「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」中山美穂 “等身大”から解放され「演じることがとても楽しい」

2020年1月10日 / 17:50

 近年、女優業が盛んな中山美穂。演じるキャラクターも、映画『ママレード・ボーイ』では母親、ドラマ「世にも奇妙な物語」ではラッパー、「貴族探偵」ではメイド、「時効警察はじめました」では殺人犯など多岐にわたり、R18+指定の松尾スズキ主演映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』にも出演するなど、イメージにとらわれずに芝居を存分に満喫している。歌手活動と並行した女優業はアイドル時代と変わらないが、その心は大きく変わっていた…。

中山美穂 ◆ヘアメイク:石田絵里子◆スタイリスト:高木かなえ◆衣装クレジット:イヤリング、リング、共に和光(ブチェラッティ)

 1980~90年代、“ミポリン”の愛称でトップアイドルとして芸能界に君臨した中山。当時から歌手と女優とを両立させていたが、2000年代に入り、生活拠点を海外に移すと、芸能活動は緩やかになった。しかし近年は精力的に女優業、歌手活動を行っている。

 そして、昨年も一昨年もドラマ3本、映画2本に出演。力を入れ始めたきっかけを尋ねると、「仕事を緩やかに行わせていただいている時期があり、周囲が『やらないよね』と思っている感じだったので、『やりますよ』という姿勢を積極的に見せていこうと思いました」と笑顔で答えた。

 穏やかな雰囲気の中山のイメージに反する積極性だが、それは年齢やキャリアを重ね、演じることや、芸能活動に対する向き合い方が変わったせいでもある。

 「若い頃は“等身大”を求められたり、自分が本当にやりたいことができず、いちいち悩んだりしていました」と苦労を吐露すると、「今は“等身大”から解放されたことで役の幅が広がったので、作品の種類に関係なく、これまで体験したことがない役を頂けるとうれしいし、演じることがとても楽しいです」と声を弾ませた。

 役へのアプローチも変化した。昔は「役に成り切ることで演じようと思っていたので、家でも役と同じしゃべり方をしたり、役衣装を持ち帰って着たり、ずっと役を引きずっていました。だから、撮影が終わってもしゃべり方が抜けないときは本当に嫌でした」と渋い表情を浮かべた。

 逆に今は「現場で役と自分の切り替えがパンッとできるようになりました」と喜ぶと、「普段の自分が味となって役ににじみ出てくるような女優になりたい」と、素の自分を役に投影したいと思えるようになったことも明かした。

 また、今年50歳になる中山だが、「きれいに映りたい」「若く見られたい」という見栄がないのだとか。それ故に弾けた演技にも果敢にトライできるそうで、「昔は何でも考え過ぎていたけど、今は自由になった気がします。怖いとか、面倒と感じることがないので、いい具合に力を抜いて、何でも受け入れられます」と自身の変化に顔をほころばせた。

 その中山が主演する「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」は、同じマンションに住む3人の女性とその家族が抱える事情と欲望が入り乱れる大人のドラマだ。

 櫂斗(生瀬勝久)と再婚し、息子の柊司(髙橋優斗)と一緒に暮らすレディコミ漫画家の百々子(中山)は、家事を夫・一太(上地雄輔)に任せるキャリアウーマンの瑞希(木村多江)とバーでストレスを解消する日々を送っていた。そんなある日、百々子の元夫の葉介(長野博)と新妻の流美(大島優子)が引っ越してきたことで、それぞれの家族の“秘密”があぶり出されていく…。

 女性向け官能漫画「レディースコミック」の作家という役柄に驚いたが、中山は「何でも受け入れるタイプなので、役に対する衝撃はありませんでした」と全く気にしていない様子。

 漫画についても「読み方が分からないぐらい、ほとんど読んだことがなく、絵心も全くない」と告白すると、「今さら努力してなんとかできるものではないので、それらしく見えるように撮ってもらいました」と肩をすくめながら、スタッフに感謝した。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 アユ役の安斉かれん「三浦翔平さんは私にとって“リアルマサ”さんです」

ドラマ2020年6月27日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系・毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみとエイベックス会長・松浦勝人の出会いと別れを描いた同名小 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「Life 線上の僕ら」白洲迅「自分の人生観と照らし合わせて見てほしい」

ドラマ2020年6月22日

 白洲迅が主演するドラマ「Life 線上の僕ら」が、6月19日からRakuten TVとビデオマーケットで先行配信されている。本作は、ちるちるBLアワード2018「BESTコミック部門」で1位を獲得するなど大人気の漫画を原作とした、2人の男 … 続きを読む

page top