【インタビュー】「泣くロミオと怒るジュリエット」柄本時生、まさかのジュリエット役に「せりふを一生懸命言うということに尽きる」

2020年1月10日 / 12:00

 演出家・鄭義信が、シェークスピアの名作『ロミオとジュリエット』を大胆に翻案し、戦後の混乱期を生きる人々の純愛群像劇に仕上げた「泣くロミオと怒(いか)るジュリエット」が2月8日から上演される。舞台は戦後の港町、全編関西弁、キャストは全員男性と、誰もが思い描く通常のラブストーリーとは一線を画した物語として展開する本作で、ジュリエットを演じる柄本時生に自身の役柄について、そして作品に懸ける意気込みを聞いた。

ジュリエット役の柄本時生

-ジュリエット役と聞いたときは驚いたのではないですか。

 2度聞きしました。「え?」って(笑)。僕は頂いたお仕事は基本的には断らないようにしていますが、「1回考える」って初めて言ったように思います。どうなるのか全く分からないので、どうすればいいのかな、と。でも、考えるのが嫌いじゃないので、やってみてもいいかなと思い、受けさせていただきました。

-脚本を読んだ感想は?

 (演出の)義信さんがジュリエットという役を僕に寄せて描いてくれているな、という印象を持ちました。「器量がよくない」って書いてあったりして(笑)。もちろん、本筋からは外れてはいませんが、それでも、僕のこともしっかりと考えてくれた脚本だと思います。

-ジュリエット役を演じるに当たって、どのようなアプローチを考えていますか。

 義信さんが、僕が演じることを考えて書いてくださったので、あまり考えずに演じればいいのかなと思っています。多分、ジュリエットに見えるためにはどうすればいいんだろうという悩みは、義信さんが脚本の中で解消してくれている気がします。なので、僕は結局、せりふを一生懸命言うということに尽きるんじゃないかと、今は思っています。

-ジュリエットであっても「女性役」という意識ではなく、あくまでも「ロミオの相手役」ということですか。

 そうかもしれません。感覚的なものではありますが。

-「女性役」という意識ではないとのことですが、ちなみに、柄本さんが考える女性らしさとは?

 僕は、やくざ映画が好きでよく見るのですが、そういった作品に出ている女性に、女性らしさを感じることが多いです。やくざ映画では、女性は男性のことをひたすら待っているんですよ。男は「行ってくるぜ」って言って出ていって、結局、死んでしまったりするんですが、それでも女性は待っている。そういう姿に女性を感じます。

-そうすると、やくざ映画の世界のような恋愛が理想なのでしょうか。

 いや、それはまた別です(笑)。考え方が違ってもいいので、時間軸が合う女性が好きです。特に連絡をしなくても、この時間になれば帰ってくるだろうなと思っていると、本当にその時間に帰ってくる、というような。そういった時間に対する感覚が似ている女性が理想です。

-相手役となる、ロミオ役のジャニーズWESTの桐山照史さんの印象は?

 今回、初共演で、まだ3回ほどしかお会いできていないのですが、とてもいい方です。一緒に作品を作れることを楽しみにしています。

-恋愛の相手役が男性だと、役作りも変わってきますか。

 いや、変わらないです。たとえ、相手が女性だったとしても、本気で恋愛をするわけではないので。

-今回、せりふは全て関西弁だそうですね。

 僕は、東京生まれ、東京育ちなので、どうすればいいのか今から悩んでいます(苦笑)。映画では関西弁の役を演じたことがあったのですが、とにかく大変で…。16テイクぐらいやり直すこともありました(笑)。今回は、共演者に関西の方も多いので、助けていただこうと思っています。実は、ジュリエット役ということよりも、関西弁の方が不安なんです(笑)。

-では、柄本さんは、普段、役作りはどのようにされるんですか。

 皆さん、小説を読むときに、登場人物の口調や声を自然と想像しながら読むと思うのですが、僕はまさにそれを脚本でやっています。脚本を読むときに、頭の中でそれぞれのキャラクターが会話を繰り広げているイメージを作って、それをそのまま演じてみるんです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

page top