になる人間です。一般的にチェーザレは聡明で、武芸に秀でていて、若くして司教になり、そして目的のためならば手段を選ばないという考え方を持ち、後にマキャベリが君主論を書く上でのモデルになっていく人物として知られています。この冷徹さがチェーザレという人間を表していると思います。

-実在の人物ですが、日本人にはあまり知名度が高くない人物ですね?

 どういう人物なのかということをネットで調べても、そんなに情報が出てくる人じゃないです。なので、僕自身も、最初は「チェーザレって何者なの?」という疑問がありました。でも、惣領さんのインタビューを拝見したときに、惣領さんはチェーザレを描くに当たって、そのミステリアスなところを、謎のままではなくて、ご自分なりのチェーザレ像というものにしっかりとした歴史的背景や、裏付けも兼ね備えて、描き始めたんだなということを感じることができました。

-本作のストーリーはどのあたりが描かれるのでしょうか。

 本作では原作の1巻から10巻ぐらいまでをまとめていて、チェーザレたちの大学生活を中心に、メディチ家のジョヴァンニが枢機卿になっていくところまでが描かれています。今回は、学生間でのやり取りを通して純粋なチェーザレというものが見えてくると思います。そして、16歳でありながら、大人たちとの関わりの中で、父親のロドリーゴが教皇の座を自分のものにしようとするために、どんな動きをしていたのか。そこにはフランス、スペイン、イタリア、いろんな国の枢機卿たちとの関わりというものも描かれています。

-制作発表会見でも楽曲を披露されましたが、ミュージカルとしてどんなチェーザレを演じようと考えていますか。

 制作発表会見のときに歌わせていただいた楽曲の中に「欺瞞(ぎまん)と堕落にまみれたバビロン」という歌詞があります。それは「神と神の世界である教会というものを本当は信じたいけど、実情として政に明け暮れている教会ははたして教会なのか」と疑問を抱く1人の青年が、確実に頭角を現していくことを描いていると感じました。本作では、この歌詞に描かれているようなチェーザレ像を持って演じていくことになると思っています。

-明治座で初のオーケストラピットを稼働させるなど、話題がありますが、どのようなオリジナルミュージカルになるか、と期待しているところはありますか。

 僕は長い間、ミュージカルをやらせていただいていますが、つねづねオリジナルミュージカルを作っていかないと駄目だということを感じてきました。そんなときに、本作の企画を聞きました。もしかすると、この作品は僕にとってのターニングポイントになるのかもしれないと思っています。お客さんにも、オリジナルのミュージカルが生まれる瞬間を、実感を伴って感じていただければうれしいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top